2015年03月11日

サイズが違ってもコレだけは・・・

昨日書いた記事についての続報。
今、着ている白衣は白衣といってもネイビー色だが昨日お伝えしたとおりBLサイズだ。マジでBLサイズなど着るとも思わなかったが仕事がし易い。そして今まで着ていたのがLLサイズで着ているときにはそうは思わなかったが
今一度それを着たら結構肩の辺りが窮屈だ。
それより何よりその前のLサイズのが出てきた。
物持ちのよい私は昔の白衣もよう捨てないでいた。それに親父が着ていた白衣も出てきた。
親父が亡くなって20年以上経つのにきれいに洗濯をして直したままだった。それはなんとMサイズ。一度腕を通したが着ていく段階でもう窮屈でボタンなどはめれる状態ではなかった。
それを昨日並べてみて驚いた。M,L,LL、BLと4色4サイズが並んだ。
こんなにも違いがあるのかと驚いた。
MとLではさほど見た目には変わらない。LとLLでも同じように感じた。しかしLLとBLコレはどう見ても変わらないわけがない。ましてMとBLなど大人と子供くらいの見た目にも差がある。
そういえばおふくろがこうも言っていたことを思い出した。
「アンタにお父さんのものをあげようと思ってもシャツもコートも靴下も何もかもサイズが違うからあげられへんわ」
そらそうでしょうよ、Mサイズを着ていた親父のものなんて、何一つとして貰える物等なかった。
家の中にはまだたくさんの親父の残したものがある。お袋はそれを未だに大事になおしている。
「アンタがもうちょっとダイエットして痩せたら使えるものもあったのに、もう諦めたわ」
こういわれるのが一番辛い。しかしよくよく考えてみたら一つだけではあるが親父と同じもので使えるものがある。
それは『ハンカチ』だけだった。でも今はそれも使う気にはなれない。いつか使う気になったときに使わせてもらうことにしよう。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ