2014年01月24日

新たなモットーが追加された

世の中には困ったチャンはいるもので、後で分かったらお互い嫌な思いをする事になる場合もある。
いきなりですがこんな事がありました。別に名前を出すほどでもないから名前をあえて伏せますが、お互いに新しく仕事のパートナーになった人がいます。何でも包み隠さずに話し合いましょうといって仕事を始めたんですが、あらぬところから「話が違う」という事が露見してしまい(相手はまだ知りません)困った問題に発展しそうです。
ある商品を販売するについて、仕入先やら販売先をお互いがイーブンの条件で仕事を始めたんですが、どうやら相手さんは仕入先に二重に伝票を切らせていて、コチラに見せるため用、自分の所に納品させる用、このことが元仕入先から分かりました。
何食わぬ顔で我々には同じ条件でやりましょうと言っていたそこの社長はこのことが知れたらどんな顔をするのでしょうか。
「正直」コレを第一にしていたからこそ「信用」と言うものがついてくるのに、一旦こんな事がわかったからには次からは信用しにくくなるものだ。
「分からなければそれでいい」は分かった時にはそれ相当の覚悟が無ければならない。
コチラからこのことを言うような事はない。しかし何れどこかで分かるだろう。世の中そんなにバカじゃない。しらばっくれるつもりならそれもいいだろう。
私のモットーに「時間とお金にルーズな奴を信用するな」と言うのがある。そして今回新たにこんなモットーを追加しよう。
「騙して儲けたお金より、正直で無くしたお金の方が価値がある」

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ