2011年07月08日

いつもとチョット違うように思う

時々一緒に食事に行く友人がいる。
最近、どちらが変わったのかは分からないが一緒にいてて楽しくないときがある。
一緒にいてて気を使わなくて済むから良かったのに、気を使ってまで一緒にいるのはどうかなって思うようになってしまった。
何故なんだろう?お互いが気を使うから?いや何か勘違いしているからかも?
人は仕事や何かで上手くいくとつい調子に乗ってしまう傾向がある。調子に乗るのはいいときも悪い時もあるように思う。
それで益々仕事が捗ればよい。しかし調子に乗りすぎると足もとをすくわれる。
誰かがそうなった時に注意してくれる者がいればいいのだが、なかなか気付かないでいて大きな失敗をしてしまう。
悪い芽が出そうな時は早い目にその芽を摘んでおかないと。
また人は嘘をつく動物だという事。他の動物にはないこの「ウソ」
コレは厄介なものだ。悪気があるか無いか、でも何気無いその一言でも相手は非常に傷つくこともある。本人は「洒落」なつもりでも・・・
動物の世界弱肉強食は世の常。強いもののみが子孫を残せる。
そして段々とその強い遺伝子が後世の残って繁栄を続ける。
強いから生き残ったのか、生き残ったから強いのか。
我々人類は知恵があるその知恵を使わない手はない。
何とかは人の為ならず、という諺もある。
自分自身こう思われないように身を引き締めていきたいものだ。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ