2012年10月02日

机の前に座ってふと昔の新聞を見て・・・

昨日今日は過ごしやすい気候になった。でもまだ日中は汗ばむ気候だ。
車のエアコンもかかっていても窓を開けての走りが気持ちよい。
ここ何年か歳のせいか、寒さより暑さの方が堪えるようになってきた。
診療室の中はまだエアコンがついているし、部屋から外に出たときに気持ちよさが伝わってくるのはやはり一日中部屋の中にいて温度の変化を感じていないからだろうか?
トイレに入ったときに窓から外の景色を見ながら頭を出していたらか風が心地よい。外から見たらきっと小さな窓から頭だけが見えていて可笑しな光景だろう。
10月になって歯科の点数も変わったがビビたるもので、これからの我々の前途を表しているみたいな感じだ。
よし、今年も後3ヶ月、やり残した事は多かった(骨折で3ヶ月を無駄に過ごした)だから残りはもっと大事に過ごそう。あれもやらなきゃ、コレもやらなきゃと思いつつ何から手をつけるか考え中。
よし、まずは机の前の山になってりる書類の整理。これから始めよう。
でもその前にゴミ箱のゴミを捨てなけりゃ、下の方の新聞はオリンピック開幕前の新聞だ。誰が金メダル候補だとか、散々いいことが書かれていて結果を知ったら、なんとまぁ恥ずかしい記事だことか。
そう思ったら新聞の予想なんて大したことが無いように思えた。
今年の一大イベントの一つにオリンピックがあったが過ぎてしまえば金だ銀だと騒いだのがおかしい。
燃え尽き症候群ではないが次のステップに向かって練習あるのみ。
いいよなぁスポーツ選手は燃えるものがあって。
我々歯科医には何かこのように燃えるものが見当たらない。
いや見つけなければならないのか?

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ