2011年01月04日

もつべき者は 友達か (悪友も含めて)

昨日は後輩と今年初めて会った。
3日から仕事をしているといっていた。彼も今年が正念場、ここで大きくジャンプするには今までの助走期間がものを言うと思う。
一応先輩風を吹かさせてもらっているが、逆にこちらが参考になることが多いように思った。
昨年末から正月三が日にもまぁいろんな事が嵐のようにやってきてその間、いろんな事を学ぶ事ができた。
大事な事は「人と人のつながり」であると。
コレは仕事にも家庭にも人間関係にも言えることだが、自分で考えるには限度があるという事、迷わず分からなかったら聞くこと。それも格好なんか関係に。教えを請うのに年齢なんか関係ない。
年賀状のチェックをしていて思ったことがある。たった一事書き加えるだけでその人の人柄が出るのは言うに及ばず、印刷だけの賀状より何だか温かみを感じてしまった。
そう思えば、今年のは何人に書き込んだかは忘れたが、その賀状を書く時、一瞬でもその人のことを思い出せるというか、思い出してしまう。
感謝の気持ちは出そうと思っても出せるものではない。心からそんな気持ちが無ければ書くにかけない。
困ったときに助けてくれるのも日頃の付き合い。
今年はそんな気持ちで皆に接しようと思う。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ