2011年09月16日

この歳になっても 出来る事はいくらでもある

先日友人と話す機会があった。
その友人はこれからの夢を語りだした。
今までなかなか出来なかった事を、少しずつでもいいから実現したいといっていた。そしてその夢は何かと言ったら、今までお世話になった人や地域に恩返しをする事だといっていた。口でいう事は簡単だ、でも何からしていいのか分からない人が多いことだろう。
偽善的だという人もいるだろう。でもその人の考え方が少し変わっている。例えばこうだ。お金を稼ぐのに良い悪いはない。強欲だといわれてもその使い方でその人の価値が決まると思っているらしい。
些か???な部分もあるが、その考え方に異論を挟む気は無い。
確かに自分が汗水たらして稼いだお金を、どう使おうがそれは勝手だ。自分に使うもよし、人の為に使うもよし、世の中のために使うもよし。
彼は少々の貯えも出来たし、世間的な信用も出来た。でもそれでは物足りないといっていた。(彼のためのも言っておくが、自己満足でいっているのではない)本当にこれからのことを憂いでの発言だと思った。
自分が味わった苦労をこれからの若い人に同じように味わって欲しくないからとも言っていた。
苦労はかってでもと言う言葉もあるが、彼にはそのような事は思いもよらないとか。
もし自分がそんな考えになるかは分からないが、その情熱だけは消さないで欲しい。
私も微力ながらそんな彼に応援したいと思った。
幾つになっても、夢を追い続けるという事は大事な事だ。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ