2011年03月04日

さぁ 第4コーナーを回った 後はイッキだ

昨日も友人達とのミーティングを開催。よくもこう毎日、入れ替わり立ち代りはなすことがあるんだと我ながら関心してしまう。
来週、我々の仲間の一人が商談がどうなるかって話で持ち切りだった。
確かにそいつにしてみたら家業のほかに倉庫業もしているので、決まるか決まらないかでは大きな違いが生じてくる。家賃収入での話だ。入れば毎月ウン百万の収入だし、入らなければ毎月ウン百万の赤字だと。そりゃそうでしょうよ、銀行の借り入れなんか入る入らないに係らず支払は毎月出て行くんだから、我々の想像を超えたものがある。(金持ちは入るのも大きいが、出るのも大きい)
今はこんな時代だ、1年、2年入らないのは当たり前の時代。その間は当然自分所の持ち出しになる。年間何千万円もの持ち出しはキツイ、それにもし入ってこなければ担保は押さえられるし、下手をすりゃ取られてしまうという事にもなりかねないから、本人、胃が痛くなるのも分かる気がする。(まぁズブとい奴だからそれはないかも)でもやっぱり決まりかけてみてそいつの顔がどこかしらいつもと違うにこやかさあるようにも思う。
決めは来週だとか、正式契約を済ませるまでは安心できない。
資産のある奴ならではの悩みか。我々庶民には雲の上の話だが連れとしては上手くいってほしい。いったらいったでまたパァっと宴会でもしようぜ。他人の懐具合をいち早くかぎつける我が悪友達は、手ぐすね引いて待っています。いつか誰かがこう言っていた。

《一人の幸せは みんなの幸せ 一人の不幸は オマエの不幸》

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ