2011年02月25日

向き不向きってありますねぇ

昨日は代診の先生が来られる日だった。
この先生、年齢は私より上だが、他の大学を卒業されてから歯科大学に入ってこられて学年は10ほど下になる。
この先生は女性だが性格は男勝り(失礼)それに仕事が丁寧。
当医院の患者さんでもデンチャーはお任せしているし、家族の治療もこの先生にお任せしている。
当然私の治療もこの先生に任せている。そのくらい安心できる。
この先生の魅力は誰とでもすぐに仲良くなれること。それに患者さんに適切なアドバイスをしてくれる事。
ただデンチャーにはうるさい方だ。納得いくまで印象はとるし、バイトも独特な方法でとられる。まねはできない。
その先生も苦手があるみたいだ。かつて滅多に患者さんのことでは言ってこられないのに一度だけこういってこられた。
「院長 スミマセンがあの患者さんだけはどうにも会わないので御願いします」
「いいですよ」
「すみません」
「でも どうしてですか?」
「何だか分かりませんが 合わないんです」
「そうですか 分かりました」
こんな会話でした。未だに謎ですが人には向き、不向きがあるんですね。
私などそんなこといっていたら、好き嫌いが激しいからこんな患者なら診ない、いい言うより、きっとこんな先生なら診てほしくないって言われそうで何だか怖いような・・・

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ