2011年12月15日

う~ん 納得した

先日読んだ本の中にこんなのがあった。
「人間は顔に性格が現れ、声に教養が現れる」
なかなかのものだと思うのは私だけでしょうか?
よくテレビなどで殺人犯、凶悪犯の写真が出ていますが、悪いことをする人の顔は皆、どこか、「コイツならやりかねん」と思うことってないでしょうか。これって偏見ですか?私だけがそう思っているのかなぁ。
でも、やっぱり私にはそう思えてなりません。
人って何かにつけ、顔に出ますよネェ。いいことがあったり、悪いことがあったり、そんな時顔に出るのは当たり前なんだと思います。
嬉しかったらニコニコと笑顔になったり、失敗したらしかめっ面になったり、嫌な事があったら渋い顔になったり、顔にはいろんな表情が出ます。
でも、性格が良いか悪いかはどうでしょう、その人の今の環境や、生い立ちや、育った環境も大いに影響するのではないでしょうか。
今世間で騒がせている、何処かのバカなお坊ちゃま。頭はいいかもしれないがあまりにも世間から感覚が逸脱しすぎ。
何でも自分の思うがままに成るとどこかで思っていたのでしょうか。
同じようにエリート街道を進んできたのに、どこかで道を踏み外したり、今の現状をちゃんと認識できないで、過去の栄光をいつまでも追い続けているのも同じような過ちを犯す可能性があるように思います。
地位がその人を作るとも言います。立派な志を持っていても不遇にも認められないってことは多々あります。自分は悪くない、世の中が悪い。いつまで経ってもそう思っていると本当にそのようになる気がしてなりません。
よく急にお金が入ってきて人生が狂ったなんてことをいう事もあります。アノ連続殺人の人も親からの相続、その遺産を手にしてから人生がかわったとか。身の丈にあったことをしていればそんなことも無かったのかもしれません。
しかし、そんなことばかり言っていては大きな仕事は出来ません。
日頃の精進、努力をしていると、目の前のチャンスに気がつかないはずはありません。
その本の最後にこう書かれていました。
「性格をよくしようと思ったら まず笑顔から これは誰でも出来る一番の方法」

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ