2008年11月30日

出張は日帰りで

友人のケアマネージャーと広島の特養の施設長と懇談に行きます。日帰りの広島出張は少しハードかも。
だんだんと話が具体的になってきています。
まぁぼちぼちやりますわ。

ページの先頭へ

2008年11月29日

他人の芝生は青く見える?

昨日友人が会社を引越しした。
引越しの専門業者を頼めばいいものを身内だけで引っ越すなんて無謀なことを考えていた。かわいそうなのは借り出された後輩たちで食事に釣られて手伝いに来てくれた。たった数十メートルの引越しといえども台車には乗らないモノや専門業者でなければ運べない者まで無理やり運ばされたと後輩が言ってました。
今度の事務所の方が狭いが機能的にはこっちの方が動きやすいような気はしました。当医院の入っているオフィスビルでも今までに何軒も引越しをされた会社がありました。同じ家賃なら広さが倍になった所も、また同じ広さなら家賃が半分になったと喜んで話されていました。でも我々はそうは行きません。何せ設備が簡単には動かせないし。こんな時に自宅開業の友人が羨ましく思えてなりません。しかしその友人は一度はビル開業がしてみたいなんて贅沢な悩みを言っていました。自宅だと急患が夜中にやってくることもしばしばあるそうで、賃貸のオフィス開業ならそんな事はありませんから。本当に無いもの強請りとはこのことです。

ページの先頭へ

2008年11月28日

歯科医療の現状は・・・

気が付けば11月も診療はあと1日。
何気なくコンピューターのレセプトチェックをしてみて我が目を疑った。確かに今月は祝日が二日あったとはいえ昨日の時点での患者さんの数、点数を見て思わず息を呑んでしまった。そこそこ患者さんが来て頂いていたと思っていたのに実際の数字を見たらアララ。
確かに月末の支払を見ても今月は少なかった。技工の支払も確かに少なかった。まぁこんな事もあろうかって勝手に考えていた。でもいざ実際に点数で確認してみるとやっぱり不安になってしまう。
今日来た新患さんはご近所の先生に診て頂いていたけれどもう診療所を閉めるからって紹介状をもってこられた。どこもみな大変なんだなぁって思う。他人事ではない。何故にこんなにみんな治療に来なくなったのか。やっぱり不況が影響しているのか本人3割負担が影響しているのか。昔は歯科医の数も少なかったとはいえこんな状況になろうとは誰が想像したでしょうか。
産科の医者が少ないとか、急患をたらい回しにするとか歯科では考えられないことである。駅前の一等地には歯科医院の看板があって、どのビルにも歯科医院が入っている状況で競争は仕方ないにしても共倒れだけは避けたいものです。

ページの先頭へ

2008年11月27日

あ〜やっちまったな

今、このブログで結構長い内容を書いていて、何度も何度も読み返してようやく「この内容でブログを書く」をクリックしたとたん、あっしまった!タイトルを入れ忘れた。苦心して入れたのに、一時間もかかって入れたのに、それもこれもみんなパー。
だから今書いた内容は今回のブログには不必要って事だと理解して反省の意味を込めて書きました。
みなさん、くれぐれも初歩的なミスにご用心あれ。

ページの先頭へ

2008年11月26日

悔しい思い

一昨日、断食終了時に宿坊で体重を量った時は79.9キロありました。何人も証人がいます。記録も残っています。だから間違いがありません。尚且つ体脂肪計やらBMIやらいろんな機能の付いた最新式の機械です。よく見れば我が家のと同じメーカー。それも家にあるのより一つ最新型です。なのに、なのにどうして???家で量ったら80.4キロ。山から下りてきただけで、500グラム増えるんか?ん〜〜分からん。あれは夢だったのか?神か仏が修行、頑張った、エライぞって夢を見させてくれたのか?いやいや、有頂天になるなって戒めか?とにかく家で定時に量ったときには確かに80キロは切っていませんでした。
ここに謹んでご報告申し上げます。  残念無念。
でも気を取り直して確かに80キロは切れなかったが80台には違いありません。フムフム、夢の70台はもう手の届くところに来ています。一気に切るか、いやいやじっくり焦らずに切るか思案中。でも気を緩めるとずるずると戻りそうで怖い気もしますがここまで来たんだから焦らずにやりますよ。
山の上では気圧や高度関係で地上とはかわるんだろうか?何も口に入っていないのに体重は増えるんだろうか?いろんな原因を考えていたら昨日は寝つきが悪かったんです。

ページの先頭へ

2008年11月25日

初体験

今日は25日。世間では給料日。
初めて銀行なるところへ行ってきました。まぁ近くにある信用金庫なんかは両替に言った事があるくらいで、キャッシュカードも持ってないし、クレジットカードも持ってはいるが使ったことがない。笑われるかもしれないが今まで銀行なんてもの、行員さんが月末前になると通帳を預けておけば持ち帰って現金を持ってきてくれていました。そこの銀行も人減らしか行員さんの数が減ったみたいで窓口まで行かないと行けなくなりました。いつもは家のものが行ってくれていたんですが本人確認とやらで本人が行かないと行けなくなりました。そこで先ずビックリしたのがキャッシュコーナーの人の列。30人以上並んでいるではないですか。最近はコンビにでもお金を下ろせるらしくて当院の女の子たちはもっぱらこっちを利用しているとの事。そんなことも知らずにコンビニを利用してました。何から何まで初体験でした。

ページの先頭へ

2008年11月24日

楽しみは後に取っておこうっと!!

昨日、ハプニング発生で一時帰阪したので一番大事な合掌行が出来ませんでした。この合掌行は両手を合わせた状態で般若心経を40分唱えるという荒業。すると指先からゴットパワーが出る様になると言うただ40分といっても一人では絶対無理で、今回の参加者27名で行う集団合掌行。この寒い季節にも関らず、全員汗ビッショリ。そして最後に明けの食事。まず、丼いっぱいの水を飲み、続いて梅干を入れた梅湯を4〜5杯、20〜30分するとお腹がゴロゴロ、グルグル鳴ってきます。そして一回目のトイレ、その後大体、梅湯を飲んだ杯数のトイレへ。その都度、ジュース、ヨーグルト、野菜、果物、チーズ、最後に羊羹。
こんな食事を断食明けに行うのが「野口式断食法」です。この方法なら三日で腸内の宿便を取ることが出来ます。もっと知りたい方は「野口法蔵」で検索してみてください。 で、気になる体重はまだ量っていませんが帰る直前に宿坊で計ったときには何と夢の79.9キロでしたが、家の体重計で毎日の同じ条件で計測してみます。その結果は次回のお楽しみに。

ページの先頭へ

2008年11月23日

ハプニング発生

朝から緊急のお呼び出し。
4時起床、6時勤行、7時から止観行。
折角の修行三昧の日々を送ろうとしていたら家から宿坊に電話が。携帯も届かない所に宿泊していたんで家から直にお寺に電話がありました。
患者さんが事故で救急に運ばれたって。そこで応急処置はできても歯科の領域は歯科医に診てもれってくれって。家の電話を知っていたので朝から自宅へ電話がありました。結局、山を下りていま診療所で患者さん待ち。いったい何があったんや?大事故でも起こしたのかしんぱいではあるが、電話で喋れるくらいだから・・・今日は吉野山は行楽客で賑わっていました。それを横目で見ながら山を下りてくる途中の車の渋滞の列。帰りは逆方向だからまだましか。
これもしっかり治療しなさいって言われているようですべては患者さんのため。仏さんが言われているような気がしてきました。

ページの先頭へ

2008年11月22日

さあ 今回はどんな出会いが・・・

断食修行も10年を過ぎ11年目に入ろうとしています。初めての参加の時お寺に集まったのは7名。
それも私以外全員坊主頭の本職のお寺さん。
彼らは健康断食って事で始めたんだと思いますが、止観行はそれこそプロ。お経を読むのもプロ。こちらは何もかもが初めてのド素人。ついていけるのか心配していたのになんと10年という日が過ぎて行きました。いつの間にか最多出席者になってしまい、新参の方のお世話をする側になってしまいました。
全国各地からお山に集合されて二泊三日の共同生活。
おなじみさんの顔もあれば、久しぶりの顔も、そして嘗ての私のように初参加の不安を抱えた方もいらっしゃるでしょう。いったんお寺に入ったら、その方の地位も身分も全く関係がありません。ひとりの修行者として共同で生活をして満願を一緒に迎えられることの喜びを共有しようではありませんか。本来の目的のダイエットで来られる方。また精神修行を目的に来られる方。さまざま目的は違えども達成感は同じです。

ページの先頭へ

2008年11月21日

恒例の秋の断食会へ いざ出陣

明日から年に二回の断食修行。
昨日から食事制限を始めて今日からいよいよ断食開始。今年は一ヶ月遅れの11月の断食会。お寺に聞いたら朝は0度だそうです。5時起床の6時から勤行。
吐く息は勿論、身も凍る冷たさ。お経の教本を持つ手が悴んで捲るページもブルブルと震えてくることでしょう。体重はコレに合わせた訳ではないが後、1キロで念願の70台。今回ばかりは行くのがこんなに楽しみな断食会はありません。2〜3日このブログもお休みさせていただきます。さて、いったい何キロ減になっているんでしょうか?お山は紅葉が今が見ごろとか、お寺に篭って止観行三昧。精神修行ならこれが一番。

ページの先頭へ

2008年11月20日

たまには英語の歌詞でもいかがですか?

The eastern sky becomes quiet
Morning comes and melts the darkness
You're standing by the window
Gazing at some far building's antenna
On a day so clear it'll make you cry
You look so good
With your hair cut short
Hey, smile for me once more
Let's make ours an amazing love
As if it were like a first kiss
Sha la la la
Even if these aren't words
My emotions will always be clear
As the days passed by
I kept waiting for each morning
I probably can't find it alone
The light that will never go out
Everything i've lost until now
Was exchanged for pain
I won't give up anymore
Nor will I run away
Let's find out what true love is
We can even share our loneliness
Sha la la la
We're finally connected
Tow hearts beat inside me
Let's make ours an amazing love
As if it were like a first kiss
Sha la la la
Even if these aren't words
My emotions will always br clear
Through our days
We should head out soon
I'll wear a pure white shirt
Sha la la la
Todays a new days
Let's go out into its radiant light
Let's find out what true love is
We can even share our loneliness
Sha la la la
We're finally connected
Two hearts beat inside me
Let's make ours an amazing love
As if it were like a first kiss
Sha la la la
Even if these aren't words
My emotions will always be clear
I'll take care of you


何だか入学試験の英語の長文みたいですね。
これは私の好きなSkoop on SomebodyのSha la la
って曲です。

ページの先頭へ

2008年11月19日

誰のための??忘年会

毎日、体重の管理は怠ることなくチェックしています。現在は81〜82キロで推移しています。
もっとも多かった時に比べればー13キロなんですが、ここまでくれば欲が出てきていっそ70キロ台なんて夢のようなことを言っていたのに段々とそれが現実に近づいてきています。今考えれば9月の終わりに何となく計った体重が過去最高になっていたことに端を発し、そこの院長に相談をしたのがことの始まりでした。10キロ減ったら何かプレゼントしようって約束も、夢の70台になってから大々的に、派手にどこかのお店を借り切ってドンチャン騒ぎをしようとみんな虎視眈々と狙っております。あちらこちらとお店の候補もさっそく名乗り出てきて?くれました。
オイオイまだ到達していないって言っても彼ら、彼女らはここまで皆さんにお知らせしてしまったら、後には引けないでしょうって。  オマエら本気やな。
よ〜し分かった、男に二言は無い。やってやろうじゃないですか。夢の70台。そのー15キロは目前。
でも何でそんなに私のために応援してくれるんだろう?  ん?何ですか?10キロ減しても個人個人に大したものをくれそうに無いって、そこで皆して連携して私を持ち上げておいて大パティーをしてくれるんですか。悪いなぁって言ったら。何を言ってるんですか勿論招待されるのは私たちで先生は参加したけれ参加してくれてもいいけど支払はそっち持ちでお願いしますだと。それに15キロ分の商品を付けてってですか。今、名乗りをあげているお店は、鉄板焼き屋さん、フランス料理店、高級割烹、ふぐ屋さん・・
なんでこんなによくも高いお店ばかり候補にあがっているだろうか?って思ったら、分かりました。
後ろで糸を引いているのはここの院長先生。
最初は看護師だけの話だったのにいつのまにかそこの診療所全員参加になっているではありませんか。
それならいっそ忘年会と兼ねましょうか?だって。
いい加減にしろよ、でもその時のハチャメチャぶりは今から想像できてしまうのが怖いです。

ページの先頭へ

2008年11月18日

心にポッカリ穴が開いてしまいました。

この季節になると喪中ハガキが毎日のように届きます。当たり前のように何気なく見ていて思わず息を呑んでしまいました。その中に私の大学の恩師のハガキが入っていました。思わず内容を見る前に心の中で本人さんで無いように、他の身内の人には悪いですがそうであって欲しいという願望も空しく、奥様からの差出でした。毎年、年賀状のやり取りしかしていなくついついご無沙汰ばかりで先生には会わせる顔が無いと常々、言っておったんですが。風の便りに体調がすぐれないという事を聞いていたんですが、まさかこんなハガキを頂くなんて・・・
この先生は母校の高校の校医をされていて、大学の入学してすぐに挨拶に行ったときに、本当に心から喜んでいただきました。公私にわたりいろいろと指導頂き本当に感謝いたしております。この先生からいつもこのように言われていたのを思い出しました。
「わしはなぁ、助教授を二十数年やっとるがなぁ、やっぱり教授にならんとアカン。」
「助教授は所詮、昔のことで言えば城代家老じゃ。けっして殿様、城主にはなれんのじゃ。」
なんだか恨み辛みにも聞こえますが、今、焦ってことを起こすより、じっくりと力を貯めよ。って会うたびに言われたのを思い出しました。また、学生時代のコンパにもよく参加していただき、よく飲みにも連れて行ってもらいました。人一倍、健康に注意されて、奥様とも非常に仲良くされていて本当に我々若いときにも卒業してからも面倒を見ていただきました。
あの当時よくお小言を頂いたことが今になってみれば身にしみて分かる歳になりもっと叱られておけばよかったと後悔しております。先生に教えられたいろいろな事が何一つムダに思えることなくここまで導いていただき本当にありがとうございました。あらためてご冥福をお祈り申し上げます。
先生、有難うございました。    合掌

ページの先頭へ

2008年11月17日

こんな方法でお金を使おう

街ではそろそろクリスマス商戦に突入しようとしています。昨日、買い物にショッパーズモールへ行きました。飾りつけもラッピングもクリスマスバージョン。
気持ちまでセカセカ、焦ってはいないのに何だかせかされているように感じてきました。
昔はパー券なるものが出回っていて会社、仲間内で買わされたものです。最近は各家庭で(本宅)でする人が増えたとか。飲み屋が流行らなければ日本の行く末は真っ暗だと言う我が友人。365日お酒と切っては切れない関係にあるその友人は会えば必ずこんな話をします。確かに友人の飲み屋さんに聞いた話では、役人さんが飲みに来なくなってから一段と売上が減ったと言っていました。マスコミなんかは役人が我々の税金で飲み食いしてケシカラン!ってこぞって言いますが、でも誰かがお金を使わないと世の中にお金がまわって行きません。タダで飲み食いは確かにケシカランとは思いますが、それで世の中にお金がまわってみんなが潤う、コレが無ければ本当のただ食い。あとでこんな奴らは給料からキッチリ徴収してやればいいんじゃないでしょうか?  風が吹けば桶屋が儲かる。
こんな諺も今では死語になっているんじゃないでしょうか。今回出る?らしいといわれている、給付金ですか、そんなもの詐欺師の格好の餌食になる前に、伝言ゲームのように貰ったら3日以内に使わないと倍返しってな具合にすればお金は貯金にも出来ないし、倍返しなんて堪らんってきっとみんな使うようになるんじゃないでしょうか?

ページの先頭へ

2008年11月16日

静寂を望むのは無理なんだろうか?

朝から雨模様。のんびり盆栽いじりで一日を過したいって思っていたら、メールが山ほど、着歴が山ほど、なんでゆっくりした日曜日にはしてくれないんだろうか?
嵐の前の静けさか?はたまた・・・そうだ一度、携帯の電源を切っておこうか?そうしたら煩わしい事に引っ張り込まれたりしないんじゃないかな?
 さて午後からはどうなることやら。

ページの先頭へ

2008年11月15日

怒らんヤツが怒ると怖いゾ

友人の中におとなしい人がいます。
滅多なことでは怒らない男が久しぶりに怒りました。
彼曰く。ペットも大事だがペットが仕事や住処を紹介してくれるんか?って。おっと、おとなしいヤツが言うと迫力があります。いつもごちゃごちゃ言っている我々なんかだとまたか、で済ませられてしまうのに、
たまに怒られると親身に答えるようでした。
私もいつもいつもプリプリしているよりもここぞと言う時に怒ってみようかって思いました。
でも心機一転これからの新しい生活に早く馴染んで欲しいものです。そのまえに、いる物といらん物を早く分けておけって言われてこっちまで堪えました。
明日は久しぶりのお休み。体重も順調に維持して現在82キロあと2キロで待望の70キロ台です。そして来週は待望の断食ウィーク。ご期待あれ。

ページの先頭へ

2008年11月14日

昨日の続き

友人にこんな事を言われました。
喧嘩はひとりでは出来ません。相手のあることだからもう一度よく考えて行動を起こせって。何となく思い当たる節がありました。ここでそのことを整理するとこうなります。他人の喧嘩と肉親の喧嘩。大きく分ければこうなります。親子、兄弟の喧嘩はいっても肉親だからすごい喧嘩をしてもそれこそ殴り合い、取っ組み合いの喧嘩も言ってみればじゃれ合いの延長だと。
しかし他人の喧嘩は夫婦にしたって、嫁姑や友人同士にしたって所詮はあかの他人です。ここで本当の線引きが出来てしまうのではないでしょうか。同じDNAを持つ者どうしどこかできっと落としどころって分かっているように思います。上げた拳の落としどころって言うか、収め処を。しかし他人様ではそうはいきません。きっとどこかの心の片隅に引っかかりを持ったまま付き合い続けていかなければなりませんから厄介です。
でも若い時なら何事にも白黒を付けたがる性格からかキッチリ思いの通りにならないと気が済まなかったけれどだんだん歳を取るにつれ円くなったのか、それとも邪魔くさくなったのか気力があっても体力が付いていきません。だから所詮喧嘩と言うものどちらに転んでもけっして良い結果を導くことにはならないと言われました。夫婦なら離婚。友人同士なら絶交。でも肉親なら切っても切れない関係は続くものだという事になりました。
諺に、喧嘩するほど仲良い。っていうのがありますがはたしてその通りにいくのでしょうか?

ページの先頭へ

2008年11月13日

何か良い解決方法は・・・

夫婦喧嘩、兄弟喧嘩、親子喧嘩、嫁姑喧嘩、友人喧嘩・・・いろんな喧嘩がありますがどれもこれも最初はボタンの掛け違いが発端とするものが多いようです。相手のあることだから気持ちと気持ちのぶつかり合いはあります。言葉のやりとり、つい手が出てしまうケース。さまざまな事がありますがやっぱり、どのように解決するかでその意味合いが変わってきます。
どこまでも相手を責めても解決するならそれでいいが、逆に窮鼠猫を噛む式に開き直られたらたまったものではありません。台風が過ぎ去るがごとくじっと耐え忍ぶか、それともすべてを認めて素直に謝るか。
それでもこれで水に流す、って言われても後々、ジワジワとチクリチクリと言われたんではたまったものではありません。

ページの先頭へ

2008年11月12日

友人の引越しで分かった事

今日友人が引越しをします。
前にも書いたようにペット同伴です。なかなか今の住宅事情ではペット同伴は難しいみたいでした。
たまたま友人の持っているマンションが一部屋空いていたので、そこに一時的に引っ越すことになりました。そして引越しの方法で昨晩にもう一人の友人と話し合いをしました。準備などの話は簡単に終わりましたが、その中でこんな話しが出ました。
チームワークを乱す人が一人いると周りの人にまで影響を及ぼし、ついには全体までもがおかしくなってしまう。解雇理由を明確にして法律にのっとって一ヶ月前に通知して、一か月分の給料を渡して勤務に来させない。来ると回りの人にもけっして良い影響を及ぼさないので即刻、出社禁止にする。こんな話になっていました。人にはそれぞれ思惑があって意思の統一や思い入れの度合いによって考え方が違います。
ただ、小手先での誤魔化しはいつかはばれるものです。遅かれ早かれそうなる事は分かっていました。

 天知る 地知る 人知る  です。

ページの先頭へ

2008年11月11日

いつも直前ドタキャンの対処法

昨日、定例の食事会がありました。
今回の幹事は私でした。創作料理のお店で開催されました。案の定、直前になってドタキャンしそうな奴が出てきました。
「おい、ちょっと風邪気味なんやけど」
「そう、大丈夫か?」
「アカン、ちょっと熱があるみたいや」
「そら 大変やな」
「欠席してもええか?」
「うん、ええで」
「そうか 悪いな」
「でも 当日キャンセルは会費100%やで」
「ええっ!」
「会費 取るんか?」
「あたりまえや」
「何とか ならんか」
「ならん」
「そこを なんとか」
「何とも ならん」
「・・・」
「どうするねん?」
「・・・」
「そしたら欠席やな」
「ちょっと待って」
「どっちやねん」
「そしたら 行くわ」
「そしたら 最初から行きますって言え」

こんなやりとりがあって彼はシブシブ参加しました。
その電話の最後に彼はこう言いました。

「参加するのはいいけど、あとで飲み屋へ行かなアカン。そのほうが高くつくねん」
「知るか そんなん」
「そこのママ 怖いんや」
「知るか そんなん」
「まぁ ええわ どっちみち行かなアカンのやから」

もう次回からオマエ 参加させへんゾ。

ページの先頭へ

2008年11月10日

当るも八卦、当らぬも八卦。

友人の一人に占い師がいます。
いつも一緒なんですが占いを信じる信じないでいつも口論になります。
大体占いというもの様々なジャンルがあって四柱推命、タロット、姓名判断、風水、星座占い・・・
例えば四柱推命。生年月日から導き出すものですがこれってある種誰が占っても出てくる答えは一緒のはずではないでしょうか。また星座占いなども一年を十二等分したら誕生日の近くの人はいつも同じ答えが出てくるとしか思えません。ただ、タロットのように毎回カードを引くには同じものが出るとは限らないのでコレなら少々、信じてもいいかとは思いますが・・・
またこんな友人たちがいました。それは同級生たちで会社を興して最初は順調に来ていましたが男厄(41歳〜43歳)では全員が厄年。一人でも怖いものを全員が厄年だったため結局解散するはめになってしまいました。それに一時ブームになった天中殺。これなどもブームが去ってしまえばどうしたことでしょう。
スポーツ誌やらTVやらで占いコーナーなどは気にすればするほどハマってしまいそうで怖いです。
今日の運勢でラッキーカラーや、ラッキーメニューで運勢は変わらないでしょうが、気にしだすと止まらなくなってしまいます。
まぁこんな事をいつもいつも言い合っているわけですが相手もそれを職業としている訳で、あまり言いすぎるのはって思い恐々聴いてみました。すると答えは
あなたはなんでもすぐに信用してしまうクセがあるって言われました。ん〜納得。今まで何度も騙され続けているもので、これまた当ってる。あ〜あやっぱり占いは当るんだと言うとその友人はこう言いました。
当るも八卦、当らぬも八卦。でも最初に占いは当るものだと言ったのは私で、占いは当らないものだと言ったのはその友人の方なんで・・・悪しからず。

ページの先頭へ

2008年11月09日

最近の住宅事情には・・・

友人のひとりが近々に引っ越すという。
就職の為の引越しである。今の家からでも通えないことはないが、より職場に近い所のほうが効率が良いためである。ところがである、最近の住宅事情ではペットを飼っているかどうかでこんなにも変わってくるものとは知らなかった。昨今、ペットを飼っている人は多い。我が家も熱帯魚は飼っているがイヌやネコを飼っている人はもっと沢山いる。ペットを飼うことに異存はないが新しく家を変わる時に困難な問題が幾つも待ち受けているようで正直、驚いた。オーナーが動物嫌い。これは頭から問題外だし、住民や隣近所との問題。マンションなどでは最近OKというところも最近は出てきてはいるが、まだまだ少ないようである。
せっかく新しい環境で頑張っていこうと言う時に、このペット問題がネックになろうとは・・・
友人の一人はこうも行っていました。
「お前のこれからの新しい出発にオレはどうかと思う」とか。「せっかく家族の一員として暮らしていたのに多少の難はあっても連れて行け」だの。
まぁ本人が決めることだが職場に近いがペット×か、
一駅かかるがペット○か。家族の誰かが面倒を見てくれるんだったらいいが、単身赴任状態で事情が変わってくる。  ん〜〜!難しい問題だ。

ページの先頭へ

2008年11月08日

仲間内に発信します

最近、友人たちがこのブログを見てるって言ってくれる事が多くなりました。確かに身内の人間にはいろいろ分かるらしく、あれは○○の事やろとかあの話は○○君のことを行っているんだろうと騒々しい。
中にはオレの事書いてくれだの、いいネタ教えたろかだとか、全く外野連中は喧しい。そんな中で自分にことを書かれているってまったく他人様の話のように全然平気っていう猛者もいます。こいつには何を書いても、暖簾に腕押し、糠に釘。書きがいもないったらありゃしない。でももう一度よ〜く考えて書かないといけないって思うことがありました。当然、一般ピーポーの方々には誰の事を言っているのか、分からないでしょうが、我々の仲間内であれはおまえの事や、いや違うそれはおまえの事やで煩くなってきました。最初はイニシャルの頭文字でも入れてやれって思ったりもしたんですが何せ勘のいい奴らの事、すぐにあれはだれだれの事と見破られそうでただの友人ってことにした次第です。でも一緒にいることが多い連中だから、また気心の知れた連中だからこの中からいろいろメッセージを発信してどう受け取るかは別にして、お互い高めあいたいものです。そこであんまりゴチャゴチャ言うと実名で書くゾって脅しをかけたら今度はプライバシーの侵害で訴えるゾって切り替えされました。
あー言えば、こう言う連中と付き合うのは本当に疲れるモンです。  よ〜〜分かったかいおまえら!!

ページの先頭へ

2008年11月07日

やってみるのに躊躇するなかれ

最近、仕事の調子が良い。
別に今までと変わった事をしているつもりではないのにである。患者さんの数が特別、増えたわけでもないのにである。何が今までと違っているんだろうか?
ふと考えた。そうだ、前にここのブログに紹介したレジ打ちの女性の話のように患者さんと会話の回数が増えた事くらいです。でも今まではあまり喋りすぎると治療にならないんじゃないかってかってに思い込んでいたフシがありました。今は極力、ムダにはならないような感じで喋っているようです。(スタッフ評)
そのうえ、最近読んだ哲学者の梅原猛先生の本のなかで「精進と禅定」と言う本の中にこんな事が書かれていました。

 一生懸命、働く事。そして、集中する事。
 そうすれば人間は 磨きあげられていく。

ページの先頭へ

2008年11月06日

年寄りにしとくのは もったいない

先日、久しぶりにここでも紹介したPCお婆ちゃんとこへ行きました。80の手習いなんて言っていたのに今ではテキパキとキーボードを叩いているではありませんか。指先を使うことがボケ防止になるじゃないかと思わず言いそうになりましたが、そんな事を言ったら最後2〜3倍おお返しを覚悟せねばなりません。
「おばぁちゃん、だいぶお上手になりましたね」
「でも、もう少し軽く叩いてあげないとキーボードが痛い痛いって言ってきますよ」
こう言いました。するとすかさずこう言われました。
「あんた、ボケ防止にちょうどエエと言いたいんじゃろ」  う〜ん参った。そこまでお見通しか。
「でもな、歳なんてもんは後からついてくるもんじゃ」
「歳が先にいってしもうたら、後は老いるのみじゃ」
「兄ちゃん、人生 毎日が真剣勝負じゃよ」
何たる有難いお言葉。いつもお元気って励ましに行っては何故かパワーを頂いて帰ります。 
感謝しております。

ページの先頭へ

2008年11月05日

何事も平衡感覚って大事ですね

皆さん、心のバランスを正常に保っていますか?
突然こんな事を書いたら???って思われるでしょう。何故か、それは今私がそのバランスを崩しかかっているように思うからです。メンタル=フィジカルを基準と考えると今は若干メンタル<フィジカルになっているように思えるからです。そうなんですダイエットのし過ぎで体調面では絶好調なんですが気持ちが幾分ハイ状態なように思うんです。友人の一人がこう言っていたんですが、常に前向きな考え方で生きないといけない。言葉も含めてマイナスイメージは良くない。同感です。でもそれが行き過ぎると躁状態ではないかと勘違いしてしまいます。人を見たら泥棒と思え。これは何事にも注意しろという事を言っていると思うのですが、何事も行き過ぎるといけないと言うことだと思っています。気持ちと体がギクシャクすれば正常な判断が出来なくなってきそうで怖い気がします。幸い、私の周りにはちょっとしたことでも助言をくれる友人がいるので心配はしていませんが、そいつらが平均と思っていると大きな間違いをおかしそうです。人によってはスランプとかで片付けてしまう人もいるかもしれませんが、一度、頭の中を整理して無駄な思い込みやら、不必要な情報をリセットしてみようかと考えています。

ページの先頭へ

2008年11月04日

さて町の名士さんは?

北海道では初雪の便り、沖縄では30度超えの便り
日本列島は夏冬入り混じって賑やかな連休でした。
一昨日に造成予定地を見に行ってきたと書いていましたが、たまたまその近所まで仕事に行っている業者の人からいろいろな情報を得ることが出来ました。
まだ造成中なため一割も入居者がいないにも関らず、その周辺にはあちらこちらとお店が出来始め、暮らしていくには問題が無いように思えました。ふと同級生の事を思い出しました。それはその彼がある新興住宅街で一番乗りで医院を建てて、同級生たちがお祝いに行った時のことを思い出しました。口の悪い奴らがドッと押し寄せたものだから言うは言うは。
「新築、オメデトウ」
「いや、おまえが同級生で一番に開業したなぁ」
「ここもこれから開発されたら大きな街になるんだろうな」
「でもな、この街でいまここ以外に何軒家が建ってるんや?」
「ほんまや、周りに家らしきものもまだ建ってないやん。ほんま、大丈夫か?」
「夜になったら、狐でも出るんとちゃうか?」
「そしたらおまえ狐相手に歯医者すればいい・・・」
まぁ言いたい事を散々ほざいて帰っていきました。
でも皆さん、彼がこの地で一番最初に家を建てたからここの地域で最初に建った歯医者さんってことで地元の名士になってしまいました。ただただ他の人より早く建ったというだけで。いつの間にか街の町会長さんに祭り上げられてしまいました。アララ、最初は狐でも診るんか?とか、歯医者辞めて獣医さんにでもなったらとか。散々言われた奴も今では街の立派?な名士になっております。そんなことを思い出しながら夢ある街になっていくような感じがしました。

ページの先頭へ

2008年11月03日

着実に一歩ずつ、夢を追い続けて

昨日の謎のミスターX氏がやろうとしている地域に
一度足を運んでみたくなって実際に見に行ってきた。
まだ造成中の新興住宅の中を車でゆっくりと見てまわってみると、もうすでに入居されているところもあってここも何年か後には素晴らしい街になるんだろうって思いました。新駅の建設予定地やこれから造成されるであろう山の中腹に掲げられている看板を見て、こんな山を切り開いて何万人もの街を造るって人間の知恵と技術は素晴らしいもんだなって感心してしまいました。それは彼がこの新しい街に幼稚園を造ろうとしていることなんです。幼稚園?って思われるかたもいらっしゃるかと思いますが、これからの将来ある子供達に夢と希望を持ってもらいたい、そして本当ならそこに行けたかもしれない自分の息子さんの分も自分の生涯の夢として関っていきたいって熱く語ってくれました。是非にってお誘いを受けたんで直ぐに現場を見たくなってこの目で確かめに行きました。
素晴らしい構想を見たり聞いたりしてこれは是非とも実現してほしい、しなくてはならないって実感しました。そのために彼はあらゆる方面に協力を求めて私にも相談してくれました。ここで断ったら男が廃る。
夢のような壮大な計画ですが、一歩一歩着実に進んでくれることを祈っております。私も微力ではありますが協力は惜しみません。何かできることを探していこうと思っております。人生残り少ないですが遣り甲斐のある事を見つけたことに大きな夢が膨らんできました。

ページの先頭へ

2008年11月02日

最後の目標を発見できて  感謝。

友人の中で一人でいろんな仕事をこなしている人がいます。それが一人で何億円も売り上げているんで何者か?ってみんなが思っている謎のミスターX氏である。その彼と食事をしてゆっくり話す機会があってその人となりを垣間見ました。
彼には息子さんがいたんですが、難病に罹っていて家族で看護して学校にも行けず病院でずっと生活をしていたと言います。我々健常者にはわかりませんが相当な苦労があった事に違いありません。その息子さんが数年前に亡くなったと聞いて、言葉がありませんでした。彼はそれを期に何事もその亡くなった息子さんの為に馬車馬の如く働いたといいます。そして彼の夢は同じように苦しんでいる難病の子供達に何とか助けてやりたいとの一身で儲けたお金をすべてそれにつぎ込んでいく覚悟である事を聞いて、感動しました。
我々は何不自由なく生活をしていて有り難さ、その感謝を忘れているように思いました。口では簡単に言えますが、実践できるものではありません。私も何とかかれの話、計画に何でもいいから力になれないか考えて、そして一緒に彼の夢の実現に協力出来ればと思っております。是非、参加させてもらいたいと申し出たら快諾してくれました。なに不自由なく暮らしていて気がつかなかったけれど残りの人生で新たな目標を見つけ出せて非常に有意義な話し合いができました。

ページの先頭へ

2008年11月01日

平和な土曜日に感謝

今日から三連休の方もいらっしゃるかと思います。
絶好の行楽日和ですね。朝から交通情報を聞いていたら行楽地に向かう車はあちらこちらで渋滞してるって言ってました。うちの女の子は今日から韓国旅行。
円高、ウォン安で去年の半額で行けるそうです。
買い物ツアー、エステツアー、整形ツアーいったい何の目的で行くのでしょうか?あまり聞くと嫌がられるので帰ってからのお楽しみという事で、気をつけて行ってらっしゃ〜い。お土産はいらないからねっといっておきました。(少しは期待してもいいんだろうか?)そういえばここ何年って旅行にも行ってないな。まして飛行機なんか全然乗ってないな。(まぁ私は狭所恐怖症だし、エコノミー症候群だし)ひとりでゆっくり過ごせたらって思っていたら、ついさっき電話で患者さんからの急な依頼。前の差し歯が取れそうです、助けて〜〜って。でも今日は怒ったり、断ったりはいたしません。何せ、一昨日にも書いたとおり、
スマイル、スマイル。コレが出来ればいいんでしょうが、顔で笑って、心で泣いて、ぐっと堪えて飛び切り上等の笑顔を見せましょうか。

ページの先頭へ