2011年05月12日

思った所じゃなくても いいじゃないか

最近、私のブログを読んだと言ってくださる方が何人かいた。
おもしろく読ませていただいてますといわれる方や、アレは事実ですかと、質問される方や誰々の事やろと探偵よろしく推理される方もいる。まぁ少々誇張している所もあるにはあるが、大体のことは間違ってはいない。(そう言うとウソつけ)と言う言葉が帰ってきそうだがそんなことには怯まず、これからも日常に遭った事を書いていこうと思った。
昔同級生の学校の先生が、私のブログからいくつか教材に使っても言いかと言われ、軽くOKしたらその中のいくつかにディベートされた内容があったと聞く。こんな拙い内容の中に何がディベートに値するものがあるのかが私には分からないが、結構学生には受けているとか。
そんなことを聞くと中途半端な内容や下ネタはいけません。
それに悪友達との日頃の他愛も無い会話も、ココではいたって割愛して書いているので、本当の事を書いたら皆さんが卒倒しそうな内容も含まれています。
最近、よく人のブログや何かに書かれていた内容のことが気になりだしました。よくもこんなに上手に書いてあるなって言う内容や、そくここまで調べたなぁって言う事、大いに参考にさせていただいております。
そこで思ったことは、内容はともかく、大阪人は必ずオチを考えてから文章を書くという事が分かってきました。いつも読んでいるブログの中には、実体験や仮想体験もあるのかもしれませんが、だいたい分かるオチや、思いもつかないオチがあって意外と楽しいものです。
今日は言っておきますが、何にもオチらしきものはありませんが、こんな日もあっていいんじゃなかろうかって思います。
そんな中、こんな言葉を紹介してくれた人がいました。
最近の中では一番のお気に入りです。 それはこんな言葉です。

《咲いた所で 輝け》です。今、この言葉を贈りたい友人に進呈しましょう。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ