2013年02月07日

歯科は宝の山らしい

昨日、同級生との会話の中で
「最近金の値段が上がってきてるな」
「知ってるで、やってられんわ」
「しょっちゅう電話がかかってくるわ」
「どこからや」
「廃金属の業者や」
「ウチもや」
「確かにオレたちのところは抜去冠なんかがあるしな」
「歯科医師会でもボランティアなんかで集めてるらしいで」
「そんなんやったらエエけどなあ」
「ウチは外したら患者さんに返してるけどな」
「全部か?」
「いや金冠だけや」
「それもそやなぁ」
「何でもかんでもと言うわけにはいかんやろ」
「最近はTVなんかでもやってる○○とか言う会社」
「やってるやってる」
「あそこに持ち込んだらチョットは金になるからって、下さいって言いよるわ」
「そんなんあるか?」
「まだあるで それを溶かして使いなおせるんやったら ちょっと安くなりませんかって」
「そんなん言うか?」
「言う患者もおるで」
「ほんまか」
「困ったもんやわ」
こんな内容だった。確かに自費の金冠なんかは溶かしなおしもできるかもしれないが、他の医院で入れたものについては??がつくケースもあるから返すことになる。自分のところで造ったのは分かっているから話し合いの上でのことになる。
まぁこんなところにもいろんな影響が出てくるようになったんだと思ってしまった。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ