2008年07月31日

潮目が変わった その2

どうしたことでしょうか、今月の当院の初診の患者さんが3ヶ月連続ですこしづつではありますが増加してきています。といってもまだ昨年の同時期に比べては80%ほどですが。その傾向がはっきりとしてきました。実は毎土曜日におこなっている歯科相談にこられた患者さんがそのまま来てくださっているのも一つかと。あくまでセカンドオピニオンで来られてもとの医院に戻られてそこの先生にもう一度説明を受けられてご自身で判断されてこちらに戻ってこられる患者さんが結構いらっしゃいます。という事はいかに説明に時間を取っていないか、そして患者さんと向き合う時間が限られていて納得のいくまで話しをされていないかがわかります。まぁ当医院は土曜日は時間が結構あって十分話しが出来る事にもよるんだとは思いますが、前にも書いたように、患者さんがセカンドオピニオンといっても結構、愚痴を聞いてもらいに来られていました。約30分くらいだと思いますがその内の25分は患者さんが喋って、こちらが聞き役。そして散々喋ってチョットお疲れが見えた頃にこちらが一言二言。
そして。一度お帰りになってもう一度先生とご相談くださいね、きっと先生も患者さんの為を思ってそう言われたんだと思いますよ。それから暫くするとその患者さんから電話でやっぱりそちらに伺います。ですと。別に私は特別な事を言ったわけでも、前医院の悪口などけっして言ったわけでもなく、ただただ、患者さんの聞き役に徹しただけが良かったのか?そしてそこで分かった事は患者さんは先生に話しを聞いてもらいたいのに聞いてもらえないという現実。これではいくら医者を増やしてもなんの効果もありません。今の医療に求められているのは昔のような町医者かそれとも赤ひげ先生か?先生方、看護士の先生方、そしてそのパラメディカル、パラデンタルの方々、どうか患者さんの話を今よりもう少しだけ聞いてあげてください。
そうすれば患者さんはきっと納得される事でしょう。

ページの先頭へ

2008年07月30日

安・近・短

今年の夏休みは安・近・短が賑わっていると言う。
一昔前にも同じようなフレーズが流行ったときがあったように思う。一時、老舗の旅館街が閑古鳥がないていた。なんてニュースでも報じられたりもしたが、ここのところのガソリン高騰で公共の交通機関を利用して、なおかつ近場でという方が増えたと聞く。旅行社の方に聞くと例年はゴールデンウィークにはもう夏休みの予約や問い合わせがあったが今年はガソリン高騰や、その他家計を直撃するような出来事が多くてそれどころではないらしい。そういえばお盆休みなんてのもあったなぁ。最近の企業は社員が順番に取るらしく一斉に休みというのは正月くらいと聞く。よく盆と正月なんて言葉はそろそろ死語になりつつあるのでしょうか。逆にお盆休みに働いて稼ごうという連中もいる。わたしもたまには働いて?休んで?生気を養おうかと思う。

ページの先頭へ

2008年07月29日

狼オヤジと呼ばれても

言わなきゃならない時もある。
最近ハマっている地震予知の話しです。
この頃、異常な暑さや突然の大雨、気象の異常に黙ってはおれなくなって気象庁のホームページをいろいろと見ていて地震関連のサイトから予知というところに引っかかりました。このコミュニティには全国各地の方がご覧になっているようですし、先日の東北地方の地震にあわれた方なども含まれていて他人事とは思えなくて全国の方にも頭の片隅に是非覚えていて欲しくてあえて何度も書いちゃいます。本日、最新のニュースが毎朝届くメールにて今までとはチョット違う緊迫感がありました。それは今週中か来月初めにM6以上の地震がまたあると警告メールでした。当らなければ笑われてもいいけど、もし来るなら突然に来るよりは頭の片隅にあの時のくらいあったほうがいいかと思ってここに書きました。日本は火山国、地震国。災害は最小限に止める努力は惜しむ事の無いようにしたいものです。それと最近の夕焼けは異常に色づいているように思うのは私だけ?狼オヤジの独り言。

ページの先頭へ

2008年07月28日

潮目が変わって問われる力量

前から自分の不幸を売り物?にしていた友人に、このところいささか潮目が変わってきたような雰囲気。
今までは逆風が吹けば吹くほどあれやこれやと動き回っておったのに、この頃は開き直ったのか、流れに身を任せる術を知ったのか、あまり騒がなくなった。
するとどうでしょうか、今度は向こうから仕事の話がどんどんと舞い込んで来るようになったではないですか。これこそ塞翁が馬です。しかしこの流れを取れないとまた元の木阿弥。経験をいかに積んでいるかがその人の力量を問われる事に。さた彼はこのチャンスをいかにものにするのでしょうか。楽しみです。

ページの先頭へ

2008年07月27日

がんばれ、がんばれ

久しぶりにちょっとイタイ病気の友人と食事をしました。まぁ結論から言うと、もうチョットやね。確かに以前よりは改善してはいるが、やっぱりもうちょっとって感じがしました。ここのブログにも同様な病気の方を身内に持っておられる方がいらっしゃいますが他人と身内はやっぱり見方が違うように思います。
他人だから、友人だからボロくそに言えるか、身内だからボロくそに言えるかは分かりませんが、私ははっきりと言いました。悪いけどはっきり言わせて貰いますって。あんたは甘い!!病気に甘えているって。
いつもいつも言ってるじゃないですか病気のセイにするなって。何でもかんでも病気のセイにして逃げているようにしか見えませんって。キツイかもしれないって思ったけども何度も何度も同じことの繰り返しではまったくもって進歩ナシ。だから期限を切りました。その期限内に答えを出してくれって。もう一人の友人も同様に賛成してくれていました。さてどうなることやら、良い答えを出してくれることを願うばかりです。

ページの先頭へ

2008年07月26日

先立つものは・・・

昨日は天神祭りでした。大阪は一年で一番暑い時を迎えております。昔はこんな事なかったのにねぇってみんなが口を揃えていっております。確かにここ数年の暑さは異常ともいえる暑さです。その上アスファルトやコンクリートからの照り返し、エアコンの室外機からの熱風。当医院の患者さんで避暑で海外に行っている方がおられます。久しぶりに日本に帰って来て、こんなんじゃ帰りたくないとおっしゃるようになりました。一人はハワイ、一人は東南アジア。初めのころはやっぱり日本がいいとか何とか言っておられましたが今では、先生も早く日本を脱出してくださいよって。
脱出できるものならしたいですよ。でもねお仕事があるでしょう。って言ったら、向こうでも仕事は出来ますよって。少しは心が動きましたが、言葉がねぇ、とか私は食事の好き嫌いがとか、でもやっぱり、結局は先立つものがねぇ。に落ち着きました。

ページの先頭へ

2008年07月25日

運を使い果たした?

友人に超ラッキーな奴がいます。
宝くじのナンバーズ3とナンバーズ4に立て続けに当ったのです。そんな馬鹿な事あるかい!って怒っても当ったんです。そんな彼は超バカ者なんです。
世の中には不公平というのはあるもので、彼などはその典型的な例だと思います。それも初めて買った宝くじ、そしてビギナーズラック。なんたる幸運者。
でも彼の偉いのはここでもう一丁、なんて思わなかったこと。よくよく考えてみるに、彼にはまず欲が無かった事。そして当ったらなんて全く考えてなかった事。そんな幸運な男が我々にご馳走をしてくれる事になったんです。いそいそと我々、悪たれ仲間たちはそのご馳走にありつく為に彼の指定した場所に行く事になりました。そしてタダでありつくのはいささか気が引けたので何か彼にそれぞれプレゼントを持っていこうという事になりました。何をご馳走してくれるかは分からなかったんで、とりあえず一人だいたい五千円〜一万円くらいのものでいこうかと話し合ってその範囲ないで収まるような物を買っていきました。
そして何だか高級感の漂う店構え。入るのにちょっと躊躇するようなお店。やっぱりカネが入るとこうも違うものなのかと恐る恐る入店したら入り口で当の本人がお迎えに。あら、エライこっちゃと恐縮しているとなんと彼からこんな一言が。今日は暑いのにわざわざ僕の為にだとか、ヒェ〜〜!なんだか怖ろしくなってきました。で、彼がこう言いました。折角、来てくれて何だけど今日はやっぱり会費制にした。何を?
みんなが呆気に囚われていると、ハイお一人1万円。
それ以上は僕が払うだと。招待された連中はみるみる顔つきが変わってきたのが分かります。楽しい雰囲気であろうこの会が一変、恐怖の飲み会になった事はいうまでもありません。連れの一人がこういいました。こんなんじゃ、誰がプレゼントなどやるものかって。そのとおりじゃ。そして誰かの音頭でその商品はビンゴゲームへ。7名が集まり商品は6個。当然、一人が当らない計算です。酒がまわれば言いたい事も言って
文句も言って、そしてお開き直前のこのビンゴ。
みんな(6名)の祈りはただ一つ。外れはこの主催者。そんな思いは天に通じるのか?ここで6名の祈りともに似た思い。そして一斉にクジ番号の商品へ。
世の中には神や仏はいるんですね。6名の願いを聞いていただけてハズレはなんとこの主催者。心の中できっと6名、同じ思いをしたに違いありません。そして
お開きにこの主催者から配られた一枚の封筒。中には今日の御礼となんと宝くじが10枚。その言葉にはこうかいてありました。(今度、この中の宝くじが当ったらまたここでこうしてお会いしましょう)
何故でしょうか、なかなか憎めん奴でしょう。

ページの先頭へ

2008年07月24日

確信しました

前から言っていました地震予知のお話し。
昨日、岩手県で大きな地震がありました。関連の地域の方にはさぞや心配の事とお察しいたします。
その前日に当方にあるサイトの方からメールで24時間以内でマグニチュード6以上の地震が起こる確率が80%という緊急メールが入りました。まさかと思っていたところその数時間後に本震があり本当にビックリしております。あまり信じない方には迷惑な話ですがやっぱり地震国の日本では備えに越したるものはありませんのでやっぱり無関心ではいられません。
いろんなサイトがあってどれというのはありませんが、もしも興味のある方は一度参考までに調べてみてはいかがかと思います。

ページの先頭へ

2008年07月23日

やっぱり親子やねぇ

前出の娘さんの続編。とあるヨットハーバー横にあるレストランで友人の娘さんが彼氏とデート中に偶然我々と出くわすという、まさに何万分の一の確立での出来事に遭遇してからの続編です。我々も同じレストランで食事をしていたとは彼女、彼氏は全くもって知りません。その後、そのオヤジは娘に彼氏とはうまくいっているのかい?って誘い水を向けたところ、うん、順調だよって答えが返ってきたそうな。それは良かったね、ところで、他にも素敵な人はいてないのか?って危ない質問を投げかけてみたそうな。するとそのお嬢さん、彼氏っていうかお友達ならたくさんいるよ。って。オヤジは思わずツバを飲み込んだとか。
パパも若い頃はいろんな人とお付き合いをしたことがあるんだよって、何だか危ない方向へ話が進んで行きパパの友達の彼は(私のこと)若いときに別の彼女とデート中に本命の彼女と偶然に出くわしてなって。おっと、待て待てそりゃ自分の事だろう。あんたが出くわしてしまって大騒動になっていまの奥さんにメチャクチャ怒られて間に入ったんは私でしょうが。・・
まぁ、いろんな人とお付き合いをするのもいいかも?
まったくこのオヤジは懲りておらん。するとこのお嬢さんが私にこう聞きました。おじさん(私のこと)パパの若い頃ってモテたんですか?と聞いてきました。
まさか本当のことも言えず、そうだね、そこそこかなって。言っては見たが腹の中では(おまえのオヤジの後始末はたいへんだったんだぞ)グッと堪えて顔で笑って心で泣いて、すると彼女がこういいました。今度また新しい彼氏が出来たんで食事に行く事になったのって。へ〜え、そりゃよかったね。でも帰りかけに彼女が小声で私にこういいました。おじさん、今度はパパとあのレストランには来ないでねって。オイオイ
あんたらすべてわかっとったんかい。知らぬはオヤジばかりなり。この親にしてこの娘ありか。

ページの先頭へ

2008年07月22日

時代の流れか?

近所の本屋さんが最近、閉店したという。コンビニやらで本を売っているし、いまの若い子たちは本=コンビニになっているらしい。都会の一人暮らしにはとても都合が良いのは分かっているし、無くてはならないところだともわかっているコンビニもこんなにも乱立してもいいものだろうか?私の自宅の半径500メートル以内には十数軒のコンビニがあるし、職場のオフィス街も同様くらいのコンビニがあります。夜中など明かりの無かったときなど暗くて危険な通りなど24時間開いているのは便利が良いけれど朝方など店の周辺などにはゴミが散乱しているという。友人のところがコンビニをやり始めた頃,よく利用していたがその彼がこんな事を言っていた。夜中のバイトがなかなか集まらないって。いくら時給がよくてもいまどきの子は自分の都合を優先するから今日はダメ。いついつはダメといってなかなか夜中の人が集まらないって。すると彼が店番にたってしまうので昼間は寝ておかないと体がもたないとも。初めは簡単に考えていたらしいけれどもこの業界も結構大変らしい。便利の裏側に潜んでいる苦労を我々は知らない。

ページの先頭へ

2008年07月21日

頑張れ我が体

ちょっとした休みも日頃無いものにとっては嬉しいはず、でも今日はちょっとヤボ用で代理のお参り。
こんな暑い日にも結構、お参りの人はいらっしゃる。
近年、夏はこんなにも暑かったかとしみじみ思う。
歳をとったせいか、いや根性がなくなったせいか。
普段からエアコンの効いた部屋での仕事ばかりだからか?昔はこんな暑い日にもゴルフに行ったり、釣りに行ったりと忙しく有効に時間を使っていたのに、最近は暇があったら体を休めることを常としている。
いかんいかんもっと体を鍛えないと。でもこの老体にムチ打っても次の日の回復は無理で、2〜3日後の回復をするようではやっぱり休息に時間を当てるのが正解かも。明日は火曜日です、でも体は頭はまだ休日のままかもしれません。頑張れ我が体、お前だけが頼りですゾ。

ページの先頭へ

2008年07月20日

そろそろ本当の事を

今、ゴルフでは全英オープンが開催されています。
TVでだけしか見ていないので現地のコースの起伏やアンジュレーションはわからない。ましてやリンクス特有の風に各選手が困惑。などと解説者のひとが声高々と言っている。いや、待てよ。今回の全英オープンいったい何人の日本人選手が出場してるんだい?
またいかにも優勝争いをするかのような言い回し。今回のことだけではないが、これから始まる北京オリンピックやチョット前にあったバレーボールの国際大会。事前の予想や前評判ではいかにも日本が優勝?いや上位に入賞?ってなコメントがいかに多かったか。でも実際はというとバレーボールは全敗、全英オープンは誰一人として日本人選手は予選すら通っていません。各メディアにも責任はあると思います。実際の実力を正確に伝えましょう。それが責任あるメディアの報道の仕方でしょう。いかにも期待を持たせてその気にさせる。でもいつも期待を裏切る。そんなことの繰り返しばかりでは視聴者はついてきませんよ。同じようなことが今の日本には多すぎる。いい加減な税金の使われ方や社保庁のデタラメ。こんなことばかりやっているから我々国民ももっと声を大にして言えばいい。そして謙虚に今の実力を考えればいい。やっぱりトップに立つもの血の滲むような練習をしているんですよ。結果はやっぱり上位の方がいい。でもほんの僅かな差は時の運?練習の差?いやはやそんな次元で話をしたら本当にまじめに取り組んでいる本人こそが今の自分の実力を一番知っていますって。だから必要以上の期待やそのデタラメの報道、決して選手のためにはならないと思いますが、どうでしょうか。

ページの先頭へ

2008年07月20日

近所の夏祭りの思い出

毎年この時期に近所の神社で夏祭りが行われます。
大阪の場合は愛染さんで始まり、天神祭り、そして住吉さんでおしまい。でも子どもの頃に比べてどこのお祭りも規模が縮小してきているように思います。
テキヤさんも様変わりで今の時代にあったような店がどんどん出てきています。昔はといえば、金魚すくいやヨーヨー釣り、綿菓子。それが今ではカードゲーム屋、デジタル化したテキヤさん何だか昔が懐かしい気がしました。昔、私の近所の氏神さんのお祭りはといえば小学校、中学校の終了式の日に始まり、彼氏、彼女の格好のデート場でした。祭りもそこそこに公にデートが出来てあいつとこいつが付き合っているなど冷やかされながら淡い思い出が蘇ります。花火の思い出も彼女と二人で神社の片隅で誰にも見つからないようにした思い出がありました。あれからン十年祭りなんてただ近所を通った時にああやってるな程度の気持ちしかなく、じっくりと感慨に浸る余裕もなく。気持ちの持ちようで自分の中で若くも歳相応にもなる様に思えてきます。あ〜ああの時がきっと初恋だったんだろうなって思っても後の祭り。現実に戻ると日々の生活や家庭生活でのギャップに線香花火の火玉が落ちたあとの空しさのような感じがします。ちょっとメランコリーな夏祭り。

ページの先頭へ

2008年07月19日

土曜日の診療は

一人でやっています。今までスタッフがいましたが2年前から一人でゆっくりとするスタイルに変えました。初めはなかなか時間がかかって患者さんに迷惑をかけましたが、このところだんだんと慣れてきて少しはスムーズに出来るようになりました。オフィス街だから土日は人が少なくていままで休診にしていましたが、昨今の事情であける事にしたんですが、初めのころは暇でどうしようかと思ったりもしました。しかし、ご近所のお店をされている方や土曜日のほうがゆっくり出来るといって来て貰えるかたに最近は平日の午前中よりかえって忙しいくらいです。ここでいろんな話しをしながら患者さんと向き合っていると、本来これでなければいけない何かが見えてきました。医者と患者。人対人。時間をかけても患者さんに納得してもらえる事が治療をするうえで何よりの大切な事のように思えてきました。ただ、日ごろ気がつかなかったスタッフの大変さもわかって、頭の下がる思いです。

ページの先頭へ

2008年07月18日

本日18日は観音さんの日

毎月18日は観音さんの日です。昼休みにいつもご近所にあるお寺で観音経の読経会があって参加させていただいております。老若男女(殆どが老男女)なんですが読経が終わってからのご住職の御加持を楽しみにされているみなさん。やはり月一でも心の洗濯にはもってこいのようです。観音経の上文、下文、般若心経と続き最後にいろんな仏様の御真言まで、約30分の読経なれど心身ともにリフレッシュ。午後の診療にとても役に立ちます。家ではなかなか仏壇にもお参りをサボリ気味ですが月一のお参りは欠かしたことがありません。皆さんも現世利益をお願いするもよく、日ごろの罪穢れを祓うもよく、心願成就をお祈りいたします。 合掌

ページの先頭へ

2008年07月17日

占いコーナーのある効果

ついついTVなどで占いをやっていると見てしまう。
別にそれによってどうこうはないのにである。全く勝手なもんで良ければ嬉しいし、悪ければ注意しようと思うし。やっぱり気にしないといっても気になるものである。そこで各チャンネルで言っている事は全く違ったりするとどっちを信じていいものかと迷ってしまう。星占い、血液型占い、いろいろあるがその中でもその日のラッキーアイテムなるものも気にしだすと厄介である。今日のラッキーカラーは?とか、ラッキーナンバーは?とかならなんとかなりそうだけれど、ラッキーメニューとなるとこれまた厄介きわまりないものである。ここ最近の私のラッキーメニューはといえば、今週だけでもカルボナーラ、酢豚、チャーシュー麺そして今日は海鮮チヂミ。こんなラッキーメニューは大好きだけどメタボな体型をただただ普通に戻すことに力を注いでいる者にとってはまったくといっていいほど悪魔のメニュー。友人に私と同様な奴がいて勝手な解釈で食事の2割を残すというバカげた発想のものである。最初はバカだとかなんだかんだと周りの悪友たちに言われながらも、段々と彼の体型が変わってきたからさぁ大変。我も我もと追随するものが現れました。食事を残すなんて事は我が家系の家訓にもなく、我輩の辞書にも書いてありません。しかし如何せんその効果たるや目に見えて現れると本当にあせりまくり。そこで私は考えた。彼のように急激なダイエットは体に悪い。自分に合ったダイエットをしよう。時間はかかってもいいから2割のところを1割にしよう。計算上は2割が1割になるという事は時間が倍かかるということかと勝手な解釈をしていたら周りの悪友の一人がこういいました。いやいやあんたが1割減らしたらやっと普通の食事量になっただけだと。う〜〜ん納得。でも普通に戻すだけでも私にとっては大いなるダイエット効果である。

ページの先頭へ

2008年07月16日

地震、雷、火事、・・

昔から怖いものの例えに地震、雷、火事、オヤジ。というのがあります。今では死語になりそうなのもあります。今ハマっているのに前にも書いた地震予知と言うのがあります。まだ国の見解では予知は無理のような発言ではありますが、民間レベルでは結構、信憑性の高いものもあります。先人たちの言い伝えや、動植物の観察などを聞いていると人間にだけ失われた第六感など(一部のひとにはあるそうですが)興味深いものもあります。まだこの他にも台風などもあります。気象衛星の発達などで予想進路もだいぶ当たるようになってきたし、時間的にも大体の到達時間もわかるようになってきたし。しかし地震だけは突然やってくるので非常に厄介です。そこで今ハマっている地震予知の分野での地震雲やら宏観現象っていうのが全国レベルでその情報網が確立できたら素晴らしいものになるに違いないと思います。現代の科学では説明できないものや事柄にもっと柔軟に対応出来れば大いに参考になると思います。日ごろからの注意や準備など怠ることなく常に備える事が大事なようです。気象庁のホームページなどを見てみると日本の各地で毎日、何かしら地震が起きていてTVなどで速報として知らせてくれるのはごく一部です。(何せ日本は地震の巣の上に位置しているんですから)このブログをご覧になっている皆さんの地域にもいつ起こっても不思議でない事を肝に銘じて非常食や非常持ち出しを確認下さい。

ページの先頭へ

2008年07月15日

プチアドベンチャー

決まった時間に家を出て、同じ道を通って仕事場へ
出る時間がほぼ同じだからところどころで出会う車も人も何となく顔見知りになってしまっています。
でも今日は何故だか道が超混雑。抜け道も横から入り込む車などで信号が変わってもなかなか前に進まない。近所の先輩と前後して車で走る事に。すると先輩から電話が。一度通った事のある道だが、ついて来るか?ってお誘い。いいですよ。後ろについていきますって返答して付いてきました。お互いの車にナビが付いているしだいたいの位置関係も分かっているので心配はしていなかったけれど、よくもまぁ、こんな道を知っているなというくらいクネクネと右に左に。一方通行、進入禁止、標識のオンパレード。やっとの思いで幹線道路に出てきました。たしかに早かった。でももう一度行けといわれても絶対に行けません。それよりも幹線道路をゆっくりと走って行ってもきっと5分と変わらなかったような気がしてなりません。でも同じ区内や初めて見る景色や町並みを新鮮な気持ちで見ていました。私の性格上、決まった道しか通らないし、決まったお店でしか買い物や食事をしない私にとっては今日はプチアドベンチャでした。

ページの先頭へ

2008年07月14日

結局、こうなりました。

あれからいろんなコンビニやらを探し回ったのに結果はどこにも置いていなかった。缶詰を置いている店ならと思っていた私が甘かった。そこでふと思い出した。そうだガレージにキャンプ用品がなおしてあるところにはあったはずだ。それからガレージの中をゴソゴソ。すると前に探していてなかったCDやら他の探し物を発見。夜中にラジカセをつけて暫く聞いていて、いったいなにをしに来たんだと気がついて、キャンプ用品のなかをまた探し始めました。思い付きから数時間がたった夜中の三時すぎにやっと炊事用具を見つけ無事に缶切りを発見。ここまで来たのも意地以外の何者でもなかったし、やっと見つけた満足感でほっとしたのもつかの間でした。風呂上りに体が火照って熱かったんでカキ氷を食べようとしてミルク金時をしようと餡子の缶を開けるために散々苦労をしたのに缶切りが見つかった時にはもう体の火照りも冷めていてもうどうでもよくなっていました。結局、昔のCDを2〜3枚車に入れ替えて気がつけば空が白んできていました。この拘りが良いのか悪いのか自分でも分からなくなっております。お騒がせをいたしました。

ページの先頭へ

2008年07月14日

たかが缶切りされど缶切り

さあ困った。家中探したけれど缶切りが無い。
そんなに使うことがないが無ければ困る。
缶詰を開けようにも開ける道具が無い。
ここで諦めようかと思ったが、そこが拘る私です。あちらこちらのコンビニではどこにも置いてない。缶切りなんて滅多に使うことなんかないけれど無ければこんなに困るとは思わなかった。便利なようで無ければコンビニも役立たず。そこで缶詰をどこかのコンビニに持っていって開けてもらうなんて事も考えた。近くの友人に借りることも考えた。しかしだ、こんな時間に缶切り貸しては無いような気がして躊躇していてなかなか踏ん切りがつかない。代品も家中探したがない、やっぱり諦めようか、しかしここまでやったし諦めがつくか?だめだやっぱり諦められん。
よし、こうなれば絶対に探し出してやる。24時間開いているお店もあることだし、意地もある。この続きはまたあとで。

ページの先頭へ

2008年07月12日

昨日の続き

禁煙タクシーとポイ捨てのマナー違反の話しの続きです。当医院の入っているビルはただ今、全館禁煙モードに入っています。だから当然、ロビーにあった灰皿もタバコの自動販売機も撤去されてしまいました。
でもトイレや給湯の一部でまだ姑息にも喫煙している人もいます。各部屋も禁煙で統一されているので結局吸いたい人はビルから出て行って吸う事になります。
お昼過ぎになるとビルの通用口を出た所などは喫煙者で結構混雑しています。携帯の灰皿を持参している人もいますが、掃除のオバチャンが言ってました。何かこの状態は高校の体育館の裏でみんなで集まってタバコを吸ってる高校生みたいだと。そこまでして吸いたいのかなって。ますます喫煙者には肩身のせまい今日このごろですね。

ページの先頭へ

2008年07月11日

喫煙、禁煙についてとマナーについて

最近、タバコを買うにしてもタスポとやらが必要で未成年の購入を阻止しようという動きがでてきている。自動販売機などでは売上が落ちてきているらしい。それに代わってコンビニなどの売上が伸びているのも事実である。以前にここのブログでも書いた事がありますが喫茶店やファミレスなどでも分煙のところが増えてきました。たまにタクシーにも禁煙タクシーなるものが存在するのも目にするようになりました。ここで、しかしだ。朝、通勤時に車で走っていると窓を開けて走っているタクシーを見かけます。この暑いのに大変だろうな、って見ているとそのタクシーの運転手さん、何とタバコのポイ捨てをしたじゃありませんか。お客さんに迷惑がかかるから、タバコの煙や臭いが残るからか。でもこれは公共マナーに反しませんか?そう思って注意して見ていると結構こういったタクシーを見かけます。これじゃ大阪のマナーが悪いって宣伝しているようなものでしょう。一部の人を見て全部がそうだとはいいませんが、このようなタクシーがあるのも事実です。

ページの先頭へ

2008年07月10日

セールスマンのルール

週に2〜3度は何がしのセールスが来てくれます。
まぁ、こちらが頼んだわけではないのですが。しかし最近のセールスマンの人も大変だとおもいます。でも古今を問わずセールスにも最低限のルールというものがあると思います。電話でアポを取るなり、受付で名刺を置いていくなり。いきなり来て、院長先生いらっしゃいますかと言って来てこちらの都合も無視して待合室で待つ。こいつはもう一度セールスのイロハから勉強をし直しと方がいいように思いました。アンタの都合はそれで良いかもしれませんが、そしたらこっちの都合はどうよ。って言いたくなってきました。日ごろは暇だから何なりとお相手させていただきますが、たまたま仕事が立て込むって事もあるんですよ。なのに気ばかり急くじゃないですか。あくまで自分の都合で動く奴にはこちらもそれなりに対応させていただきます。たかだか30分くらい待合室で待たせていたら入ってきた患者さんがこう言ってくれました。
先生、さっきの方が待合室で気持ちよさそうに寝てはりますよって。オイこら内の待合室は仮眠場所じゃないぞ。って叱りとばそうと思っていましたがあまりに気持ちよさそうだったんでそっとしておいて食事に出ました。もう諦めて帰ったと思っていたらまだ待合室でお休みでした。最後にそっとこう言ってあげました。そろそろ起きないと風邪をひきますよって。

ページの先頭へ

2008年07月09日

やっと日の目をみた

チェアーがあります。昔、巨漢の患者さんでチェアーに持ち手がないと不安だという患者さんの為に当時で最高級のチェアーを購入しその患者さんにはとても喜ばれました。しかし当時からご高齢で、入退院を繰り返しておられて2〜3回しか使用する機会に恵まれなかったかわいそうなチェアーにまたまた仕事をしてもらうチャンスがやってきました。うしろ姿はまるで関取。チョンマゲと浴衣があればまったくの関取体型の患者さんがいらっしゃいました。普通なら難なく上下するチェアーも上がるときはモーターがギっと悲しそうに悲鳴をあげているような音を出し、下ろすときはその逆でなんとスムーズに気持ちよく降りてくることでしょうか。こちらも少々、治療に無理な体勢で行うものですから終わった後では背中と腰が少し痛くなりました。これを良いことに昼休みにあの憩いの場所のマッサージに行って来ました。そして日ごろの善行のたまもの、若い女性の方に背中と腰をマッサージをしてもらいました。その終わりかけに聞いてみました。いつものl男性の方は?ってするとこういわれました。ただいま別の患者さんを担当しておりますって。やった、今日はラッキーだ。そう思って終わってお茶をよばれていると隣の部屋から男性の方が出てこられました。今日はどうも失礼しましたって言われたんで、いえいえ結構ですよ。またの時にお願いします。こう言ってふとその後ろにおられたのは今さっきまで当医院で治療されていたあの巨漢のかんじゃさんです。なんでもチェアーが狭くてなおかつ緊張していて肩が凝ったとか、これじゃ歯科医院に受診後はここでマッサージですかって言うと、そのかたもわたしの治療のあとは肩が懲りますかって聞かれて返答に困りました。

ページの先頭へ

2008年07月08日

あなたはどっち?

昨日、友人とこんな話で盛り上がりました。それは
友人が入れ込んでいる飲み屋のオネーちゃんに彼はこう言われたそうです。あなたの事はお友達として大事な人ですって。それってどうよ。彼曰く、こうも言われたって。あなたの事は嫌いではないって。そんな事で彼はちょっと満足していましたが、まてまて、よ〜く考えて見ましょうね。あなたの事は嫌いではない。という事は好きって事かというとそれも違う。あなたの事は嫌いではない、の後に好きでもないって付けばそれはどっち?好き?嫌い?まぁわたしにとってはどっちでもいいことだけど、相手はその道のプロ。言葉遊びに慣れている玄人さんですよ。結局、よ〜〜く考えさせられて彼はますます深みにハマって入っているようです。ご愁傷様。こっちで見ていてアブナイって所の一歩手前でお助けいたします。それまでは適度にハマって置いてください。傍で見ていてハラハラなんていたしません。バカだなぁとも思いません。純な彼だから出来る仮想恋愛。ちょっと羨ましいかな。

ページの先頭へ

2008年07月07日

今日は七夕

だんだんと歳を取ると季節感が薄れてきて感動もしなくなって何だか寂しい感じがします。今日の七夕だって子供のころなどはいろいろ夢があったようにも。夜空を眺める事も少なくなり、数年前に知り合いの子供たちを連れて奈良県天川村にキャンプをしに行ったときの満天の空に輝いていた星。子供たちの驚きにも似た感嘆の声。いつまで経ってもその場所を離れようとはしなかった事をこの七夕になると思い出します。大阪では星空を見ることさえままならず微かに数えるほどの星を見るに留まっています。今なら昨日も書いたようになぜか探すのは地震雲。これも何だか寂しいような、悲しいような。

ページの先頭へ

2008年07月06日

最近ハマってる事

最近ハマっている事のひとつに、地震予知というのがあります。勿論、現代の技術の粋を持ってしても完全な余地なんて出来ないことはわかっています。緊急地震速報とか昔では考えられなかったことがだんだんと現実化されつつあります。その中でも昔から言われているような非科学的な事かも知れませんが、知らないより知ったほうが良いと思って調べていくうちにちょっとハマってしまいました。例えば地震雲。阪神淡路大震災の直前にもきっちり現われた地震雲は有名です。また地震の少し前からの動植物の異常行動。井戸が枯れる、温泉の水温が変わる等です。気象庁のホームページ等を見てみると日本国中で毎日どこかで地震はおこっています。それの前兆現象としての全国各地の人たちからの報告を見てみると、半数は間違った雲や体験などですが中にはこれちょっとマズイんじゃないのってのがあったりします。その報告や写真をあとで調べたり、時系列に並べてみたりすると意外と信憑性の高い報告があったりします。天災は忘れた頃にやって来るといいます。常日頃から備えあれば憂いなしですぞ。今日の書き込みには関西地方で注意、後は北陸方面と有明海方面。外れることを祈ります。

ページの先頭へ

2008年07月05日

歯科相談その2

今日の歯科相談の患者さんです。まったく歯を削りたくないってどこの歯科医に言っても相手にされないって言ってこられました。当たり前です。口を開けたくないけど治療はしてほしい。こんな無理難題を言われてもはてどうしたものかと考え込んでいました。
結局、いろんな話しを聞いたげて気がつけばあれこれ三時間あまり。11時に本日の患者さんが終わったからいいものを、結局、最後まで他の医院の不平、不満を述べられました。最後にこんなに話しを聞いてもらったことは無い。って言われたけれど、こっちもこんなに聞いた事はありません。たまたま時間があったのと昼からゆっくりとレセプトをしようと時間をとっていたのでできたんですけども。本当に毎週こんなんだったらチョット考えものです。でもよくよく患者さんは先生に話しを聞いてもらえないんだなぁって思った次第です。はたして当医院では患者さんの話を聞いてあげているんだろうか? ひとのフリみて自分を直せ

ページの先頭へ

2008年07月04日

同級生にもいろいろ

幼稚園から大学まで多くの同級生がいます。
そのうちいくつかの同窓会の役を仰せつかっていますが、最近その同級生の中に体調を崩して仕事を休んだり入院をしたりしている同級生がいます。また、残念にも亡くなった同級生もいます。仲の良い連中とは電話やメールなどで連絡を取り合っていますが久しぶりに会った連中はといえば、やっぱり同じよう悩みなんかで共感することもあります。まず健康問題。私も含めて最近老眼で細かい文字もシンドイ。また体型も昔はスリムなんて自慢していた奴が今では一番のメタボ体型。腹の周りに肉が付くのにだんだんとお頭は少なくなってくるとか。記憶力にも陰りが。アレ、アレって頭では分かっていても名前が思い出せない。さっき尋ねた事をまたまた繰り返し尋ねるとか。みんな同じような悩みを抱えているんだなぁってお互いを慰めあう。そこに一人悠々自適な生活を送っている奴がいます。別に齷齪、働くでもなく、仕事は家族が食えるだけあればよい。趣味にいろんなことに時間を自由に使って他から見ていると超羨ましいように見える奴。かれに聞いてみました。何か不安や不満ってないんかい?彼曰く。不安や不満を言ったら限が無いんで、そんな事は思わんようにしてるとか。エライ奴やなぁと感心しているとそいつをよく知るほかの同級生がこう言っています。なにを言うてるんや。あいつはアレが演技やないかと。ここにいる連中の中で一番の心配性で一番のビビリやないかとも。はっはぁ〜ん我々を焦らせておいて自分はそんなまわりの焦りを楽しんでいるってことですか?でもいいじゃないですか、
 自分を育てるものは、結局自分以外にはない。

ページの先頭へ

2008年07月03日

友人その11

最近友人になったと言うか、昔から知っていたんですがなかなか話す機会がなくて挨拶程度の人がいました。彼の職業はプロの落語家。知ってはいましたがそんなに親しくはなかったんで気にも留めなかったんですが、その行きつけのお蕎麦屋さんのお互いに常連さんでした。偶然にお店で会って、エェ、どうしてここに?って訳でぐっと身近な存在に。職業が違えども仕事に対する情熱はお互い一緒。という事で意気統合して喋りこんでしまいました。相手はお喋りのプロ。でも舞台と日常は別物。あたりまえだが、日常までもが面白かったりしたら舞台がシンドイ。なるほど。それも一理あるとへんな納得で店の大将と三人でお喋り。結局は大将が一番よく喋っていたので、誰が噺家かわからんねぇ。ってことになって、蕎麦一枚で散々話し込んで閉店時間なんかとっくに過ぎて少々、小腹がすいたのでもう一軒近所のお店をハシゴして帰りました。そこで聞いた面白いお話しはまた今度。お互いの業界内部の話は参考になるというか、納得するというか、内部の人しか分からない話がありました。

ページの先頭へ

2008年07月02日

何だかいろんなところに影響が

出てきています。それは値上げ。
行きつけの大好きなお蕎麦屋さんでのこと。友人と久しぶりに待ち合わせをしてお蕎麦をいただきに。いつものやつって頼んで運ばれてきたお蕎麦。一口食べて
ンッ??って感じ。何かが違う。週に2〜3回は食べに行っているいわば我々は常連さんですよ。その二人が同時に??って感じで蕎麦の味が変わった?そう思わず感じました。店の大将に何か変わった?って聞いてもいいえ何にも変わってないですよだって。そんなはずないでしょう。だったら我々の舌が変わった?私ならともかく友人の舌は騙されませんゾ。彼の舌はどんな微妙な変化も察知してしまうほどの優れもの。きっとつなぎの小麦粉か何かの量が少し変わったんだろうと一人で理由をこじつけてその場は納得。その帰りのスーパーでいつもの品を買おうとしたら、値段が違う。そうですすべての商品が値上げしていました。TVなどでも繰り返しに言っている値上げ。こんなに身近にアップされると少々キツイかも。私個人的には値段が同じで量を減らして欲しかった。そのほうがダイエット効果が期待できたのに。値上げに託けた便乗ダイエットをしようと思っていたのに。

ページの先頭へ

2008年07月01日

ちょっとおかんむり

どの医療機関でも待ち時間はあって当然だと思うのですが、その間に薬を渡す順番が変わることだってあるし、中での診療に時間のかかることだってあることくらい分かっていますが、今日行った内科の診療所は酷すぎました。待合室の患者さんの話では(ここは30分や1時間の待ちはあたりまえ)だそうです。
サラリーマンやOLさんを相手に診療していると時間をすごく気にするし、ちょっと時間のかかる患者さんなら次の方に一言、声をかけるし、そのくらいの心配りや、気配りってあっても当然でしょう。私の前の人は二人怒って帰ってしまいました。そしたらそこの受付はその方の診察券をなんと破ってゴミ箱へ・・・
唖然としてみていると今度はこちらに。先に会計してくださいだと。まだ診察も受けていないのにいったいどんな会計だろうと思って今日はいくら?って聞いたら前回と同じだそうです。まだどんな治療かもわからんし薬も変わるかもしれないのに、自分たちの時間の都合で会計を早めたり、あってはならん受付の態度。
まぁこんな事いつまでも続くはずはありません。患者さんもよ〜く分かっていらっしゃる。いずれこういう診療所は淘汰されていくことでしょう。院長先生は気さくでいい方だけどもその取り巻き連中がこんなんでは決してよい診療所ではありません。我々の業種もいわばサービス業です。マックやミスドのような接客態度はいらないまでも同じ医療に携わるものとして少々苦言を呈したいと思いました。

ページの先頭へ