2011年06月09日

チョット早い父の日のプレゼントが・・・

昨日、今年から東京へ就職した娘を持った奴からこんなことを言ってきた。
「昨日な 娘からチョット早い父の日のプレゼントがあったんや」
「よかったやないか」
「おう アイツもこんなことするようになったんかってなぁ」
「オマエの子にしては よう出来た子や」
「なんや 自分の写ってるDVDといっしょにな」
「なんや そのDVDって?」
「テレビの制作会社に勤めておるんやけどな」
「へ~え」
「自分が出てる番組を録画したんやろ」
「それで どんなんに出てるんや」
「それがなぁ」
「どうしたんや」
「ちょこっとだけやねん」
「ええやないか ちょこっとだけでも」
「ほんの ちょこっとやで」
「出てるだけマシや」
「それも 化粧をしてやで」
「こら 本格的なもんやで」
「でもなぁ」
「なんや」
「化粧って言ってもやで」
「そやから なんや」
「一瞬やから 見落とすとこやったわ」
「それでなんやねん」
「そのな 一瞬のな 映ってたんがな」
「なんや」
「真っ黒やねん」
「真っ黒?」
「そうや」
「真っ黒って何や?」
「何年か前に流行ったやつや」
「なんやそれ」
「ガングロや」
「なんや ガングロって」
「流行ったやろ 真っ黒に塗って目や口周りを白くしてたん」
「あのオバケ化粧か?」
「そや」
「・・・」
そんな会話だった。でもコイツ、娘から貰った誕生日プレゼントもまだよう使わないでおるし、今度のプレゼントもきっとよう使わないんじゃないかな。
父親ってそんなものかもしれない。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ