2015年01月16日

この時期になったら思うこと

この時期になると必ずといっていいほど見る夢がある。
私は幸いなことに受験の失敗が無い。こう言うと何だか素晴らしい様に聞こえるが高校受験と大学受験の二度しか受験というものをしていなかった。高校受験は私学専願だったし大学も国立なんかもってのほか私学一本。だから受験というのは二度しか経験が無かった。
ただ大学では何度も再試験、再再試験、再再再試験も経験した。
おかげで卒業試験も無事にいけたし、最終目標の国家試験も合格できた。
でも未だに夢の中にこの「試験」というのが出てくる。
大体決まった夢で、会場が違って入れずに途方にくれたり、時間を間違って受けないといけない試験がもうすでに済んでいたり。
こんな夢を卒業して30年以上もたった今でも見ることが多い。
明日からセンター試験が始まるというこの時期、私の時代にはまだセンター試験なるものは無かった。国立にしても一期、二期の時代、各大学によって試験もまちまち。しかし今ではセンター試験で全国共通の時代。
だからその場の一発勝負。体調にも大きく影響するし、そこにベストに持っていかなくてはならない。
今となっては大学の云々よりも出てからの本人のやる気が大事なのは重々分かっている。国立だろうが私立だろうが賢い奴は賢いし、バカはバカ。
仕事においても研究に没頭すれば金儲けなどにはまったくの無縁。
バカでも金儲けに長けた奴はそれなりに成功者として扱われる。
どれもコレも明日からのセンター試験にかかっているのは間違いの無い事実。
今日一日やったところで変わらないと思いきや、私の経験から言えば、今日見た参考問題や資料がセンター試験には出ると思う。
こんなことを言えば「あり得ない」と思われるかもしれないが、苦手の数学と物理に試験前日にやった問題の類似が出たのを思い出す。だから前日ゆっくり休むなんていう人がいるかもしれないが、私は言いたい。「今日見た問題が明日の試験には出る」ということを。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ