2011年12月14日

金は天下の・・・

いよいよ連れが、新しいプロジェクトを立ち上げる時が来た。
前々から話は聞いていたが、ついに現実のものとなってきたらしい。構想3年、いよいよだ。出来るだけ協力させてもらうと約束をしているので仕事に支障が出ない限り全力で参加させていただく。
さて、急に話は変わるが来週にはクリスマスがやってくる。
今年は震災の影響か、節電の影響か、去年に比べてこの時期の電飾飾りの家が少なくなった気がしてならない。
ある地域など町内一斉に競わんばかりに、夜になるとそのきらびやかなイルミネーションが輝きだす。それをお目当てに、近隣からその様子を見に来るお客さんで交通渋滞が送る。
何年か前にそんな地域を見に行った時、中には数家全くそんな飾りつけもせずに、ひっそりと建っていた家もあった。
「ウチはそんなチャラチャラしたことはしないぞ」と言う強い意志を感じたものだった。
きっと私の家の周りで、一斉にやろうと言ってきても我が家はきっと参加しない家なんだろうなって、その家を見てそう思った。
嘗てはこの時期なんて繁華街や飲み屋街はクリスマス一色だった。
行きもしないのに、飲み屋の「パー券」などを無理やり買わされたり、なじみの子から電話がかかってきたり、(今みたいにメールが無い時代)それでも幾つもハシゴをしたものだった。
それから家でクリスマスをする人が増えて、しかし今では誰か相手にプレゼントをする習慣から、自分自身に「ご褒美」なるものを買って楽しむようになってきた。はっきり言っていい傾向だと思う。
無駄な時間とお金を使うなら自分自身に使うほうがよっぽどためになる。でもなぁそんなことしていたら、世の中お金が回らないからなぁ。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ