2011年11月02日

やっと来たか 今年最後の断食修行

ついにやって来ました、今週は断食ウィークです。
毎回言っていますがこの断食、健康断食のつもりで始めましたが、段々本気になってついには私のライフワークに近いものになってしまいました。春と秋の2回開催されるのですが、今年で15年目に突入するのですが、毎回新客さんたちとの出会いや、ともすれば同窓会的な雰囲気にも似た再会なんかもあったりして。
これの凄い所は
健康断食って思われるんですが、3日の断食で宿便を取るところです。宿便ってなかなか取れないんですが、止観(座禅)をする事によって自律神経が刺激を受け最後に明けの食事とともに溜まったものを一気に出す。それはそれはこれが体内にあったかと思わせるくらいの宿便が出ます。
一時ニキビや吹き出物が出ますが、その後、体質が変わっているのが分かります。風邪で寝込んでまる2日、ものを食べていないと何だかお肌がすべすべしているのと同じです。
断食で食べれないのは辛いと思っている方が多いと思いますが、いやいや、断食明けの食事を取るほうがはるかに辛いものなのです。
食べてもよい状態になっても胃が小さくなって食べたくても食べれない。でも腸内に溜まった宿便を一気に出してしまう、一種の快感。このためにやっているといっても過言ではありません。
初めて参加した人で2回3回と参加される方はそのままずっと続くでしょうが、最初が辛く思った方はきっと二度と参加するものかって思うに違いありません。新しい発見を目の前にして諦めてしまう。誠に惜しいと思います。ただ体重が減るのが目的ではなく、自分を見直す良い時間を頂く、知らない人たちとその時間を共有する。これってなかなか経験できない事です。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ