2013年02月28日

目標は高く 皆で頑張ろうって気持ちだ

昨日も書いたが、夢の実現に一歩も二歩も近づいた。
友人達と始める病院歯科の話しが大分具体化してきた。
一般開業と違い病院歯科は外来患者さんプラス入院患者さん、それに附属した特別養護老人ホームも併用するから、本当に大掛かりな歯科になる。
今回のプロジェクトに多くの同級生や先輩後輩が知恵を出してくれて、できる限り協力してくれる事になった。
本当にありがたいことだと思う。一般開業と違っていろんな科目の専門の先生にもお願いしているから1年前から始めてもちょうどいい加減になると思う。
救急も完備する予定だし、地域医療に参加するから周りの歯科医院とも提携して小手術も依頼を受け付けるし、それなりの専門医も参加してくれる予定だ。
今までのそれらの伝を頼りに何かと皆に協力を願うが、実の所は期待半分、不安半分だ。
その地域の大きな病院とも協力してやっていかないといけないし、医師会、歯科医師会とも連携をとらないといけない。
何よりその地域の患者さんに大いに期待されていて身の引き締まる思いだ。
期待が大きいだけにもしもその期待に応えられなければ失望も大きい。
だけどやらないといけない、やるしかない。
自分のためなんかじゃない、若い歯科医がそこから育っていってくれる事を、そして附属している特別養護老人ホームの方々の熱い期待、それらが私をはじめ多くの仲間の励みになっている。
まだ設計図の段階だがその段階からこちらの希望も大いに取り入れてくれる事になっているから責任重大だ。
山は高ければ高いほど、登るには困難や苦痛が付きものだけれど、登った後に来る充実感は大きなものだという事も分かっている。
やるしかない、やらねばならない、やってやる、さぁどっちだ。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ