2011年08月31日

縁は異なもの とは・・・

昨日、急患の患者さんが来た。
診療開始は9時半からだが、8時過ぎに電話があってどうしても9時までに会社に入らなければならないし、前の差し歯が抜けて困っているとかで急遽、時間前に来院された。
はじめて来られる患者さんだったが、どこかで会った様な。
治療中に少し聞いてみた。
「どこかで お会いしました?」
「はい」
「失礼ですが どこで」
「○○寺のお不動さんで」
「あぁ そうでしたよね」
「思い出してくれましたか」
「はい 思い出しました」
「まさかココの先生だとは」
「こちらこそ 失礼しました」
こんな会話でした。よくお参りに行くお寺でお会いする方でしたがお名前も何処の誰かも知らなかったんですが、顔はお互いに知っていたんで話が弾んでしまいました。
「いやぁ ココの先生でしたか?」
「いやいや こちらこそ」
「いつも御見かけするんですがどちらさんか分からなかったですから」
何かの縁か、お不動さんの縁か、名前も知らない方とこうして知り合いになれるなんて、また患者さんとして来られるなんて。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ