2012年08月03日

オリンピックもそろそろ寝不足で辛くなってきた

連日のオリンピックでの日本選手の活躍、凄い事だと思う。
でもメダルを取れるのはごく僅かな人たちで、結果は大半の選手は参加することに意義があるくらいのことだが、それでもその分野の第一人者だからこれまた凄い事だ。
自己ベストを更新する、そして入賞、あわよくばメダルに手が届くくらいの選手は、並大抵な練習量ではない。
同級生に水泳のコーチが居て、オリンピックに参加した事があるっていっていたが、100名の選手がいたらその倍くらいのコーチがいる。ましてメダル候補にはコーチのほかにいろんな人がくっついている。フィジカルコーチ、メンタルコーチ、専属のトレーナー、それらの人が一人の選手についている。
またその種目の役員などが日本選手団と言うことだ。
ある国ではメダルを獲得すれば、凄いご褒美が待っている国もある。
日本でもメダルの色によってそれこそ報奨金が支払われるが、その額は僅かである。
でもそれ以外にもテレビCMなどこれからの人生で「メダリスト」という肩書きがついて回る。
それこそタレントに転身する人もあれば、本を執筆したり、講演会で一生涯食っていける人もいる。
今のメダルの数を見てみれば、にんじん作戦を行っている国のメダルが多いように思う。
ただそれがいいのかどうかは分からない。
でも選手もそうだが、「あのメダリストを育てたコーチ」という肩書きも捨てがたいとその同級生は言っていたのを思い出す。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ