2012年02月02日

昨日の続きの話

今日は一段と寒い朝だ。天気予報も今年最大級の寒波到来とか
そんな中でも日は一日一日長くなっていっている事は、毎朝同じ時間に家を出る時、診療所に着くときの明るさでわかるようになってきた。
今年最大の寒波と言ってもまだ一ヶ月しか経っていない。いやもう一ヶ月も経ってしまった。一月は行く、二月は逃げる、三月は去ると昔から言うようにこの三ヶ月はあっという間に過ぎていくに違いない。もうその1/3が過ぎた事になる。
昨日書いた中に大きな反響があったことをご報告しよう。
悪友達は私のこのブログを逐一チェックしている奴がいて(自分の事を書かれてはいまいか)心配で心配でとか言っていたが、そいつと話をする事があってこんな話を聞いた。
それは我々の仲間の鮨屋の連れの話だ。そいつならきっとそんなオバチャン連中にはきっとこう言うだろうという話。それにそいつの店では同じものを食べても日によって値段が違うってことがよくあるといっていた。
時価だから仕方がないんだろうと思っていたがその悪友が教えてくれた。
お客が少ない時はどうしても売上を増すために、何だか知れないがいつも突き出しのサービスがあるやろとか。そういえば「コレ食べてや」といってくる。何とサービスのいい店やと思っていたがコレもカラクリがあった。キッチリと伝票にはついてある。
大勢で来たお客さんの場合も少なく書き込むのではなく四捨五入ではなく全てが切り上げ状態だったとか。
聞けば聞くほど怖ろしいカラクリになっていたとは。
昨日の大阪のオバチャンもコワイがこんな店もコワイと言う話。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ