2012年10月05日

支払の伝票を見て納得したが・・・

朝からやることが多くてなかなか机に座る事ができなかった。
明日から三連休だから昨日今日に来られた患者さんの模型を作ることにした。
三連休はありがたいが、その分のしわ寄せがどこかに来る事になる。
大体、木曜日に来る患者さんは次の木曜日か再来週の木曜日と決まっている。
だから連休が多い月曜日の患者さんは火曜日かその前の金曜日に回っていただくことになる。すると印象をした患者さんの模型を技工所に出すのに日にち計算をしないといけなくなる。
最近はなるべく一度に多くの印象をしようとするから早く完了できるのにはいいが、お支払いただく金額が多くなってしまい患者さんの負担が増えることになる。まぁトータルすれば同じことにはなるのだが、1回に支払う金額が多いと早く完了しても「あそこの歯医医院は高い」とのレッテルを貼られてしまう。
逆に一回の金額が安くすると日にちが多くかかって「あそこの歯科医院は何度も来院させてなかなか終わらない」
どっちにしてもいいようには取られない。
昔に比べて技工所の支払も段々と減ってきているし、材料屋さんの支払いも減ってきている。という事は患者さんの数が減ったという事。あららそんなことも気がつかなかったのか?いやいやそんなことはもうとっくに分かっていましたよ。
不況だとかデフレだとか新聞やニュースで言うたびに他人事のように聞いていたが我々の所にも段々とその不況の波が忍び寄ってきている。
大企業でさえリストラやコストカットが大流行の昨今、何か我々も対策を講じないといけなくなっている。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ