2015年05月27日

暑い中でぼ~とするのと、寒い中でブルブルするのと・・・

毎日最初に書く言葉は「暑い、今日も暑い」だ。
まだ5月だと言うのに30度を超えようとしている。京都の今日の予想気温はなんと35度。(まぁインドの50度よりはマシなのかもしれないが)。
昨日のニュースでこんな面白い?記事を見かけた。
それは熱中症で搬送される人が一番多いのが32度~33度だそうだ。
逆に35度になるとぐっと人数が減る。それは暑いことが分かっているからまず出歩かない、最初からエアコンを入れるなどの処置をするからなんだそうだ。
コレくらいならまだ我慢すれば出来る、コレが一番危ない。
特にお年寄りにコレが多いそうだ。我が家でも昨日に帰って部屋に入ったとたんムッとする空気があった。扇風機は回っていたが生暖かい風がそれもゆっくりと首を振るようになっていてさわやかとは程遠い風が来ていた。
エアコンを入れればいいのにと思うが年寄りはなれないエアコンより扇風機がいいらしい。何度言っても聞く耳を持たない。
こちらはエアコンが効きすぎて動いていないと足から冷えが来る。
贅沢と言われるかもしれないが、コレはタクシーの運転手さんと同じことだ。乗ってくるお客さんのために常に車内を冷やしておくとお客さんは気持ちがいい、しかしその中にずっといる運転手さんは腰から下が冷えて腰痛になるとか。
我々は腰痛にはならないが、ずっと冷えた部屋にいるのでたまにトイレに行ったときとか部屋に戻れば気持ちがいい。そんなくらいだ。
もしもこの中にずっといればきっと身体が冷え切って逆に暑い外の方が気持ちがいいと思うようになる。
本当に勝手なもんだと思う。

Comment

この記事へのコメントはまだありません

ページの先頭へ