2015年04月07日

何事も程々が良いって事だ・・・

昨日の雨で桜も散り始めたので道路には一面、ピンクの絨毯が敷き詰めたようになっていた。
明後日からは大阪の造幣局の桜の通り抜けが始まる。
ココの桜はほかより約1週間ほど咲き始めが遅いと言われている。
困ったことにこの時期は多くの花見客のために一方通行になっていて車の往来には不自由する時期になるのだ。
昔は屋形舟を出しての花見もしたことがある。落語の世界みたいだが川の上から見る景色は又格別で混雑した道から見るのとは違ってゆっくりとまたのんびりと見れて最高のロケーション。ただ違うのは川の匂いがきつい事だ。悪臭とまではいかなくてもそんなに綺麗でない川だからなおさらだ。
しかしこの時期はまだマシな方だ。夏の天神祭りの時の舟遊びはきついものがある。川面からあがってくる臭いはドブの臭いがするからだ。でも屋形船に乗って揺られ揺られての酒は又格別だ。
お茶屋遊びの好きだった先輩は、いつもこんな遊びがしたかったといって実現しなかったが、その遺志を継いで私がその代わりに舟遊びに興じることにしようか。
でも今はそれに付き合ってくれる仲間達も、あちらこちらと、どこが痛い、ここが痛いとあえば話題がこんな話になるから面白くない。
若いときは身体が丈夫でも金が無い。そして今はそこそこの金はあるが身体が持たない。
金があって体が丈夫がなによりだ。でもその逆はもっと怖いぞ。
それは金が無くて、身体が丈夫でない。そんなことを考えたら恐ろしくなってきた。何事も程々が良いという事か。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ