2012年07月31日

気がつけば7月も今日で終わりだ

今日の大阪の予想気温はなんと37度だ。昨日も暑くて頭がボゥとしていたが今日は昨日より高いとなるとそれどころではない。
連日のオリンピック放送で寝不足がたたり午前中は夢うつつ。
そこにこの暑さだ。定期的にトイレに行く時に窓から頭を出して温度調節をしないといけない。
暑い時に汗をかかないと冷えた部屋にばかりいると汗腺が詰まってお肌によくない。
女の子達はひざ掛けをしているし。(特に受付は冷えるから)
院長の机の真上にもエアコンの噴出し口があってジットしていたら身体が冷え込んでしまう。
何年か前は寝冷えをして夏風邪を引いてしまった。
今年は節電、節電といわれているが、熱中症で何人も亡くなられている。まさに命がけだ。
こんなことに命を賭ける必要なんか無い。暑い時はエアコンをかけないと何をしている事か・・・
今日で7月も終わりだ。早いもので明日から8月で、そういえば先週から「お盆休み」はいつからですかと言う問い合わせも何度かあった。毎年の事だがお盆休みと言って何もすることが無いから、ここで涼んでいようかと思ったりもしている。
今年半年の片付けも若干あるし、前回大掃除をして最後の自分の机の周りだけ残っているからだ。
今ならやる気満々だが、きっと時間がたっぷりあるお盆休みはその気が失せるんだろうなぁ。
何はともあれ、明日から8月、暑さに気をつけて乗り切ろうと思っている。

ページの先頭へ

2012年07月30日

最後まで体調がもつんだろうか・・・

連日のオリンピック放送で少々寝不足気味だ。
まだそんなに始まってから日にちが経っていないのにである。
日本との時差は8時間。こちらの深夜に放送されることが多くてコレが続くと夏バテがなかなか治らない。
いつも思うことだが、勝負の世界は何が起こるかわからない。
実力者が緊張から本来の実力が発揮できない。ってよく言われる。
しかしそれは間違いだ。緊張から実力が発揮できないのではなく、まだ本当の意味で実力者じゃあ無いっていう事だ。
前回王者が今回は敗退、コレも前回が本物じゃなくてたまたまだったのかもしれない。
連勝をしてこそ初めて真の王者と言うものだ。下馬評でなんか迷わされてはいけない。
皆が前回王者を叩き潰すために作戦を立ててくる。それに勝ってこそ真の王者と言うものだ。
連日、メダルの予想が出ているが、参考にはしているが真に受けていない。
番狂わせこそが面白いからだ。強い者が勝つのは当たり前。特にスポーツの世界では当然至極ななことである。
ベストスコアを抜いてこそ本当の実力と評価したい。
その為に日々努力しているのだから。
確かにこの時期に自分の体調をベストにもっていけるかだ。
世界中のアスリート達がそう思っている。だからそう簡単に勝ったのでは面白くない。
「強い者が勝つんではなく、勝った者が強いんだ」
コレの意味が何だか分かる今回のオリンピック前半戦だ。
それにしても眠い午前中だ。

ページの先頭へ

2012年07月28日

昔に比べて 暑さが堪える

毎日暑い日が続いています。
熱中症も毎日のニュースで死者までも全国的に出ているようです。
昼間とか限らず夜間にも部屋の中でも熱中症の患者さんは出ているそうです。
仕事場は節電と言っても患者さんが来られるのにエアコンを入れないわけにはいかないから入っていますが、ずっとその中にいると身体が冷え切ってしまって体調を崩す元になります。
そんなことを言えば外回りの方には申し訳ないですが、タクシ-の運転手さんにも同じようなことを聞いたことがあります。
車と言う密室でエアコンに当たり続けると、一旦、外に出て外気に触れても汗をかかないとか。
汗腺が閉じてしまいすぐには開かないので汗もすぐにはかかないと言っていた。それも納得。
だからトイレに行ったときに窓から外を眺めれば気持ちがいいのはやはりタクシーの運転手さんと同じく体調が悪くなりかけているのかもしれない。
でもなぁそういってもエアコンを切るわけにはいかないからなぁ。
最近は同じ温度に設定してみても、身に堪える度合いが昔とは違ってきた。歳のせいなのかもしれない。

ページの先頭へ

2012年07月27日

がんばれ 日本!!

昨晩のサッカー男子のスペインとの試合は見入ってしまった。
前予想では日本の劣勢が伝えられていたが、結果は1-0で勝利してしまった。
誰が予想した事でしょう。まさか勝つとは。失礼ながら私も勝って欲しいという願望、欲望はあったがまさか勝つとは。
「勝負はやってみないと分からない」とはよく言われるがそれは実力が接近しての話。明らかに実力に差があれば話は別。
今回の侍ジャパンには海外のクラブに行っている選手が数多くいたし、昔ほど外国選手に対しても物怖じしなくなってきたのも今回の勝ちには大きな要因だと思う。
我々日本人は世界から「何を考えているか分からない」と言われた時代もあった。
まさに我々世代がそうである。しかし今の若い世代の人たちは、自ら海外に出向いてそこでもまれる事で萎縮せずにプレーが出来るようになってきた。
今の若い奴はと言う前に彼らの活躍を見ていると、我々の時代の方が間違った教えられ方をしていたのかもしれない。
さぁ オリンピックが始まる。また眠れない夜が続きそうだ。

   がんばれ 日本!!

ページの先頭へ

2012年07月26日

最近歳のせいか 気がなが~~くなった

最近、身体がいう事を聞かなくなってきた。
疲れが取れない、物忘れが激しくなってきた。
こんな話しが周りでよく聞かれる。
確かにこの歳になればそんなこともあるだろう。
それをいかに誤魔化すか、逆にそれをどう生かすかがポイントのように思えてならない。
後輩に「仕事はマメに遊びもマメに」というのがいる、
コイツはとにかく動き回っていて、じっとしていない奴だ。
チョコマカしていて何かしら情報を持っている。ただそれを生かしきれないのが難点。大きく損をしている。
ただコイツがそれを最大限生かせればもうとっくに大物になっていると思う。
仕事一筋よりいくらか人間味があってよいと思う。
人は弱みを見せたくないものだ。でもコイツは逆に弱みを見せてそれを武器にする才能を持っている。
まぁ母性本能をくすぐるとでも言うか、放っておけないと思わせるのが得意なのか。
それだから少々のミスも許されるし、可愛がられる性格なのかもしれない。
仕事は完璧にこなす、こういう奴は頼もしいが逆に怖い面もある。
しかしチョット間が抜けているほうが、心配はあるが気が抜けないほどではない。
さて私はどう見られているんだろうか?
思いは通じるまで諦めてはいけない。信じて信じて信じ抜くからこそそこから信頼が生まれるんじゃないかって思ったりする。

ページの先頭へ

2012年07月25日

さぁ 今日は天神祭りのクライマックスだ

昨日今日と大阪では一年で一番暑い季節になっている。
そう天神祭りである。
友人はその天神祭りの真っ盛りの天神橋商店街の中で開業している。診療所の前には露天が並び、人通りも凄く仕事にならないから毎年この時期は少し早いお盆休みみたいにしている。
今日は奉納花火大会もある。友人はその花火の打ちあがる横のマンションに住んでいる。一度見に行かせてもらったが、花火の音と衝撃で窓ガラスが震えるのを体験した。
真横に花火が上がってその衝撃でブルブルと窓ガラスが震えた。音
ももの凄い迫力があった。
家からも遠くに花火の音は聞こえないが光が微かに見える。
そばならもの凄い迫力だと思う。
でもこんな賑わう天神祭りもそれを支える裏方さんは大変な苦労があるとか。
当医院の患者さんでその裏方さんがいらっしゃる。店をしていてもこの時期になると仕事に身が入らないと言っていた。
寄付金集めやボランティアの人集めに奔走する毎日だとか。
マスコミはいいところだけ映すが、そのための準備にどれだけの苦労があるかは報じない。
本当はそこのところを皆に知らせて欲しいといっていた。
何でも準備があっての本番。それなしでな何も成り立たない。
そこに行くまでの苦労はいくらあっても、一発の花火で吹っ飛んでしまう。
今年もまた事故の無いように願いたいものである。

ページの先頭へ

2012年07月24日

さすがに今の捜査は凄いって・・・

先日友人と久し振りに会った。
何日ぶりだろうか?会うときはしょっちゅう会うのに、会わなくなったらなかなか連絡が取れなくて、やっとお互いの時間の都合がついて会うことになった。
でもコイツとは何だか腐れ縁なのかも知れない。
本当に困ったときや、お互いが相談したい時に現れる不思議な奴だ。
今度もたまたま会う日にそいつは財布を失くしたらしい。そしてその話で気が動転していたらしく、会うまでの途中の記憶が無かったといっていた。
すぐに警察に連絡して、カード会社に連絡してそれから自分の行動してきた店や何かにも全部連絡したが何処にも無かったらしい。
でも暫らくしてから警察から連絡があって財布の届けがあったといっていた。良かったではないか。でもそれがチョット様子がおかしい。
そいつは私と会う前にそいつの友人とファミレスで食事をしていてトイレにたったときに、トイレの個室に財布を忘れたらしかった。
いつもは上着に入れている財布をズボンの後ろのポケットに入れていて長財布で落としたらいけないと思ってトイレの上着をかけるところに置いたといっていた。
用を済ませてから忘れて出てきて、暫らく気付かなかったらしい。
それもおかしい、財布を置いて忘れるなんて、チョットボ~っとしていたと言っていたがボ~っとするにも程がある。
でも警察からの連絡でおかしな事を言われたらしい。
それは発見されたのがそのファミレスの女性用トイレからだった。
そいつが女性用のトイレに入るはずも無く、男性用の個室の中に忘れたのをはっきりと思い出したにも係らずだ。
被害届を出してその店の防犯カメラのフィルムの提出をうけて警察が指紋の検出で犯罪歴のある指紋が出てきた。
顔写真を見ても勿論知らない顔ばかり。でも指紋には犯罪歴の人の指紋が出てきた。
悪いことは出来ない、ただこの指紋には女性の指紋で共犯の男性であろう指紋もあった。
流石にすぐには犯人は捕まらないだろうが
これらの指紋と写真ですぐに犯人は捕まるだろう。
さすがに相手もそこまで調べられているとは思ってもいない事だろう。

ページの先頭へ

2012年07月23日

頑張れ中年 頑張れご同輩

最近、土日にはいつもの先輩の病院で点滴治療を向けているが、
同じ薬を点滴に入れてもらっているはずなのに、最近その後ずっと眠くなって困った。
車の運転にも支障を来たすかもしれないし、何しろ危ない。
その事を看護師に言ったところ、中に入れる薬は今までと変わっていないとのこと。
何かしら身体の変化が出てきたんだろうか?
歳のせいでそうなってきたんだろうかは分からないが、何せ眠い。
今も少し昨日の続きでか眠さが残っている。
最近特にこのように今までと同じ事をしていても昔と違う事がよくある。
根気が無くなってきたり、集中力が無くなってきたり。
やっぱり歳のせいにしてしまう自分が怖い。
「やる気、根気、・・・」何処かの政党のスローガンみたいになってしまったが、本当に気力と体力のバランスが今は最悪なのかもしれない。
月曜日は週の始まりで身体がだるくなっているのは事実だが、今までは仕事が始まればそんなことは吹っ飛んでいたが、ここ最近はまだそれを引きずる事も多くなってきた。
栄養ドリンクを飲んで元気を出そうにも、飲みきって冷蔵庫の中に入っていない。
よし、今日は栄養ドリンク無しで頑張ってみようとするか。
体力は気力でカバーするとして、気合だけは失わないようにしたいものだ。がっバレ中年。

ページの先頭へ

2012年07月21日

頭は使いようで どうでもなるって話です

最近思うことにこんなことがある。
それはよく言われることだが「このごろ患者さんの数が減ってきた」と言うことだ。
何も我々の仕事だけではない。何処の企業にも同じことが言われつつある。
近所に大型のスーパーが出来て、周りの中小のスーパーが消えた。
でもその中小のスーパーが出来た時には、元からあった小売の店がつぶれた。コレも順繰りだ。
確かにコンビニで148円で売っている飲み物をスーパーが98円で売れば誰もがそっちに行く。あたりまえだ。
中小のスーパーが小売店を飲み込んだように、今度は大型のスーパーに飲み込まれようとしている。
我々のような医院は保険点数が決まっている。いつも言っているように全国共通だ。北海道から九州、沖縄まで点数は一律だ。でもそこにあるカラクリがある。
それはその点数の取り方を知っているか、いないかでまたコレが大きく変わってくる。
自費治療は各医院によって値段が違うのは当たり前。地域差にもよる。しかし保険診療についてはいかに勉強しているかいないかで大きく変わる。同級生とこんな話をした。それは患者さんが新患で来られて5回で完治するシュミレーションで点数の取り方の講習会をしてもらった。そして結果は何と一緒にやった同級生の点数の開きが何と倍になったではないか。
という事は同じ数を見ていてのそこには収入面で大きな違いがあることが分かった。
腕だけではやっていけないのが実情だ。頭も使わないと、これからの歯科医は・・・

ページの先頭へ

2012年07月20日

朝からこんな話で盛り上がった

今朝、大阪は雨が降ったり止んだりで天候が定まらない鬱陶しい日だ。
朝一番の患者さんの話を聞いて些か驚いてしまった。
それはその患者さんが車の保険の支払で郵便局にいったときのこと。
その方は私と同様に足が悪く松葉杖状態の方。こんな雨の日は至って危ないのは重々承知で保険の期日が迫っているから、わざわざ近所の郵便局まで支払いに行かれた。
しかし支払額が10万円を超えているとかで身分証明書の提示を求められた。いつも行っている郵便局で尚且つ周りの誰もがその人だと知っているにもかかわらず、身分証明書の提示がないという理由で拒否されたとか。いつもは貯金や定期でお願いされているから本人のことなど分かっているはずだが、融通が利かないというか、お役所仕事と言うか、その為にまた出直さなければならなかったと怒っておられた。
まぁ規則といえば規則だが、そのくらいの融通はあってもいいのではないかと思ってしまった。
きちんと規則どおりにやったという点ではそれは素晴らしい事だが、本来のサービスと言う点では些か疑問に思ってしまった。
昔の郵便局はこうではなかったのにってその方も嘆いていらっしゃった。
人に優しくをうたい文句にしているのなら、もう少しの配慮があってもいいんじゃないかった二人で話をした。
まぁ規則規則にとらわれることは如何なものか。でも一度そんなことを許してしまうと皆がまぁエエかって事にもなりかねない。
考えさせられた朝イチの話であった。

ページの先頭へ

2012年07月19日

最近の楽しみは・・・

最近のお気に入りの一つにシュレッダーがある。
今までも小さなシュレッダーはあったが、モーターが熱くなったり紙の切れが悪くなったりしてカバーがかかったままになっていた。
チョット大きめだが紙なら10枚くらいは一度に裁断できて、尚且つCDもカードも裁断できる優れものを手に入れた。
前のもそうだが、買ったらすぐに使いたくなるのが悪い癖、早速いろんな物をシュレッダーにかけてみた。
面白いように裁断されていく。机の前に山済みにされている書類やDMやチラシ。こんなものは分別してそのままゴミ箱行きになる物がシュレッダーに細かく切り刻まれていくのが気持ちよい。
あっという間に満杯のランプがついた。コレもなかなか気持ちの良いものだ。
その日のうちに「いる」「いらない」を判別できてゴミが減る。
もっと早くコレに気がつけば机の前も綺麗に片付いたものを・・・
でも、もう一つの理由にカルテが段々と増えてきて、ファイルに入りきれなくなってきたこともある。
もう10年以上も前のカルテも同じファイルに入れて保管しているから分厚くなって仕方がない。
保存期間が過ぎたものから順次処分したほうがいいと、同級生からのアドバイス。確かに保存期間が過ぎたり、もうお亡くなりになった患者さんのカルテはどこかに移さないとカルテケースも一杯になってしまっていた。
バージョンアップしたCDも山ほどあるし、今までここに手をつけなかったツケがこの山積みに現れている。
毎日一掴みずつシュレッダーにかけているがなかなか減らない。
でも今回はまだまだ飽きそうに無い。
今日も一人せっせとシュレッダーのお世話になることにしようか。

ページの先頭へ

2012年07月17日

ちょっとは変わったかな・・・

一週間、充電して気力体力ほぼ回復しました。

あまり惰性で物事をしたくない変わった性格が、何かしらふと今ま

での自分を変えたくて今回とった行動に、後悔は全然ありません。

一部の方にはご心配をかけましたが、元気ですよ。

いやそれ以上にパワーアップして来たつもりです。

一度外から自分を見直す機会って本当に大事な事だと思いました。

ページの先頭へ

2012年07月11日

ただ今充電中

今までの事、これからの事、そして大事な今の事。
様々なことを考えて今、この時期に自分を見つめなおす大事な時期と判断して充電期間に入りました。
今までは善しとしていた事も、これからの自分にとってはもうひと回り大きくなるために、避けて通れない道であることも重々承知の上の判断です。  暫しお待ちを・・・

ページの先頭へ

2012年07月09日

充電中

いろいろあった。

これからもあるだろう。

でもそれもこれも これからの為だと思いつつ

暫し充電期間に入ります。

ページの先頭へ

2012年07月07日

野暮な事は言いたくないが・・・

今日は七夕。
最近七夕なんて考えても見なかったが、近所の幼稚園の所に七夕の記事が書かれているのがふと目にとまった。
短冊に願い事を書いて笹に結ぶ。こんなことにも最近は子供達のお願い事が変わってきているのが目に付いた。
昨日の夜中の豪雨、雷、そして突風。まさに異常気象の何者でもない。
「ゲリラ豪雨」なる言葉も耳にして久しい。
昔はこんなにも激しい雨って滅多に降らなかったように思う。
嘗て真夏の高速道路でワイパーをMAXにしても前が見えない状態で高速道路にも水が浮き出てきて車の走行が危険で、各車道路わきにハザードを出して一時停止したことがあったが、その時も一瞬ではあるが身の危険を感じたものだった。
異常気象のことはいろいろ言われているがまだはっきりとした結論は分かっていない。
昔はこの七夕は年に一度の織姫と彦星の出会いの場だったらしい。
お恥ずかしながら、私はあまりこんなロマンチックな話は知らなかった。
何でも天の神様の娘である織姫が年頃になって結婚相手を探していたそうな、そこで働き者の牽牛の彦星と結婚させたところ、二人は愛し合って今までのように仕事をしなくなったそうな。
そこで怒った神様が年に一度だけ天の川に橋をかけて会うのを許したとか。そんな話さえ恥ずかしながら知らなかった。(実はさっき聞いたところです)
昔はきっとこんなことも信じた子供達もいたんだろうが、きっと最近の子はもっと現実的なのかもしれない。
夢は夢として語り継がれる事は大事な事だと思うし、幾つになってもこんな夢のある話は知っておかないとチョット恥ずかしい気になった。
でも大変だろうなぁ、年に一度なんて。
今ならスマホか携帯で「今日は都合悪いからまた今度ね」
コレでことが足りてしまう。
何だか飲み屋のオネエチャンとの会話を思い出してしまったのは、こんな時に不謹慎なのかもしれない。  失礼しました。

ページの先頭へ

2012年07月06日

何をするにも 体力を使うようになってきた

やっと足も少しはマシになってきたが、まだ完治するところまではいっていない。
この夏のお盆休みを利用して同級生が検査入院と糖尿病の食事療法のために暫らく休養を取るといっていた。
人一倍健康には注意する奴だが、如何せん美味しい物には目がない食道楽な奴だ。酒は勿論飲むし、おいしいと聞けば何処までもそれを食べるために労を惜しまない一寸変わった奴だ。
味付けもやはり濃い目だし、酒もご飯も両刀だし、運動はあまり好きではないからメタボ親父だし、そんな奴が一念発起、何を考えたか今回の食事療養に入ると宣言した。
孫が出来ていい爺さんで居たい為とやっぱり私も同様、身体に無理が聞かなくなったことを誰よりも自分自身が一番知っているからこそ、ここらで決断したんだと思う。
でもそいつも私も代診が常にいるわけではない。休診するにもやっぱりその為の準備は大変なようだ。
私も骨折やら急病で休診したがその時の患者さんには大変ご迷惑をかけてしまった苦い経験がある。
自営業で自分が倒れたら仕事が回らない方なんか大勢いるが、この歳になれば自己管理の重要性は身に沁みてわかる歳になった。
少しの無理も後で堪えてくるのが分かる今、そいつとも言っているんだが、昔のようには身体も気持ちもついてきてはくれんもんやとしみじみ話し合った。
体力の衰えが気力の衰えに響いてくる。いやそうではないかもしれない。欲がなくなってきたら、気力がなくなりついには体力がついてこないとも奴は言っていた。
まぁどっちにせよ、しんどい事には変わりがない。
昔はちょっとしたことでワイワイガヤガヤ集まっては飲み食いしたもんだとその頃の事を懐かしく思い出す。
今夜あたりまた昔の連中に声をかけて、次回の集まる話しでもしてみようか。

ページの先頭へ

2012年07月05日

ビックリした~!!

昨日のこのブログで言っていたように、新しい病院に受診してきた。
予約時間は午後5時30分。初診だから少々順番が前後しますって言われて、了解の上待合室で待つことにした。
30分、1時間、1時間30分・・未だ呼ばれる気配なし。
横に座っている御年寄りも「今日はなかなかですね」とか。
その方が呼ばれないと当然こちらの順番なんか来る訳がない。
受付の所の札が換わった。「本日の受付は終了しました」
でも待合室の患者さんの数は一向に減らない。隣の方が名前を呼ばれて待合室から中の待合室に移動した。
初めてでよく分からなかったが、ここは外の一般待合室と、中の診察室の前の待合席へと移動するらしい。
次にその廊下の待合席から中の第一~第三診察室で順番を待つことになっていた。
自分が呼ばれて中に入るまでに1時間30分、それから処置室で15分、レントゲンを撮って説明を受けるまでが15分。
まぁ少しは時間がかかるだろうと想像していたが、コレほどまでとは急病人ならもうとっくに重病人になっていることだろうと思った。
先生一人でこなすにも限度がある。行きつけの先輩の所でもこれほどではないが同じように待たされたりするんだろうか?
私はいつも患者扱いされていないから、待合室も素通りで処置室に直行するし、患者さんで一杯なら院長室のソファで点滴をしてもらうからあまり待つことすらなかったから、今回のこの待ち時間にはいささか仰天してしまった。
それでも患者さんは諦め顔で待合室で文句も言わず待っておられた。
その上受付の横にはこんな張り紙がしてあった。

「当医院では真面目に診療していますので、お待ちいただく時間があると思いますが、ご了承ください」

こう書かれていては文句も言えまい。

ページの先頭へ

2012年07月04日

清水の舞台から飛んだつもりで・・・

今日は梅雨の中休み。朝から日差しがきつい。
先週末からまた足を痛め、松葉杖状態に逆戻り。
一体いつになったらこれからおさらばできるのやら。
今日は知り合いに人が通院している整形外科に時間が間に合えばいくつもり。でも時間ギリギリで、尚且つ初診なんで同業としては行き辛い。
でも何とか最終に患者さんが入らなければ行けそうな今日のアポ、思い切ってセカンドオピニオン的に言ってみようと思っている。
永年、同じ治療を続けていると他の方法をなかなか受け入れにくい面もある。
新しい発見か、新しい治療法が分かるだけでもいく価値はあるように思う。
そういえばいったい幾つの整形外科や外科や整骨院を受診した事だろう。
診察券だけでも結構ある。その時はそれがベストの方法と思っていても新しい治療法もどんどん出てきている。
我々歯科もそうだ。チョット暫らく講習会に行かなければ取り残されてしまう事もあるから同じだ。材料や薬にしても一度使ったらずっと使い続けているから、これも考え直さないといけない。
そこの先生は膝の専門医だとか、それもまた我々同様、何でも一応こなす開業医と矯正や小児歯科の専門医とではやっぱり知識が違うのと同様に一度意見を求めてみようか。
この歳になっても初めて行く病院って緊張するものだ。

ページの先頭へ

2012年07月03日

やればやるほど難しいのも 本音なのかも・・・

今朝はけっこうな雨が降っている。まさに梅雨本番だ。
こんな日は持病を抱えている身には結構辛いものがある。
膝に爆弾を抱えているからスリップも怖いし、何より気圧の関係かジクジク痛い。コレばかりはやった者しか分からない痛みだ。
古傷が痛むようにどこが痛いといえない変な痛みがある。
こんな日はおとなしくするに限ると思っていたら、朝早くから急患の患者さんが来られた。
昔当医院で治療した所が痛いとか、そりゃイカン、すぐにおいでくださいといって来られてみたが、何のことはない新しい虫歯でそれも左右も違えば上下も違う。ただ当医院で治療した記憶があっただけだった。そんなことは関係ない、痛い歯を治療して何とか神経を抜く事だけは避けれたが、後でまた痛むとか言われたら嫌なんで投薬と十分な治療を続けるようにいってお引取り頂いた。
いつも思うことだが、ここで神経を取ってでも治療をすべきか、はたまた神経を残してでも治療をすべきか、神経を取ったからって100%痛みが出ない保証はない。神経を残して痛み出すであろうと思っても、結構、痛まずに済む場合もある。
我々歯科医が頭を悩ますのはこんな場合である。
だから私はその患者さんの口腔状態やら、人となりで判断する事にしている。勿論レントゲンでの判断もするが、その人が神経質な人なら尚更だ。
異常に神経質だったらこちらのいう事を十分に理解する前に本人自身で勝手に決め付けてこられるケースが多い。だからそんな患者さんには当然、こちらのいう事を納得いくまで説明してから出ないと治療に取り掛かるのは後でトラブルになるケースが多い。
「あの時こう言ったじゃないか」「説明で分かりましたか」
など、十分な話し合いが行われてこその治療である。
何年か歯科治療にかかわってくるとそんなことは患者さんも分かっているはず、コレが怖い。こっちはプロだが相手は素人。そんなに意志の疎通が出来ているんだろうか?
思い上がりにも似た錯覚に陥る事もある。

ページの先頭へ

2012年07月02日

また、また、またやってしまった

またまたやってしまった。
先週末から早々と「夏風邪」なるものにかかってしまった。
金曜日の朝方、いつものように夜中にトイレにたったとき、何だか足の付け根が痛む。ソケイリンパが少々腫れていた。
ここに来たら絶対に熱が出るのは間違いない。
案の定その数時間後から熱が出だした。悪寒、震え、発熱とやっぱりやってきた。
何とか診療所まで出て行って今日のアポを確認後受付に時間変更やら日にち変更をメモに残し、そのまま先輩の診療所に直行。
案の定言われてしまった。
「そろそろ オマエ来る頃やと思ってたわ」
「何でですか?」
「そうかて毎年、6月の28、29日ころ来てるから」
「そうなんですか?」
「そんな事も知らんかったんか?」
「知ってましたよ」
「そやろ でも何でこの時期何や」
「さぁ 僕も知りたいですわ」
「何かあるなきっと」
「きっとこの時期のチョット前からエアコンが入るからかと思ってるんですわ」
「そらあるで」
「そうでしょう」
「そんなら温度調節せいや」
「してますって」
「そしたら毎年この時期に同じように起こるか?」
「そこが不思議な事です」
「一度、お払いでもしてもらったら」
「ほんまにそうしましょうか?」
こんな会話でした。でも原因は分かっています。やっぱり今の席の位置がエアコンの送風口の真下に位置しているのが大きな原因だという事を・・・

ページの先頭へ