2014年01月31日

今年の自分は何かが違う   かな?

今日はもう31日、一月があっという間に過ぎてしまいました。
昨年末から友人の入院、退院、家人の入院、退院と立て続けに病院通いであっという間の1ヶ月でした。
極めつけは、昨日に友人のお姉さんがコレも昨年手術した心臓の再手術。マジで身体には気をつけないといけないと思う今日この頃です。
ただ何もせずに過ごしていただけではないのです。
今年は奮起して今まで口にしていても実行していなかった事を一つづつやり遂げる覚悟でいこうと思います。
まずは毎年のこのダイエット企画。思うだけでは前へ進みません。
サプリメントや、運動だけでも進みません。
今年は専門家の指導の下ちょっとはお金をかけても実行しようと思っています。
お金をかけて?そうです、そのくらいしないとありがたみが湧かないというか、そこまでしたのだから元くらいは取らないとと思うか、プロにはプロのやり方があると思うんです。
ナマジ素人の発想では「もういいや」とか「そこまでやななくても」とかついつい逃げ腰になっていたのも事実です。
食事にも、運動にも、生活の中にも、日々是までとは違った方法があるように思えてきました。
お金を賭けてまですることではないかもしれませんが、今回はちょっと真剣に向き合う自分がいます。
周りの冷たい視線もなんのその、覚悟の自分がいます。
果たして結果は?

ページの先頭へ

2014年01月30日

今どきの子でなくても 嬉しいものは嬉しい

早速昨日に患者さんからちょっと早いバレンタインのチョコを頂いた。
その方は月イチの患者さんで大体月の後半に来られる患者さんだ。
だから去年もたしかに1月の後半に頂いたように思う。
スタッフの子達にもいつも頂いて申し訳ないが彼女らも楽しみにしているようである。
最近は自分にご褒美とかで相手に上げるよりも自分自身に一ランク上のチョコを買う傾向があるらしい。
その方はいつも「GODIVA]のチョコを頂くのだが
彼女達にも小さめではがあるが「GODIVA」のマーク入りの袋が見えていた。彼女らは勿論チョコもおいしいから大好きだが、この「GODIVA」のマークが入った袋が大事みたいだ。
そういえば嘗ては「LV」や「H」のマークの入った袋を大事そうに使っていた。
私が貰ったネクタイの箱に包装されていたマーク入りの紐すら欲しがっていた。
コチラは中身が大事で外側など全然興味が無いが、彼女達は中身も外も大事なブランドであるみたいだ。
もうこの歳になればブランドより自分のオリジナリティのある物の方が大事になると思うのだが、若い子達には憧れのブランドなんだろう。
何より頂き物はその方の気持ちが嬉しい。金額の張るものも勿論嬉しいが、コレを選んでくださったという事が何より嬉しい気持ちになる。彼女達とそんな話をしていたら、勿論嬉しいには変わりは無いけど一番嬉しいのいはやっぱり「現金」だそうだ。

ページの先頭へ

2014年01月29日

人情に訴えて 義理を果たそうではないか

早いものでもう一月がたとうとしている。
実質の診療日は1月は正月休みなどで少ないが、先日、電子カルテのエラーチェックをして思わず、点数を見直してしまった。
確かに実労は少ないが何かの間違いじゃないかと思うくらい、点数が低かった。実際のところは普段の半月分くらいしかなかったので目を疑った。
しかしそれが現実。今月の材料屋さんやラボの支払を見て少ないから助かったと思ったらそれだけ入ってくるのも少ないというわけだ。
確かに支払が多いときはどうしようと思うが、逆にそれは点数的には多い月という事。だから仕事が多くて支払も多い。痛し痒しだ。
1月は行く、2月は逃げる、3月は去るとか。こんな事を言われる方も多い。だからあっという間にこの三ヶ月は過ぎていく。
嬉しいような悲しいような。
去年の年末から今年の正月にかけては慌ただしかったから、年の代わりを感じる事がなかなか出来なかった。だからこうしてこの時期にレセのチェックをしてみて改めてやっぱりいつもの1月だとつくづく思う。
街ではそろそろ女の子の一大イベントの「バレンタインデー」商戦が始まろうとしている。まぁもうこの歳になれば、義理以外でチョコを手に入れることなど皆無だが、そこはそこやっぱり何個の義理が今年はやってくるのだろうか。義理でも来ないとやっぱり寂しいものがある。日頃は思わないが日本人は「義理と人情」に熱くなくっちゃ。そう思う今日この頃です。

ページの先頭へ

2014年01月28日

どっちがいいんだろうか? 今のままがいいのかなぁ?

またまた近所のお店が閉店してしまった。
今年になって3店目だ。
初めは改装かと思っていたが、暫らくして店の前に張り紙がしてあった。
「この地で35年頑張ってまいりましたが・・・」
段々と馴染みの店がなくなるのは寂しいものだ。最近は健康の事を考えてあまり中華料理は食べていなかったが、昔はよく利用させてもらっていた。
ココの中華、向かいの喫茶店、隣の居酒屋となくなるのは辛いが、また新しいお店が出来る楽しみもある。
しかしあるお店だけはここ3年で5店舗も変わっているところもある。
場所が悪いのか?いやその横のお店は流行っているし、不味いのか?いやそこそこの味だと思う。
そうしたら何故なのか?皆、オレこそは成功してみせると思って店をやるわけだが、何故かしらその場所だけはなかなか続かない場所がある。どんな業種でもそうだが永く続かないには何か理由があるのだろう。
最初は事務所で、その後はちょっとヤバイ系の事務所、次は美容院、その次は居酒屋、そして鳥料理専門店、最後はまた居酒屋。
ココまで変われば次は何のお店が来るのか興味が湧いてくる。
近所に最近大型のスーパーが出来て、最初は周りの店が反対の声を上げていたが(お弁当が出来れば昼の売上が減る)、しかし自分達もそのスーパーで食材の買い物をするようになって皮肉なものである。いや、他人事ではない。我々の同業もココ5年で4軒ほど廃院もしくは移転に追いやられている。考えたら当医院もこの地でもう60年になろうとしている。ツキもあったんだろう。そうバツグンに伸びたわけでもない。ただ流行に乗り切れずにバブルの頃も指を咥えて周りの歯科医院を見ていたのがかえって良かったのかもしれない。儲けが少ないかもしれないが損も少なくて済んだという事か。
何が功を奏するかは分からないものだ。

ページの先頭へ

2014年01月27日

こうも変わり者ばかりが集まったものだ

この週末に、先日お知らせした友人が資格試験の合格のお祝いがあった。
合格祝いと言っても何人かが集まって昼食会があったのだが、「タコ焼パーティー」だった。
こんな時自ずと性格が出るもので、自ら率先して手伝う奴、何もしないで指図だけする奴。まぁ性格と言うのはこういったところで分かるものです。
何度か一緒に飯会などで同席したことがある連中ですが、やっぱり何人かといたらそれぞれの気性や性格がわかって面白いものです。
どういった性格かといえば、率先して準備や用意をするやつ、焼き方がどうのこうのといってこだわりを持つ奴、空いた皿をすぐに片付けてまた新しい皿を用意してくれる奴、ただ出来上がったのを食べる奴。
中には折角いい雰囲気のカップルのそばで邪魔をする奴。
人って場を読むという事がいかに大事か分かりました。
パーティーも終わりに差し掛かった頃に中の一人が持ってきてくれたお茶菓子でコーヒーを入れてもらったときに、砂糖がどうのフレッシュがどうのと能書きを垂れる奴。
多分コイツは家ではきっとずぼら者で何にもしない奴だと思いました。
誰かが言っていましたが、その人の本音を聞きだそうとか、その人の性格を見ようとしたいなら、食事を一緒に取れば言いと言っていました。
その人の性格が見事に出るらしいです。
そうなると私などどのよう見られるのか興味があります。
無くて七癖と言われますが、ココに集まった連中は、七癖以上の奴ばかりの宴会でした。

ページの先頭へ

2014年01月25日

さぁ どっちだ?

今年に入ってから、一応完了した患者さんがメンテナンスにやってこられることが多くなった。よいことだと思う。
常々、完了したら3ヶ月、6ヶ月、1年と何も無くても時間があればメンテナンスにお越しくださいと案内させてもらっている。
何かあったときに来られる患者さんはいるが、何も無くても来てもらえるのが前々から理想だと思っていた。
「調子がいいですよ」って言ってもらえるのが何よりの褒め言葉だし、「何かある前に診ておいてください」といわれる患者さんもいる。正直医者冥利に尽きる。
我々も病院へは何か無ければ行かないし、我慢すればするほど手遅れになるケースもある。
しかし歯科くらいだろうか?定期検査やメンテナンスで来てもらえるのは。それだけ患者さんの意識が高くなったという事だ。
昔は待たせるだけ待たせて、3分診療と悪態を言われた事もあるが、最近は歯科医院があちらこちらに出来てきて、患者さんの数も減った事がゆっくりと診療できるとは、誠に皮肉なものである。
しかし本来の治療と言うのはこんなものじゃないかと思う。
アポイント制と言っても、その時間に来てもらえるためではなくて、その患者さんにコレだけの治療をするからコレだけの時間を取ってくださいが、本来のアポイント制だと思う。人によっては5分くらいで済む場合もある。また時間のかかるケースなどでは、焦ってしまって上手くいかないこともある。だから余裕を持って患者さんごとに、仕事の内容ごとに時間の割り振りをするに越した事はない。
だから賢い受付などは当然カルテを見て、次回にかかる時間をコチラから言わなくても患者さんに伝える事ができるようになる。
また時間のかかる患者さんが続いた時には、間に洗浄などの時間のかからない患者さんを入れたりも出来る。
本当にそんなことを考えて受付はやってくれているんだろうか。
コチラの言うままに時間を取っているようでは進歩が無いように思える。ウチはさぁ どっちだ?

ページの先頭へ

2014年01月24日

新たなモットーが追加された

世の中には困ったチャンはいるもので、後で分かったらお互い嫌な思いをする事になる場合もある。
いきなりですがこんな事がありました。別に名前を出すほどでもないから名前をあえて伏せますが、お互いに新しく仕事のパートナーになった人がいます。何でも包み隠さずに話し合いましょうといって仕事を始めたんですが、あらぬところから「話が違う」という事が露見してしまい(相手はまだ知りません)困った問題に発展しそうです。
ある商品を販売するについて、仕入先やら販売先をお互いがイーブンの条件で仕事を始めたんですが、どうやら相手さんは仕入先に二重に伝票を切らせていて、コチラに見せるため用、自分の所に納品させる用、このことが元仕入先から分かりました。
何食わぬ顔で我々には同じ条件でやりましょうと言っていたそこの社長はこのことが知れたらどんな顔をするのでしょうか。
「正直」コレを第一にしていたからこそ「信用」と言うものがついてくるのに、一旦こんな事がわかったからには次からは信用しにくくなるものだ。
「分からなければそれでいい」は分かった時にはそれ相当の覚悟が無ければならない。
コチラからこのことを言うような事はない。しかし何れどこかで分かるだろう。世の中そんなにバカじゃない。しらばっくれるつもりならそれもいいだろう。
私のモットーに「時間とお金にルーズな奴を信用するな」と言うのがある。そして今回新たにこんなモットーを追加しよう。
「騙して儲けたお金より、正直で無くしたお金の方が価値がある」

ページの先頭へ

2014年01月23日

仰るとおりでございます

昨日、当医院の新年会があった。
新年会と言っても3名で夕食会みたいなものだが、やっぱりケジメはつけないといけないから一応、新年会と銘打って食事会に行った。
昼食会は度々あるし、いつもの顔ぶれだし、目新しい話も無いがご近所さんはほぼ行きつくしたし、新しい所をと言うみんなの意見で大阪駅あたりまで出かけた。
大分変わっているとは聞いていたが、あまりの変貌振りに驚いた。
彼女達は毎日通勤にそこを通っているから、そんなにも驚かなかったが、私はもう何年ぶりだか分からないくらいだから、あまりの変貌振りに「御のぼりさん」状態になってしまった。
一応、席の予約をと思って電話をかけたら、いつでもどうぞと言うことでアポ無しで食事に行く事にした。
全員の意見で中華料理がいいと言うので、ある有名な中華料理屋さんに行く事にした。そこはふかひれのスープから始まってコース料理がメインのお店。3名でもお腹が一杯になるであろうと思ったがコースの合間に食べたい料理をアラカルトで注文しながら食事をする事にした。
ただ、ココの料理は美味しいが、テーブルの様子を見ながら次の料理が来るシステムになっていて、私などは食べるのが早いから、全くもって退屈そのものだった。
お茶もポットで出てきて何度もお湯を入れてくれるからお得感いっぱい出し、周りのお客さんもゆったりとコース料理を食べていた。
私など中華といえば「王将」「眠眠」くらいしか行かないから、ゆっくりの料理には間が持たない。だからお茶ばかり飲んでお腹がチャプチャプになってしまった。
話しと言っても毎日顔を合わせているし、話題もそう無いから、只管食べまくった。このときばかりはダイエットも何も無い。
でもこのくらいしか楽しみも無いので、これからは食べ歩きをメインにしようかと言ったら、こう切り返された。
「先生、食べ歩きもいいですが、歩きって言うくらいですからそこに行くまでは歩きましょ」
そうなんです、歩けば10分くらいの所もすぐにタクシーに乗ってしまうからコレではダイエットにもならないというご指摘、誠にそのとおりでございます。

ページの先頭へ

2014年01月22日

還暦同窓会の準備会が発足

先日、同級生が治療に来てこう言った。
「オイ そろそろ準備しないとあかんやろ」
「何やいきなり」
「同窓会やないか」
「何の同窓会や」
「アホ オマエとオレで同窓会って言ったら分かるやろ」
「そやから何処の同窓会や」
「何がや」
「小学校か中学校か?」
「どっちもや」
「アホ 同窓会が合同であるわけ無いやろ」
「そうかて俺たちのところは小学校から全て持ち上がりやから」
「何ぼ持ち上がりやかて、クラスも違うし」
「ホンマに気がきかんなぁ」
「この歳になったらクラスなんか関係ないわ」
「確かにそやな」
「年賀状も段々と数が減ってきているからそろそろやらなアカン」
「誰がやるねん」
「アホか おまえやないか」
「なんでオレやねん」
「おまえ幹事やったやろ」
「そやったか」
「都合のエエ時に忘れやがって」
「でも誰が手伝ってくれるねん」
「今から探すんや」
「誰がや」
「オマエがや」
「そんなん知らんわ」
「誰かおれへんか?」
「アイツは」
「アイツって誰や?」
「地元におる奴で使えるのは○○や」
「確かにアイツはおるな」
「でもアイツはタダでは動かんぞ」
「自分の店に集会させて金取ったやないか」
「そやったな」
「場所代取られたな」
「でもアイツも商売やからな」
こんな会話でまた同窓会の事で何人かが集まることになりました。
再来年は我々が還暦です。今から相談しないと間に合わないからです。しかし幹事の中の何人かは一癖も二癖もある奴ばかりでコレがちょっと心配です。

ページの先頭へ

2014年01月21日

昨日は頭から湯気が立ち上っていたに違いない

昨日はパソコンの調子が悪くて、患者さんでパソコンの先生をしている人が治療に来てくれたので何とか復旧した。
それにしても何かトラブルがあれば何にも出来ない自分が情けない。
車にしてももしもいきなり止まってしまったら、ボンネットを開けても何がどうなのか全く分からない。
今までも何度もJAFのお世話にもなった。そのつど家人からは「そんな中古車ばかり乗っているからや」とか、「修理の方が高くつくわ」とか散々な言われ方をして来た。
このパソコンもいつつぶれてもおかしくないとまで言われ続けている。ノート型のはつぶれやすいとか言われて、机の前に鎮座増しますこの大型のデスクトップ。邪魔なのには変わりがないが、老眼で細かい字も見にくくなっているからちょうどいい感じになっている。そのことをその先生に言ったら「じゃぁ文字を大きくしておきましょう」たったコレだけでもやり方がわからなかったから今では顔を近づけなくても文字が見えるようになった。
そんなこと当たり前じゃないかって言われるかもしれませんが、そんなことすら知らないでいきなり触ったので機能を理解する以前の状態でやり始めました。
今どきの小学生の方がよく知っていると嫌味を言われながら、何とか元に戻ったのをこうして触っています。
昨日はローマ字入力が出来ずに平仮名入力になってしまって、途中でギブアップ。慣れと言うのは怖ろしいもので今までがローマ字だったのにいきなり平仮名では頭の中が混乱していう事を聞きません。何とかやり遂げようと思ってはいましたが、最後は頭がパンク状態になって諦めました。

ページの先頭へ

2014年01月18日

案は出尽くした  う~ん困った

昨日、車のタイヤを交換した。
交換したというのは、、前々からディーラーからもスタンドからももうそろそろ交換時期ですよと言われ続けていて、やっと昨日交換する事ができた。
最初から大き目のタイヤを装着しているから、4本交換となるとかなりの金額になる。
一昨年に後ろの1本をパンクで交換しているから、残りの3本とのバランスが悪い。乗っている時にはそう感じなかったが高速でブレーキをかけたときに違和感を感じ出したのでやはりバランスが悪くなっているように思えた。
横断歩道で信号待ちをしていてタイヤが白線の上を滑るようになってきたからヤバイと感じ出していた。
1本6万円と聞いてなかなか踏ん切りがつかなかったが、命には代えられないからヘソクリから出す事になった。
骨折をしてから電車通勤が出来なくなって、毎日車を利用する事になったから、コレも必要経費だと家人に言ったら、それはアンタの個人のものだから領収書を持ってきたらお金を渡すといわれた。
前回かその前にタイヤ交換すると言ってお金を貰って何かに流用して交換しなかったのがばれた事があるから、用心して領収書と交換ならという事になった。全く信用が無い、仕方がないと諦めて、それでもその中で一番安いのを探してきた。
探せばあるものでココでは金額をいえませんが結構安いものをゲットしました。しかしそれをいかに定価価格にして納得させるかを今現在考え中。オイル交換や、ブレーキパット交換やエレメント交換やいろんな事を考えたが、今までそれもその手を使って後でばれているから慎重にしないとまた信用をなくしてしまう。(元々信用など無いし等しいが) 何か妙案は無いものか。

ページの先頭へ

2014年01月17日

ラッキー!!もつべき者は正直モンやなぁ

最近物覚えが悪くなった。というか、物忘れが酷くなったように思う。
歳のせいもあるが、同級生に言わせれば「オマエだけじゃない」とか。
親しい仲なら「アレあれ」で済むし、相手も「アレか」で話は終わる。
昨日、久し振りに治療以外でやってきた連れが、一緒に昼食にって誘ってくれた。コイツにしては珍しいと思っていたら、食事の最後にこういわれた。
「去年借りていたお金返すわ、助かったわ」
「???」
そいつは昨年私が貸したお金を返しに来てくれたのだった。
そいつにお金を貸したかなぁ?一瞬、??って思ったが、返してくれるものは返してもらおうと思いありがたく返してもらった。
別に向こうがボケているんじゃなくて、私の方が貸した事を忘れていたのだ。
常々、借りたほうは忘れるが、貸したほうは決して忘れないといっていたにもかかわらずである。
後で調べたら確かにその金額を貸していた。しかしその前後の事ははっきりと覚えているのに、そのことだけがスッポっと頭から抜けていた。
きっと何かの話に夢中になっていたのかもしれない。しかし、という事は私も誰かに借りているんじゃないかと言う疑問が出てきた。
必ず手帳とカレンダーには記載しているし、いつ、誰に、何の事で貸したかを書いているから忘れるはずがないと思っていた。
コレでちょっとした臨時ボーナスになったには違いないが、予定外のお金だからどうしようか迷ってしまう。来週の新年会にはコレを回させてもらったら、もう一ランク上の食事にありつけることになりそうだ。

ページの先頭へ

2014年01月16日

なかなか決められないんです

昨日近所の連れたちと会った。
毎年正月は集まる仲間なんだが、もう爺さんになって孫が来るからって欠席した奴が今回は来るといっていたので集まった。
昨年の暮れあたりから景気がちょっとだけ上向いたといっていた奴がいる。
何でも冬のボーナスも若干ではあるが期待していた以上だったし、一昨年に比べて忘年会のグレードも上がったらしい。
そこは毎年、中華が忘年会の定番だったが今年はワンランク上がったといっていた。
確かにどの料理がどの順番で出てくるかで値段が分かるし、使われている材料でもすぐに分かる。
何でも一番最低の年はスープが玉子スープだったとか。今年はふかひれスープになっていた。途中の料理はそう変わらないが、デザートに杏仁豆腐だけから胡麻団子が追加されていたらしい。
まぁたったコレだけでも誰もが今回は前回とは違うぞと言う気持ちになるとか。
これでやる気を出してくれるんだったら、お安いもんだと思う。
当医院も新年会をすることにしているんだが、皆に希望を聞いても
「お任せします」「何でもいいです」としか返事が返ってこない。
焼肉はちょっと辛い、中華も同じ、鍋はもういい、そしたら何がいいんだろうか。それに場所も周りは行きつくした。
昼食会なら簡単でいいが、コース料理もなぁ。ネットで調べてもあまり食べたいものもない。一度女の子達に任せたら今風のお店に連れて行かれた。不味くはないが口には合わなかったから、それ以来コチラで用意する事になった。
何処かの店さえ決まったら予算を言っておいて「お任せ」でいくことしようか。お任せも何だか福袋を買うみたいで好みが入っていないと苦しいものがある。この前の新年会の時はおつまみとからあげしか食べていなかった。飲み放題もウーロン茶ばかりも飲めないし。来週に迫ったからそろそろ決めないと。今日の仕事の合間には決めよっと。

ページの先頭へ

2014年01月15日

たまにはココで反省しなきゃ

昨日、診療所の帰りに代診の先生のところで家人の治療をしてもらった。
してもらったというのも、正月に体調を崩してトイレで義歯を流してしまったからだ。
私が作ればいいものを、前回のを代診の先生に作ってもらっったのが調子がよかったので今回も是非とのたっての願いで無理をお願いして作ってもらうことにした。
入院中に義歯が無くて困っていたのを知っていた代診の先生が急遽出向いて印象を取りに行きましょうかと言ってくださったにもかかわらず、自分で出向くと言って聞かないから連れて行くことにした。いつもココの診療所に行ったら思うのだが、改築してからまだ4~5年だと言っていたが、綺麗、清潔感がハンパない。
洗口コーナーにもいつも綺麗な花が飾ってあったり、待合室の本棚の中も綺麗にそろえてあったり、きっとスタッフの教育が行き届いているんだと思う。
先生もキッチリとした方だが、ココのスタッフはある程度年齢がいった方々だとか。きっと自分の職場を自宅のように綺麗にしようと思う気持ちが強いんだと思う。
それに比べたらお恥ずかしながら当医院はといえば、スタッフも若いし、私も男だからいちいち隅々まで気が行かないのも事実。
反省しきりになった。ココに来るたびに自分の机の周りや、チェアーの周りを綺麗にしないといけないと思うようになる。

ページの先頭へ

2014年01月14日

この歳になって試験勉強は辛いものがある

先週末から知り合いが資格試験を受けるのに同席した。
同席と言っても試験会場に行くのではなく、PCから受験項目を選んで何時間か受講してそれが終われば試験があるそうだ。
今どきの試験てこんなものかと驚いた。
何十時間かの授業を受けて、それについての試験だそうだが、参考書も誰かに聞いてもOKなんて聞いた事が無かった。
まずは顔認証と音声認証で本人と確認するらしいが、全くそこは我々世代には理解できない。そのつど書き留められない時はスマホの写メに取ってから見直す。こんな事で覚えられるのか?
丸暗記世代の我々にはなんとも理解しがたい方法である。
ただ何処の場面で写メを取ったかを記録しないと、話のつじつまが合わないといっていた。
ノートを取るという行為が写メに取って代わったようだ。
最後に受講した所の試験があるのだが、何択かの中から選ぶのだが、それでも間違う人がいるのかと言う問題だった。
我々の専門外でも常識の範囲で分かる問題もあった。
でも緊張はやっぱりするみたいで、何度も読み直していた。
我々ももうこの歳になって試験は緊張するであろうし、また受けたくも無い。
免許の更新は現在のところ歯科医師免許では無いが、将来は分からないだろう。教員免許は実際には何年かごとに更新になっているらしい。もしも我々にもあったら何人かは不適格者が出るのではないだろうか?

ページの先頭へ

2014年01月11日

平凡が一番なのかもしれない

昨日は10日戎だった。
毎年近所の戎神社に行くのだが、今年は少々様子が違った。
今までは境内は自由に行き来できたのに、今年から一方通行になってしまった。
だからわざわざ正面に回りそこから右回りで出口に出るという、まぁ普通はそうしているのが混雑しないで済む方法なんだが、ココは今までそれをしなかった。だから入り口で入場制限や、信号を渡ればすぐに入れるのに、一つ向こうの横断歩道をぐるりと迂回しないと入れなくなった。
それに沿道に屋台や露天が立ち並ぶから、行きつけのお店はその露天の間を割って入らなければならなかった。
その店長が諦め顔でこういった。「仕方が無いですわ」
またその期間だけ店を閉めているところもあった。
その店の入り口に張ってあった張り紙をよく見ると、一時的な閉店だとばかり思っていたが、よく見ると「永らくご愛顧有難うございました」の閉店のお知らせだった。
昨年までよく利用していたのに、そのときは何の知らせも無かったのに、いきなりではないにしろ、驚いてしまった。
連絡先は書いてあったが、別段借り貸しは無かったし、近くに移転するみたいだし、そのときでいいかとも思ってしまった。
去年の年末で何軒かはお店を閉めたところがあった。商売は難しいものだと実感した。
今年の戎ッさんは去年よりは少しは景気が良かったみたいだが、持ちきれないお店もあったという事だ。
コレも自然の摂理か。こうしてまた新しいお店が何も無かったように出来ていくんだろう。
そう思えば儲けに走らなくて、地道にコツコツとやっていければいいんだとつくづく思ってしまった。

ページの先頭へ

2014年01月10日

世の中にはいろんな人がいるってこと・・・

世の中にはいろんな性格の人がいる。
前にも書いたが、私は時間にルーズな奴、お金にルーズな奴は基本付き合わないようにしている。
しかし付き合わないといけないときもあってなかなか難しい。
私に言わせればこの二つは基本中の基本だと思っている。
わざとではなくてもコレが出来ない人間は相手にしていたら、コチラまでそのルーズさが移ってしまう気がしてならない。
また逆にきちんとしすぎるのもどうかと思う事もある。
例えばお金を立て替えてもらったら、そのお金を返す時に端数を切り上げて返す。コレはこれで感謝の意味を込めて悪いことではないと思うが、相手が余りに几帳面な人ならそのお釣りをまた返してくれる。
時間にしても決まった時間の1時間前から待っている人もいて、相手がわかったときには余計気を使わせてしまう事がその人には分かっていない。
モノには程々と言うものがある。人によって違うと思うがその極端な人に当ったら大変だ。お互い気を使い合いをして余計に疲れてしまう。
親しき仲にも礼儀ありではないが、そこはその場の空気を読めるか読めないかだとも思う。
些細な事から、誤解が生じ、それがあらぬ方向に行ってしまい仲たがいになってしまうという事もある。ボタンの掛け違いと言う人もいる。ボタンの掛け違いなら直せば良いがボタンじゃなくて私はファスナーだから賭け違いなんか起こらないという人は。
確かにファスナーなら掛け違いは起こりません。しかしファスナーは掛け違いの変わりに食い込んでニッチモサッチモ行かなくなる事があります。そうならないためにはどうするか、ボタンの無い、ファスナーの無いすっぽり被るのを着ないといけないんじゃないでしょうか。

ページの先頭へ

2014年01月09日

結果が全てと思いたい

昨日は一日中雨だった。
夜まで結構降っていたようだ。
今週から仕事は始まっているが正月からバタバタしていて、正直正月気分ではなかったから、年末のまま年を越したような気分だ。
今年の目標は「無理をしない」だから、正月早々破るわけにはいかない。
おせち料理も然程食べていないし、半分は残ってしまったみたいだ。
それに誰もが気分一新で目標を立てるように私も正月から「ダイエット」の目標を立てた。
毎年言っている事かもしれないが、今回ばかりは思い込みの強さがいつもとは違う気がする。
またそれを実行に移す覚悟が違う。
飛ばしすぎには注意しながら徐々にやっていこうと思う。
結果が出れば励みにもなるし、またやってやろうと言う気にもなる。
体力の衰えは気力でカバーするようにして、心を強くもって望みたいと思う。
そうすれば足の負担も大分マシになるであろうと思われる。
やってやれない事はない、やらねばならないこともある。

ページの先頭へ

2014年01月08日

巨星 落つ

昨日、「やしきたかじん」さんの訃報に驚いた。
大阪人にはいろんな面で大きな影響を及ぼした人だ。
政治や経済には幅広い人脈を持ち。尚且つ、歌手であり芸能人であった。
若い頃には彼のCDが私の車の中には幾つもあった。
北新地でもちょくちょく見かけた。
たまたま私の連れが彼を知っていて、その北新地のクラブで会った時、全然見知らぬ私にまで一緒の席に来て飲み明かした事もあった。テレビとは全く真逆の豪快な人ではなくて、繊細で人見知りな性格の人だったように思う。
その連れが一緒に飲みに行くようになってから、こんな話を聞いた事がある。
それは気に入った女の子にはわざと冷たくして気の無いフリをしてその反動で、その子の誕生日や何かには思い切った事をして驚かしたり、こんな話も有名で、路上ライブの若い子のところに乱入してギターを取り上げていきなり自分の歌を歌い、ギターケースにお金を入れさせてそれをその若い子に全部あげたとか。
お客さんもたかじんの生ライブを聞けて、そのケースの中には見る見る一万円札が入っていったとか。
そんな逸話が山ほどあった人だが、私も一度だけ話をした事があった。それは某クラブのトイレの中だった。私がファンですって言った時、彼がこういったのを覚えている。
「こんなところでアホやらなきゃ やってられませんわ」
そんな一言が今でも忘れられません。
だから彼が出ていたテレビを見ていてもどちらが本当の彼かは分かりませんが、ストレス解消にあんな豪快な事をされていたのかと思うと納得がいきました。  ご冥福をお祈りいたします。

ページの先頭へ

2014年01月07日

今年の目標は・・・

昨日から診療は始まったが、元旦早々いろんな事があってあっという間の正月だった。
まだ今日は7日、ココに来る途中にはもう戎っさんののぼりや提灯が出始めていた。
今年こそ景気がよくなって皆の気分がよくなることを望みたい。
毎年、元旦に今年一年の目標を立てるのだが、昨年はその半分も行かなかった。
自分に厳しく、人には甘く。コレではなかなか満足できないのかもしれない。
知らず知らず、自分にも甘くなっているような気がしてならない。
仕事はこれからは体力的なことも考えれば無理は出来ない。
同級生は年末から正月にかけて入院したり、風邪で寝込んだりしている人もいた。自分は幸いにも病気にはならなかったが、一歩間違えばと言うところにいたのも事実。
健康で一年を通して暮らしていければ良いじゃないか。そう思えるようになってきた。
自分の身体は自分で守らなければ。だから今年の目標はこう決めた。
「自分の事は自分で」人様に迷惑をかけたくもないし、かけられたくも無い。しかし自分で最低限の事をしておけば災難も大事には至らないだろう。
大難は小難に、小難は無難に。そうなるのを願っている。
まぁ新年早々こんな事を思っちゃいけないのかもしれないが、
今年もぼちぼちやっていこうと思います。

ページの先頭へ

2014年01月06日

新年一発目が コレかい

遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
6日にこんな事を言うのは的外れ的なのかもしれませんが、年末年始は私の周りの人が入院したりで、ゆっくりとした正月ではありませんでした。
合計6名が入退院の慌ただしさ。自分だけは免れましたが一昨年には骨折と言う「またか」と言う非難もなんのその、動けないのは足だけで口はいたって元気一杯。
健康の大事さをいやと言うほど気付かされました。
本年も皆さんが健康でやっていけますようにお祈り申し上げます。

ページの先頭へ