2013年03月22日

どうです、一度チャレンジしてみては

今朝は晴天で少し寒かったが、天気予報では昼からは気温が上がって尚且つ花粉も多くなってくるようだ。
本当なら今日から恒例の春の断食がある。しかしまだ足の調子がイマイチで参加できない。断食フリークの私にとっては非常に辛いものがある。
連続記録が途絶えた事もあるが、一度、気持ちが切れてしまったら元に戻すには並大抵な事ではない。
今までは断食の一週間前くらいから体調を整えて参加したが、気が抜けたと言うか、今は食事を制限しなくていいという安易な気持ちがあって、やはり断食を続けていけばよかったと後悔している。
まぁ家でも出来ない事は無いが、いつも言うように誘惑が多くてなかなか出来ないのが現状だ。
しかし気持ちの上では皆と一緒になっての参加しているつもりで今回も望みたいと思っている。
食べ物を絶つという事は人の欲望の一つを絶つ事になる。
最初は肉体的にきついが、本当のところそれは一時期なもの。
それより辛いのが精神的なもの。食べれなくて辛いより食べないという強い意志があるか、出来るかでその辛さ、乗り越えるだけの精神力が試される。
結局、断食の本質は、いかに自制して食事を腹八分目に留めるか。
そこにかかっていると思う。
初心者の人がいつもいう事だが、「お腹が空いて辛い」しかし本当はその後の食べれるようになってからの「食べたくても食べれない」その辛さの方が数倍辛い事を思い知らされる事になる。
日常当たり前に食べていると言う行為が、実はこれほど深い意味があるとはやった人しか分からない事だと思う。
だからコレはやった人しか分からない快感に繋がると思う。
是非皆さん、週末断食をしてみませんか?結構いけますよ。
新しい自分の発見のためにもお勧めします。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ