2012年05月21日

ここの街の顔ってどんなだ・・・

今朝は「金環日食」で多くの人が空を眺めているのに出くわした。
こちらはもう診療所に着いている時間だったが途中、何度も空を見上げている人に出会った。
大阪城公園やその途中の道には多くの人がそれ様のグラスをつけて空を見上げていた。
大阪は7時30分ころだとかでそのあたりになったら、道に出て空を見上げていた。しかし薄雲でメガネをかけなくても微かに見えた。
確かに次回はもう見ることが出来ないから、今回のチャンスを逃してはいけないと思ったのか多くの人がそれ様のメガネを買っていたらしい。
今はライブでTVでも見れるが昔の人はさぞや驚いたことだろう。
動物もどういう風になるのか実験に映していたがそんなに変化は無かったみたいだ。
でもこんなチャンスに遭遇するとは願ってもないことだ。
昨日の日曜日に用事で診療所に来ていたが、オフィス街の閑散とした中にも日頃と違う人たちと何度も遭遇した。
地図を頼りに歩いている人はきっと地方から大阪にやってきて、道に迷ったのか何度も地図で自分の居る位置を確認していた。
また、外国の人も同じように地図を片手にこちらは観光客か?
どっちにせよ平日とは違った人種の人たちが行きかう街になっている。
こうも平日と土日の違う顔を持つ街も面白いかもしれない。
大体私も家からサンダル履きで通勤しているから何も言えないんだが・・・

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ