2013年03月21日

久し振りに充実した一日だった

昨日は春分の日でお休み。
久し振りに墓参りに出かけた。
まぁご先祖様には申し訳ないが、お盆とお彼岸くらいしかお参りに来ない親不孝者ですが、何故かしら最近気持ちの上でも墓参りが頭から離れない。それだけ歳を取ったという事か。
春分の日と秋分の日は昼と夜の長さが同じになると言われているが、大阪の四天王寺さんでは「日想観(じっそうかん)」なるものが執り行われる。
コレはお彼岸の中日となる春分。秋分の日に四天王寺の「石の鳥居」の中に沈んでゆく「日想観法要」が執り行われる。
コレは弘法大師、空海が西の空に沈んでゆく夕日を見て、西方浄土を見出す修行をしたと言い伝えられている。
あいにくの雨模様だったが、それでも熱心な信者の方々がお参りに来られていた。
墓参りの帰りにお参りに行こうと思ったが、四天王寺さんの周辺は大渋滞。信号一つ超えるのに5~10分かかってしまった。
大阪人はこれまたマナーが悪い。路上駐車は当たり前、それも片道二車線であろうとお構いなし。
警察や警備員もいるにはいるが、注意してもすぐに次の車が割り込んでしまう。そんな人がお参りに行っても何にもご利益なんかあるはずも無い。
自分さえ良ければそれで良いというような風潮が残念ながらここ大阪にはまだまだある。悲しい現実のようだ。
こんなことではご先祖さんも悲しんでおられると思う。
なにわともあれ、貴重な休みを充実した一日として過ごせた事をありがたく思っておりました。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ