2011年06月10日

日本語って難しいなぁ  って話です

世の中には「騙す奴」と「騙される奴」がいる。
騙す奴は当然悪いが、騙される奴も悪いと言う人がいる。
突然ですが、昨日友人達と食事会の席でこんな話になりました。
「騙す奴」は幾つになっても騙すのは治らない。また「騙される奴」もいつまでも騙される。
「騙す奴」はどうして騙すか考えているし、「騙される奴」は何故騙されるかなんて考えてもいない。
世の中はよく出来たもので、こんな人間がいるからおもしろい。
でもこの「騙す奴」と「騙される奴」のほかにこんな奴がいる。
それは「騙す奴」と「騙さない奴」だ。
日本語は本当に難しいと思う。たったコレだけでも大いに意味が違う。昨日の奴らとの話の中で白熱した議論に発展した。
この「騙す奴」の反対語は「騙される奴」なのか「騙さない奴」なのかだ。
どっちでもいい話に急に激論を交わす事がある。それで我々の中の結論はと言うとこうだ。
「良いか」「良くないか」のどちらかに分類すればいいんじゃないかってことだった。
「良いか」「悪いか」ではない。「良いか」「良くないか」だ。
だから「騙す奴」は悪い。「騙される奴」も悪い。でも「騙さない奴」は悪くない。で、結論づいた。
「騙される奴」は何故に悪いか?それは「騙される奴」と言うのは一度、騙されてしまうと「今度は騙されないぞ」ではなくて「こんな風にすれば騙せる」に変化していくって誰かが言った。
なるほど、「騙された奴」は「騙し返す」とそいつは言う。
コレは又こういう風にも置き換えられる。
交通違反をしてキップを切られた。もう交通違反をするのはやめようって思う人もいる。しかしこういう風にすれば交通違反には捕まらないって思う人もいる。同じことだ。
人は考え方がそれぞれ違う。違うからおもしろい。でも今回のことで分かったのは「日本語は難しい」ってことだった。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ