2011年03月05日

本当の意味の天然もんだと思う。

一週間と言うのは早くなったり、遅くなったりするものだ。
今週は特に早く感じた。朝も早くから悪友が電話をかけてきた。
こいつは時間にキッチリした奴だから下手な事は言えない。
電話すると言ったら、何時にキッチリと電話しないと電話がないといってかかってくる。キッチリしているのはいいことだが《遊び、余裕》が無い。コレではしんどい。朝早くから電話をかけたら相手に悪いと思っている。自分の物差しでしか計れない。簡単に言ったら融通が利かないのか。悪い面ばかりではない。コイツにモノを頼んだらキッチリしてくれるから安心この上ない。まず、ヘマはしない。そのどちらも持ち合わせてくれればいいものを、へたすりゃどちらも悪いほうにもっていくから始末が悪い。
人間育ちか?はたまた実生活から来るものなのか?
人は良い、でもそれだけ。社会には悪い奴なんてたくさんいる。
そんな奴らとはとてもとてもやっていけない。でも相手もこんな奴だからつかみどころがないので面食らってしまうんだろう。
人を疑えばとことん疑う、逆に信じればとことん信じる。
その中間が無い。困ったものだ。
世の中はきれいごとばかりではないことはこの年齢になったら分かるはずだが、いつまでもお坊ちゃまだ。
いっそ死ぬまでこのまま行ってくれたら良いんだが、そうも行かない。
コイツを理解しようとすれば、同じ環境で育った奴か、全くの真逆で育った奴かそんな奴でなければやっていけないんだと思う。
俗に言うこんな奴を何と言うか。それは《天然》

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ