2010年10月29日

思いって勝手なものですね

人は何処まで言っても自分の都合が最優先になってしまうようです。
例えば、やっとの思いで仕事が見つかったと思えば、健康問題が見つかったり、仕事が無い時はヒマをもてあまして、よからぬ遊びで借金問題を作ったり、独身の時は死ぬほど結婚したがったり、いざ結婚したらまた悩みの種が増えて苦しんだり、・・・
我々には善しと思ってやった事が実際には遠回りのことだったりして。
こんな苦しみや悲しみや喜びにも必ず終わりがやってくるという事です。だから逆に言えば、絶対に耐える事が出来るし、最終的には「大丈夫」なのです。
何故こんな事を言うかといえば、今アナタが抱えている問題ははっきりいって大したことではないのです。気持ちの持ち方一つで変わるからです。明日の生活していくお金が無いわけではないでしょう。明日の食事を取るお金が無いわけではないでしょう。だからここは気持ちを、考え方を思い切って変えてみるのもいいことじゃないでしょうか。
よく「ピンチはチャンス」と言う言葉もあります。今一度自分に降りかかっている嫌な事、じっくり考えてみてはどうでしょう。
必ずその原因があるはずです。その原因が見つかりさえすれば対処のしかたもあるはずです。
人は困難にぶつかった時、それを乗り越えるだけの知恵を持っているんです。その知恵を使うか、使わないかはあなた次第です。
いやはや今回は私自身も周りのいろんな問題に遭遇して思った事ですが、自分が思っているほど人から見れば大したことではないって事、多いとは思いませんか。よく言うではありませんか。

《山よりデッカイ 獅子は出ん》

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ