2014年01月14日

この歳になって試験勉強は辛いものがある

先週末から知り合いが資格試験を受けるのに同席した。
同席と言っても試験会場に行くのではなく、PCから受験項目を選んで何時間か受講してそれが終われば試験があるそうだ。
今どきの試験てこんなものかと驚いた。
何十時間かの授業を受けて、それについての試験だそうだが、参考書も誰かに聞いてもOKなんて聞いた事が無かった。
まずは顔認証と音声認証で本人と確認するらしいが、全くそこは我々世代には理解できない。そのつど書き留められない時はスマホの写メに取ってから見直す。こんな事で覚えられるのか?
丸暗記世代の我々にはなんとも理解しがたい方法である。
ただ何処の場面で写メを取ったかを記録しないと、話のつじつまが合わないといっていた。
ノートを取るという行為が写メに取って代わったようだ。
最後に受講した所の試験があるのだが、何択かの中から選ぶのだが、それでも間違う人がいるのかと言う問題だった。
我々の専門外でも常識の範囲で分かる問題もあった。
でも緊張はやっぱりするみたいで、何度も読み直していた。
我々ももうこの歳になって試験は緊張するであろうし、また受けたくも無い。
免許の更新は現在のところ歯科医師免許では無いが、将来は分からないだろう。教員免許は実際には何年かごとに更新になっているらしい。もしも我々にもあったら何人かは不適格者が出るのではないだろうか?

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ