2012年12月11日

こんな商売もあるってことか・・・

先週、年末だと言うのに新規の看板屋さんが来られた。
前にも書いていたが、当医院の患者さんでちゃんとした名刺も持ってきていて信用できるように思っていたが、また違う看板屋さんが看板広告の集金に来られた。
その時の話で当医院の患者さんの看板屋がどうやら胡散臭い看板屋だという事が分かった。それこそよく言う「看板詐欺」だと言うのである。詐欺とまではいえないのかもしれないが、実際の所我々もその看板と言うのを見に行った事が無かった。確かに近所ならよく気にもするし、見ることもあるが、少し離れた所にかかっていますと言われれば、正直な所相手を信用して任せてしまうんじゃ無いでしょうか。
そこが相手の目の付け所だったんです。クライアントが見に来ない場所だから実際のところあるかないかはこの目で確かめないと分かりません。それに金額も数千円だったり2~3千円だったり、金額も僅かだからついつい受付に任せてしまうケースもあったりします。
そこが狙い目、僅か数千円でも数があれば結構な数字。写真もチョットぼかしたり、看板を一時的にかけてその上から写真を撮ればれっきとした詐欺です。
そこのところが甘かった。書き換え料と年間料で領収書をきられ、尚且つよく見るとお互い異議の無い場合は「自動更新」とかかれてあるではないですか。そこがまたミソ。
正直な所そこまで見ていなかったこちらのミス。相手が上手かったのかもしれない。ともかくこんな詐欺まがい、いや、詐欺の被害にはどうぞご注意を。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ