2011年05月11日

継続は力なり 挨拶くらいって軽く見たらダメですよ

今日は朝からいろんな事があった。
いつものように診療所のビルに入ろうとした時に、管理人さんと掃除のオバチャンと通用口で一緒になった。
挨拶は当然しているんですが、入室カードで部屋の鍵を取る時にこんな会話があった。
「先生 おはようございます」
「おはようございます」
「いつも早いですね」
「歳を取るとはやく目がさめるんですよ」
「いつもドアや玄関を綺麗に掃除されてるでしょう」
「ヒマですから」
「いえいえ ご謙遜を」
滅多に会話には入ってこないオバチャンなのに今日は饒舌。
また車を駐車場に入れに行ったら、今度はそこの若い子とこんな会話が
「おはようございます」
「おはようさん」
「先生 いつも早いですね」
「そうか こんなものやで」
「でも今日で連続15日間 一番乗りですよ」
「そうなんや」
「ココに記録があるんですが 先生のがいつも一番上に書いてあるから」
「へ~そうなんや」
「帰る時間も記録してあって」
「そら 悪いこと出来ないなぁ」
他愛も無い会話ですが、最後に向かいのコンビニへ行った時。
「おはようございます いつもありがとうございます」
「おはようさん」
「いつも早いですね」
「そうか」
「時間もほぼ決まった時間に来られるから」
「そら 向かいの駐車場が開くのにちょうどいいからかなぁ?」
「今日は 明けですか?」
「明けって?」
「夜勤でしょう」
「夜勤?」
「こんなに早くからいつも来られるから」
「いやいや 毎日の事やで」
「そうですか 何か夜のお仕事かと・・・」
「あっそうなんや」
「失礼しました」
「いいよ いいよ」
大体こんな感じの会話でした。
今日は朝からいろんな人と会話をしたって話しでした。
でも思いました、会話って大事、それも挨拶って大事なんだと。
こちらから常にしてると、向こうもいつかはしてくれるって事。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ