2011年03月24日

困ったときこそ お互い様

毎日TVでは震災、原発、放射能、暗いニュースばかりだ。
イベント自粛、コマーシャルの自粛、コレでは何もかもが負の連鎖だ。こんな時にPCの掲示板だのを見ているとその人の本質が見え隠れする。
誰々がいくら献金したとか、この人はこんな風に震災に立ち向かったとか。
我々の経験から直接震災で亡くなった方々のことは勿論、残された方々のこれからをしっかりと国がフォローしていくことこそ大事な事だと思う。阪神淡路大震災の時でさえ震災後の孤独死の問題が大きくとりあげられて、社会問題となったことは記憶に新しい。
地域の連帯感、ご近所付き合いの大切さ、その他一人で生活していてもその地域のお付き合いが大切だという事は昔から言われているように大切な事だ。自分さえ良ければようと言う考え方には、我々の年代には理解できない。モノ不足もみんなで分け合えば決して起こらない、誰かが買い占めると我も我もと同じ行動をとる、だからモノがすぐになくなってしまう。
ありがたいことにまだ一部の商品を除けばモノはある。しかし、TVや、何かで○○が無いといった報道がされればすぐにそのモノが無くなっていく、情けない事だ。どこへ行ったんだ日本人の良識は。
困ったときはお互い様の精神こそ、今もとめられているようにおもう。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ