2011年11月17日

無くて七癖 でもこれからはこんなことで悩むのかなぁ

今朝、いつものように7時前に出勤。準備をしていたら8時過ぎに患者さんが来られた。「9時半からですけど」って言ったら「8時半って書いてあるんですが」と言われた。
診察券の裏側に次のアポイントの日時と時間が書いてあるんだが、ちょうど升目のとことにかかっていて、8とも9とも読み取れる。
診察券には診療時間は9時30分からって書いてあるからって安心していたら、どうもその患者さんなるべく早い時間って言っておられた患者さんだった。診療時間前をご希望の患者さんは院長まで申し出下さいと書いてあったので、てっきり8時半からいけるのだと思い込みで来られた。準備は出来てはいるがセットは熱々、チョットだけお待ちいただいての診察開始。会社の時間が9時からだそうでそれまでに入らなければならないとか。まぁ当医院の前のビルの方だから1分とかからずに行けるが、後2~3回は通っていただかねばならない。
確かに思い込みの間違いはたまにある。木曜日に来られる患者さんは毎週木曜日に来られるから、その方が来られたらこちらも木曜日だと思ってしまう。たまに何かの用事で違う日に来られても、その方が来られたからこっちが勝手に今日は木曜日だと思ったりして。
また受付の子も文字に特徴があって1と7がよく似ていて、慌てて書いたらどちらか分かりづらい。慣れたら分かるが、そうでなければチョット考えてしまうのかもしれない。
そういえば患者さんの受診申込書にもそんなことがあった。申込書をレセコンに入力しようとして何度も聞きなおしたこともあった。
自分では分かっているつもりでも相手には伝わらないってこともある。癖と言ってしまえばそれまでだが子供のような字を書く大人が増えて困ってしまった。丸文字って言うんでしょうか、メールや、携帯がこうも使われたら文字を書く機会が益々なくなってしまう。
誤字脱字もひどいが特徴のある字もそれなりに困ったちゃんだ。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ