2015年05月29日

朝から いい運動が出来ました(怒)

当医院から一番近い郵便局まで約500メートル。
歩いて数分の所にある。今日は土日が休みなら月末で金融機関は混雑していた。
いろいろ仕事上の支払いやら個人的な支払いで診察前に行くことにした。
たまたまキャッシュデスペンサーで出せるのに上限を設けていたためそれ以上の場合はカウンターに行かないといけないと言う面倒くささがあった。そんなに高額の出し入れがあるわけでもなかったが、最近はちょいと限度額を超えるときがちょくちょくあった。
だからその限度額を変更しに行く用事もあった。
案の定待ちが何人かいて、カウンター横の番号票を取って待つことになった。
通帳の記帳、支払いの送金、レセのCDのレターパックの購入、やることは沢山あったが、ここで一つ問題が発生した。
限度額の変更に必要な書類に使う印鑑を持参していなかったこと。早速、取りに診療所まで帰ってもって郵便局まで戻った。
そして今度は身分証明書が必要なことを指摘された。
ココでちょっとキレかけた。それがいるならいると最初に言って欲しかった。結局3往復する羽目になった。一体朝からどれだけ歩かされたことか。一日分以上の距離を歩いたことになってしまった。
さすがに3往復目には郵便局に着いた時には喋る元気も無く、きっと無愛想にしていたんだと思う。
規則と言えば規則、それを楯にとってもしコレがもっとお年寄りならどうしたんだろうか。
官から民へとは名ばかりか。
考えたら段々と憤りが頭をもたげてきてしまった。
全部が全部とは言わないが、そういえば嘗て、足を骨折したときも何か書類の一枚に印鑑が無かったことがあって診療書の女の子に雨の中持って来て貰った事が会ったあったのを思い出した。
そのときもココの郵便局だった。それにこのカウンターだった。尚且つあの女の職員だった。
別に向こうに恨みは無いが、あの申し訳なさそうな顔ではなくて、笑顔で言われた一言が気に入らない。
ぶっきらぼうに「取りに帰ってください」なら腹も立つが、あそこに座っていた職員は飛びっきりの笑顔で「取りに帰ってください」
起こる気にもならなかった。
朝から一日の歩行距離を歩いたため、午前中の診療には支障が出ないことを祈りたい。

ページの先頭へ

2015年05月28日

前回の発言を一部訂正させていただきます。

先日、家人が役所に行った。
健康保健証を紛失しての再発行だった。
最近ちょっとボケだしていて、物忘れが激しくなってきた。
案の定家の中から失くした保険証が出てきた。それの二枚。
と言うことは自分で勝手に紛失して役所に再発行の手続きに行ったと言うこと。出てきたら返却しないといけないはずだが、まだ持ち続けていた。
確か我々の歯科医師免許も亡くなったら返却しないといけないはずだ。運転免許もしかり。
高齢者には「物忘れ」と言う厄介なのがついてまわる。
我々の人の顔もそうだし、今さっき言った事すらもう忘れていることが多々ある。
年寄りだからでは済ませられない。こんな老人の相手をしている役所の人には頭が下がる。
先週に行ったときには、コンシェルジュよろしく、入り口から内容を聞いてその担当窓口まで連れて行ってくれるという、サービスがあった。至れり尽くせりだと思った。
お役所仕事と書いたことがあるが、このサービスには頭が下がる思いだ。
考えてみたら、ちょっと位の「ボケ」なら日常会話は出来るが、かなり進んでいても自分自身に自覚症状がなければ外からは分からない。家族でさえ手を焼くのに、根気よく一から説明をしてくれる様を見たら、お役所仕事なんて言葉を使うことに少々後ろめたさを感じることになる。
でも一部の人のためにその会社や役所に悪いイメージやレッテルを貼られることもしばしばある。
住民サービスを競い合うのはよいことだ。それで我々の生活がよくなれば尚の事だ。

ページの先頭へ

2015年05月27日

暑い中でぼ~とするのと、寒い中でブルブルするのと・・・

毎日最初に書く言葉は「暑い、今日も暑い」だ。
まだ5月だと言うのに30度を超えようとしている。京都の今日の予想気温はなんと35度。(まぁインドの50度よりはマシなのかもしれないが)。
昨日のニュースでこんな面白い?記事を見かけた。
それは熱中症で搬送される人が一番多いのが32度~33度だそうだ。
逆に35度になるとぐっと人数が減る。それは暑いことが分かっているからまず出歩かない、最初からエアコンを入れるなどの処置をするからなんだそうだ。
コレくらいならまだ我慢すれば出来る、コレが一番危ない。
特にお年寄りにコレが多いそうだ。我が家でも昨日に帰って部屋に入ったとたんムッとする空気があった。扇風機は回っていたが生暖かい風がそれもゆっくりと首を振るようになっていてさわやかとは程遠い風が来ていた。
エアコンを入れればいいのにと思うが年寄りはなれないエアコンより扇風機がいいらしい。何度言っても聞く耳を持たない。
こちらはエアコンが効きすぎて動いていないと足から冷えが来る。
贅沢と言われるかもしれないが、コレはタクシーの運転手さんと同じことだ。乗ってくるお客さんのために常に車内を冷やしておくとお客さんは気持ちがいい、しかしその中にずっといる運転手さんは腰から下が冷えて腰痛になるとか。
我々は腰痛にはならないが、ずっと冷えた部屋にいるのでたまにトイレに行ったときとか部屋に戻れば気持ちがいい。そんなくらいだ。
もしもこの中にずっといればきっと身体が冷え切って逆に暑い外の方が気持ちがいいと思うようになる。
本当に勝手なもんだと思う。

ページの先頭へ

2015年05月26日

わく、わく、わく 何が来るのか楽しみだなぁ

もう暑い、大阪の最高気温の予測は30度。
と言うことは温室効果も含めてエアコンが入らなければ優に35度になる。真夏だ、しかしまだ5月、このまま行けば落語じゃないが真夏には40度になるかもしれない。
数年前の確か7月の後半にビルのエアコンがいっせいに故障したときがあった。ビル側が慌てて扇風機を買ってきて各テナントに配ったことがあった。しかし昼過ぎの気温が確か38度くらいあったと思う。そして扇風機からの風はサウナの部屋に入ったときのような熱風がした記憶がある。そのときは一日で済んでよかったがこんなことが又起こればやってられない。
話は急に変わるが、この前の日曜日に我が愛車の車検だった。
ディーラーに持って行き、代車を借りて帰ってきたが今日出来上がると言うことだった。その時に来場者プレゼントなるものがあった。くじ運が良い方ではない私は店を出るときに女の子が運んできてくれたくじ引きの箱の中の三角くじを取って手渡しておいた。
なんとそれが当たり、「1等賞」だったそうだ。
別に気にとめているわけではなかったから、そう言われて悪い気がしない。今日車検が終わって車を持ってきてくれて代車と交換するときに持ってきますと言う話。
車のことよりそちらの方が気になってきた。何が1等賞なのか聞いてなかった。あまり期待しすぎても外れたときの落胆が大きいので持ってきてからのお楽しみにしよう。

ページの先頭へ

2015年05月25日

久しぶりに役所に行ったら・・・

昨日、30年ぶりに役所に行った。
確か前は今回と同じように印鑑証明を取りにいった記憶がある。
日曜日にあけていてくれるのは非常にありがたい。
我々のように勤めている人にはなかなか行く機会が無い。
同じように医療機関にも同じことが言える。
よく患者さんからも言われることだが、ココの昼休み時間とうちの昼休みの時間が同じだからなかなか来れませんと。
最近は時間通りに来られる患者さんが多くなったが、一時期は時間無視、アポを入れているから大体の時間に行けば診て貰えると思っている患者さんがたくさんいた。
最近は大体その時間に来られるようになった。
役所と言うところ、久しぶりに行ったが、いろんな人が来ていて見ていたら面白かった。
しかしココも老人の憩いの場になりつつあった。
職員さんが役所に入ったら直ぐに来られて、「今日はどのような件で」と聞いてくれる。
「何々で」と言うとそこまで案内してくれる。至れり尽くせりだ。
しかしそこからがちょっと引っかかるものがあった。
よく「お役所仕事と揶揄されるように自分のところに来た仕事は積極的にするが、自分のところに来た仕事でなければ一切手を出さない。
同じ窓口の仕事も隣は空いていても一切「こちらにどうぞ」も無い。それに聞くところによると時間になったらお客さんがいても昼などは特に「休憩中」の札をかけてさっさといなくなってしまうらしい。ある政令指定都市の窓口での話だ。
後二人並んでいたらそこまでは見たらいいのにと思ったそうだが、役所によると、そんなことをしていたらきりが無いとか。
こんなところでイライラしていても仕方が無い。
私も一度当医院の患者さんの件で役所に生活保護の書類を出しに行った、番号札をお取りくださいと言われて取ったら30人以上の待ちだった。コレでは昼休みの一時間なんか間に合わない。
たまたま知っていた職員さんにその事を話をしたら「私が出しておきます」と言ってもって行ってくれた。まぁちょっとこれは「ズル」だと思うが背に腹は代えれなかった。行政サービスが云々と言われて久しいが、自分がその場に立ったらいろんなことが見えてきて面白かった。

ページの先頭へ

2015年05月22日

こんな歯科医がいるなんて びっくりした・・・

朝から疲れた。まだ始業前なのに歯科相談の患者さんが来られた。
一応アポは取っていて、始業前ならおいでくださいといったのがいけなかった。8時30分に来られて10時まで延々と喋られた。30分からの患者さんがキャンセルだったので何とかなったが、今までにかかっていた医院の話(いろんな意味で)を聞かされた。
同業として他医院の悪口は言えない。治療方法は医院でまちまち。そう言っているのにその方の持論を延々と語られた。
話を聞いていたらいつも言うように、意思の疎通、これにつきる。
昔式なら「俺に任せておけ」的な先生が多いようだ。
我々の世代以上の先生に多いようだ。中には若くても持論をぶっつけて患者さんとトラブルになるケースもあるようだ。
大学病院時代、30年以上も前になるが、その頃は診察室で患者さんと先生の怒鳴りあい?を多く見たり聞いたりした。
さすがに今はそんなことは無くなったと聞いたが、たまにはやっぱりあるそうだ。
「オレの言うとおりしていたら間違いは無い」こんな無責任な話は考えたら無い。
言うとおりにしていて間違えられたんじゃたまったものではない。
今は何かあると直ぐに訴訟問題になる時代。
患者さんも賢くなって訴訟で金儲けを考えている輩もいる。
先日こんな話を聞いた。それは「いきなり歯を削られて立っていられなくなって病院に通っている」「誠意を見せろ」
こうなるとそれは強請り、集りの部類だ。医院側も何度もこう言って来られて話し合いに応じてしまったとか。当然そこにはお金が発生する。なにやら夜の世界の「みかじめ料」てきなもののように感じる。
毅然とした態度で、出るとこに出て話し合いしましょうか。で済むものの。
相手もコレに味をしめて何度もこんなことをしているのがあちらこちらにいる。ひょっとしてこう面の後ろに同業者がいるんじゃないかと言うほど詳しいものもいる。考えてみたら歯医者なんてチョロイもんだと思われているのかもしれない。

ページの先頭へ

2015年05月21日

こんなところにも男女差が・・・

昨夜というか今朝方に降った雨で気温がだいぶ下がり気持ちの良い朝になった。
一日でこうも変わるのかと思うほどだった。コレでは体調を崩す人も出るだろう。
昨日は朝一の患者さんが抜歯の患者さんだった。
案の定昨日一日で4名の抜歯があった。大体いつも言っているように朝一の患者さんの流れをくむ傾向があるように思う。
初めての抜歯をする患者さんは緊張で、心配で診ていて直ぐに分かる。
大学の私がいた教室の教授は口腔外科の教授でよく言われたことがあった。
「初めての抜歯をする患者さんと最後の一本の歯を抜歯する患者さんには気をつけないといけない」
初めて抜歯をするという患者さんは分かるように未経験なことをこれから経験するのだから、十分に注意をするようにと。
そして最後の一本の歯を抜くときも、コレで歯が無くなって総入れ歯になると思われる患者さんには大きなショックになるから。
なるほどなんとなく言われている意味は分かる。
そして抜歯をしますかと聞くと大概の女性は「お願いします」と即答されるが、男性の方は「ちょっと考えさせてください」となる。
圧倒的に女性の方が潔い。男性は気持ちの整理が出来ていないとかなんか理由を付けて先に延ばそうとする傾向がある。
こんなところにも男女差が見られる。気持ちの切り替えは女性の方が圧倒的に早い。ダメなものはダメ、割り切りの速さは本能的なものなのか。
話は変わるが誰かが同じようなことを言っていた。
恋愛においても別れた後もいつまでも思いを募らせているのは男性の方で、女性はと言うと直ぐに次の恋愛に走るとか。
抜歯をこんなたとえにしてはいけないが、言いえて妙だ。

ページの先頭へ

2015年05月20日

人事(ひとごと)には思えない

昨日から午前中からもう暑い。
朝のひと時くらいがちょうどいい。直ぐにスタッフが来たら即エアコンが入る。
今のこの時間、患者さんにはちょうどいいが我々スタッフはもう若干の冷えが襲ってきている。
昼間に食事に出て行けば帰ってきて着替えをしないと風邪をひく。
リフレッシュディオペーパー(アルコールを浸み込ませたウェットペーパーのこと)で首から顔から上半身を拭くと気化熱ですっきりする。がしかし、その後は「カァっと」身体が熱る。コレならまだ水だけで身体を拭いた方がマシなのかもしれない。
昨日連れの電話でこんなのがあった。
それはそこのお袋さん、もう80歳になろうとしている。
最近ちょっと「ボケ」が増してきたと言っていた。
そんなの我が家では前々から起こっている事で別段珍しいことではないと返事をした。
向こうは自分のところだけではないと言われてほっとしたと言っていたが、同年代の親をもつ身としては他人事ではない。
我が家も最近、お袋が保険証を失くした。毎度のことで驚きもしない。役所で再発行の手続きをした。コレも毎度のこと。
そして必ず家のどこかから出てくる。
最初は慌てた。でももう何度もこんなことがあれば慣れてくる。
それが怖い気がする。
結局今までに4度同じことの繰り返し。だから今では4枚の保険証が我が家にはある。
役所の人には本当にご迷惑をおかけしています。
タダ家の中で失くすのなら誰にも迷惑をかけないからいいが、外で落としたら回りの方にまでご迷惑をかけることになる。
前回は近所の交番にまで行って紛失届けまで出してきた。
ココまで来ると個人で云々では済まされない。だからよく家の中を探すように言って、それでもなければ行くように言ってある。
でも99%家の中にあるのは間違いない。よく探せば分かること。

ページの先頭へ

2015年05月19日

思いついたら やってみよう

最近また当医院の患者さんで御高齢の奥さんが施設に入られたと家族から連絡があった。今年二件目だ。
長年当医院に通っていただいただけに、心配は尽きない。
家族の方の話によると、周りのものが振り回されて仕事にならないとか。24時間付き添うことも出来ず、一人にしておくと何をしでかすか分からないから入ってもらうことにしたらしい。
他人事とは思えない。家人も似たようなものだ。
今さっき言ったことを忘れたり、今日は何処へ行くから何を持っていくんだよといってもきっちり忘れたり。
そんなことは歳の為せるものだではすまなくなってきている。
しかしよく言ったもので、家族だから出来ることと、家族だから出来ないことがはっきりしてきた。
他人様にご迷惑をかけることは当然、やらしてはいけないが、家族だから我慢すると言うこともあってはいけない。
歳をとると言うことは「赤ちゃん返り」するということになるらしい。ついさっきのことは忘れても昔のことははっきりと覚えている。
私など、ついさっきも、昔のことも覚えていない。
最近、卓上に1年分が書けるノートを買ってきて、メモ代わりに使っている。今までは本当にメモを使っていたが、よく無くしたりどこかにまぎれこんだりするから、誰かが言っていたがこの卓上の日記帳のような本型のノートに記録するようになった。
コレが意外と便利だ。その日にあったことを記録するから忘れようがないし、書いたものはボールペンで書くから消せない。
証拠としても残せるから便利だ。コレを見ながらいついつにはこんな話があったとか、こんな内容の電話でこんな話をしたとか。
ただ、よいことばかりではない。ちょっとしたメモから足がつくこともあるから気をつけないといけない。
連れはパソコンに入れているとか言っていたが、そんなまめなことが出来るわけではない私は只管、この卓上のノートに書き込むようにしている。

ページの先頭へ

2015年05月18日

まれに見る激戦だった 今回の住民投票は

昨日は大阪都構想の住民投票があった。
僅か1万票差で否決された。
大阪市以外の方はあまり興味が無いかもしれないが、連日、両陣営の宣伝カーが走り回っていた。
投票所の前にまで賛成派、反対派が最後のお願いをしていた。
事前の予想でも両者拮抗するとの予想だったので開票率90%を超えてもどちらになるのかは分からないくらい拮抗していた。
そして69万票対70万票の1万票差で都構想は否決された。
はっきり言ってあまり十分に理解されていなかったように思う部分もあった。それの60歳以上の方の反対が多かったが、それ以外の世代には賛成票が過半数を占めていた。
それでも結果は僅か1万票差で否決された。
得票率も今までの選挙に比べれば高かったし、いつもは行かない人まで選挙に行ったとか。
どちらにせよ約半数の人が反対派にはいることになるわけだから結果は結果として重く考えなければならないが、半数の人にも理解できるような良い政策をこれから実施して欲しいものだ。
家族の中でも賛成、反対は数多くあったと聞いた。
若い人は賛成でも年寄りは反対。家族の中でもめない事を祈りたい。旦那と嫁さん、親と子供、兄弟姉妹でも意見は分かれるだろう。
でも皆、より良い大阪を作りたい、より良い大阪になって欲しいという意味では一緒なんだけれど。

ページの先頭へ

2015年05月15日

私が院長です

やっと金曜日になった。今週は長く感じた一週間だった。
昨日は昼から急に天気が悪くなってにわか雨になった。
急な雨で傘を持たずに昼食に出てきていた人たちは、昼からの仕事に戻るに戻れず、お店の前で雨が小止みになるのを待っていた。
たまたま昨日は近所のお店で簡単に済ませれたので、早い目に診療所に帰ってきて助かった。
昼からは代診の先生が来られた。義歯を専門にお願いしているので、患者さんのあるときは超忙しい、無いときは全くの暇人だ。
昨日はセットが三人、そのうち総義歯がふたり。
こんな時は焦るんだそうだ。最低30分はかかるから、こちらはその間に他の患者さんを診ることになる。
二人の抜歯と二人の抜髄、一人の形成をしていたら、まだ丁寧に調整をされていた。
ここが男性と女性の違いか。私なら「一度食事に使ってみてください」とかなんかいって、お帰り頂くが、この先生はきっちりと噛み合わせも完全に診てくれている。そこまで行くとこちらも「お願いします」としかいえない。
次の患者さんがいようがいまいが、納得するまで時間をかける。
私の患者さんが一息ついたので、「こちらのチェアーも使ってください」と言って使ってもらった。
やっぱり私には出来ない。ここまで納得いくまで出来るにはすごいことだと思う。少しは見習わないと。
当医院には3台のチェアーがあるが、それを全て代診の先生が独占して使われたことがある。私の患者さんは暫く待ってもらわねばならなくなった。
これではあまりにもご迷惑をかけるので、最近は一台は絶対にあけるようにしている。
それでも「ココ使ってもいいですか?」と言われたら、「ハイどうぞ」と言ってしまう。患者さんから見たらきっとどちらが院長か分からないのではないか。

ページの先頭へ

2015年05月14日

やっと気がついた この時期の体調を崩す原因が・・・

暑い、とにかく暑い。
今からコレでは真夏はどんなんだろうと恐ろしくなる。
エアコンが入ると涼しくて気持ちがよいが、私の場合直ぐに足に来る。そして体調不良になって熱が出て寝込むか、病院に通院することに毎年なっている。
コレは汗をかいて下着が濡れたままエアコンの元で仕事をするからである。昼休みに下着を変えるようにしているがそれくらいではおっつかないくらい汗をかく。一瞬、多汗症かと思うくらいである。
腋汗でもなく首からの汗でもなく、ほとんどが胸からの汗である。
シャツがほぼ濡れているのが分かるくらいだからきっと絞れば汗が出てくるに違いない。。
そんな汗っかきがエアコンの下で仕事をすれば気化熱で乾いてその後で必ず、風邪をひく。コレが毎年のこの時期のパターンだ。
でもここ2~3年は予防することを覚えた。人は何度も辛い目にあったらそれをいかに防ぐか考えるものだ。
私の場合、まずは下着を着替える。そして水分をあまり摂らない。全く摂らないと言うのではなく、のどが渇けば一口ずつくらい口に含むようにしている。
ガブガブ飲んでも一瞬は気持ちがいいかもしれないが、その後の汗の量がハンパ無い。だから一口ずつ口に含むように飲むようにしている。でも全く飲まないとなると脱水が心配になるのでまぁほどほどにしている。今までは暇でいすに座っている時間が長いのでエアコンの風が直で当たるが、今は何かと診療室の中をチョコチョコと動き回っているから風が直には当たらない。
そんなことにも気がつかないなんて どうかしてるぜ。
実際、暇だったんだろうなぁ。

ページの先頭へ

2015年05月13日

早く目が覚めてくれ~~!!

台風一過大阪の空は昨日とうって変わって快晴だ。
今回の台風はテレビでも言っていたが5月に来る台風としては最多だそうだ。
来たと思ったらあっという間に東の方角へと行ってしまった。
そうなると今度は気温がぐっと上がり、ひょっとしたら最高気温を記録するかもしれないと言う嫌な予想も出てきた。
毎日当然のごとくエアコンは入っているが、朝一の患者さんも入ってくるなり「もう暑いですね」と言う会話が最初に出てきた。
8時の患者さんだったが、部屋にエアコンが入っていてほっとしたと言っていた。
連休のダラケタ生活もそろそろ本来の姿に戻らねば。
そう言っているかと思ったら、今度の土日に「釣りに行こう」のお誘いあった。あのレイの釣りにはまりそうだった奴からだ。
きっと初回であんなに爆釣したら誰でもハマると言ったが案の定ハマったみたいだ。
ビギナーズラックはあくまで最初だけ、そのうちに釣れなくて投げ出すのが目に見えている。
私のビギナーズラックは「タチウオ」だった。それも二人で100匹オーバー。
「オレは天才か」くらいのうぬぼれた気持ちがあった。
たぶんそいつも同じ気もちになっているんだろう。もう暫くはそのまま放っておこう。
必ずやスランプなるものがやってくるからだ。
でもこんなことが毎週続けばゆっくりする間もなくなってしまうのは目に見えている。
何か策を講じないといつまでもズルズル付き合わされてしまいそうで怖い気がする。

ページの先頭へ

2015年05月12日

閉めたはずなんだけどなぁ・・・

今朝早くは曇り空、そして今は晴天の大阪です。
昼からは台風の影響で雨が降り、夕方から夜中にかけては相当量の雨が降るみたいだ。
こう一日の天候の変化も珍しいのではないか。
行き帰りにさえ酷い降りでなければいい。今朝のニュースでも沖縄地方、九州地方の雨の降り方は尋常ではなかった。
雨雲レーダーにも徐々に東の方向に雨雲が移っていくのがよく分かる。
この調子で行けば大阪も午後から雨が降り出して夕方から夜中にかけては本降りになりそうな予想だ。
先日の雨のときの黄砂のせいで車の窓ガラスやボンネットは明らかに白い車が少し黄砂でジャリジャリと言う感じと変色したように見える。
まぁ台風の雨で強烈な洗車機にかけたように洗い流してくれればいいが。そんなことを思いながらこれを書いていてふと思い出した。
確かに窓は閉めたように思うが、若干の不安が。
それは朝に少し窓を開けておく習慣があるからだ。
こんな日に少しでもあけておくということは、洗車機に入れるときに開けておくのと同じことだ。
今から急いで確認に行ってこよう。
皆さん雨の日の対策はご注意ください。

ページの先頭へ

2015年05月11日

開業医にも様々な人がいるってコトですか・・・

先週はGWあけで3日働いただけで、身体が本調子になっていなかったが、仕事は待ってくれなかった。
休み明けは何処の医療機関も混雑していて、行きつけの先輩の診療所も駐車場も30台ほど入るのに入り口で待ちが出るくらいだった。
付き添いの人が車の中で待っているが、処置だけの患者さんなら早く済むがここはそうはいかない。大体の患者さんが点滴とマッサージがセットになっていて早くても1時間はかかる計算になる。
中での待ち時間を考えると1時間半は見ておかなければならない。
最近はリハビリの部屋での点滴をしてもらうとそのままマッサージに移行できると言う、知っている人にはお得なやり方がある。
コレを教えてくれたのはここの看護師。
その方が一度に済むので向こうも助かるみたいだ。
そして昨日は連れが車を見に行こうと言うことになってお付き合いをさせてもらった。
今は一部でプチバブルがあるようで、まだ若いのに高級車を見に来ている人もいた。
別に若いからどうのこうのではない。好きでコレを買うのが目標にしているならそれはそれで結構なこと。
向こうさんもコレが本気か、冷やかしかは十分分かっているように思える。
我々なんか明らかに冷やかしで行ったのに、アンケートを書いたとたんに営業さんが明らかに態度が豹変した。
見た目はうす汚い格好で行ったので、それなりの対応でしたが、職業欄を見て、以前同じ車に乗っていたのを見たとたん急に話が本気モードになった。
でも見た目は大事だと思う。いくらいいものを持っていてもその人から何か本気か、冷やかしかの何かしらのオーラが出ていたに違いない。
そいつは自分の名前を書いたのまでは見ていたが、職業欄にはいつのまにか「開業医」と書いていた。おいおいそんなことしたらしつこくDMが来るんじゃないかと心配した。しかし考えてみたらその職業欄に「開業医」と書くだけでこうも態度が豹変するのか?
私も同じ開業医だが一向に良い思いをしたことも無い。
これってどうよ!!

ページの先頭へ

2015年05月08日

又一人 悪い誘いに乗せてしまった

なかなか休みのダルさが抜けない。
土日位の休みが私にはちょうどいいのかもしれない。
連休が続くとついつい身体がなまってしまって、本調子に戻るのには時間がかかるのだろう。
今思えば今回の連休に出歩いた距離は差ほどでもないが、一切車に乗らなかったからか、筋肉痛が出てしまった。
その日でも。次の日でもなく2日後位から出始めて、今なおあちらこちらと節々が痛い。
日ごろ使わない筋肉を使ったためだと思う。
今回の釣りではまったのがいて、是非に釣りのレクチャーをと言う者が出てきた。
初めての釣りでこの爆釣、はまるのも仕方が無い。
たった30分そこらでクーラーボックスが一杯になろうとは、こちらも予想していなかった。
但し3本の竿を出しての話だが。
まだ一人で釣り場に出向くのは怖いらしく、「次はいつにする?」ばかり。
なんでもそうだが「ビギナーズラック」そのものだ。
コレではまり込んだら、なかなか抜け出せないのも事実。
友人の一人は、タチウオを釣りの最初のきっかけで、船舶免許を取ってヨットまで買ったのがいるし、ゴルフやテニスから釣りにずっぽりはまり込んだのもいる。
釣れなくて当たり前、釣れたら儲けものくらいに思っておくのがちょうどいい。中には何度もお土産を最初に買っておいてボウズにそなえる兵までいるから、罪なことを教えてしまったと後悔もした。
でも健康的な釣りなら大歓迎である。
さぁ今回の新人さんはどれ位はまり込むのか見てみたい気がする。

ページの先頭へ

2015年05月07日

久しぶりの大漁だった

私にとってはながいGWだった。
4連休も正月休みくらいしか取れないので今回はゆっくりしようと考えていた。
毎日で歩く用事はあったし、毎日違う連れ達と会うことが出来た。
こんな時こそ旧友に会うチャンスだ。
しかしこの歳になるとサラリーマンは定年がどうのこうのという話ばかり、その他の話と言ったら身体の何処何処が痛いだの、血液検査の数値が悪いだの。
よい話と言えば爺ちゃん、婆ちゃんになった話くらいか。
今回の休みの一番の出来事は、連れ達と急に釣りに行こうという話になって急遽、尼崎の魚釣り公園に出かけた。
思いついたのが昼飯を食っている最中に誰かが急に「釣りに行きたい」と言ったのがきっかけだった。
急にいけるメンバーを探して車に分乗して現地へ。着いたのが5時くらい、7時までしか開園していない、う~~ん困った。
これで釣れるのか?何せ連中は昼からアルコールが入っているし、釣り初心者もいる。竿も3本しかない、その上エサも何もさわれないのもいる。
大体はサビキで釣っている人ばかり、その中で虫エサを1本の竿に付けて支柱の脇に垂らしておいた。閉園まで後30分と言うときにいわしの群れが回ってきた。
いきなりの群れでエサも何も必要が無い、サビキの竿を放り込めば何もしないでも5匹、6匹と勝手に食いついてくる。
ずぼ釣りの竿もサビキに代えて三本の竿を上げたり下げたりでほぼ15~20分でクーラーボックス一杯になった。
一人が猫の餌にするといってそれを持ち帰った。後で聞けば130匹以上あったらしい。
猫にとっては盆と正月が一度にやってきたようなもの。
今1~2時間前までは海で泳いでいたの新鮮なのを食べれるのだから。でも今まではスーパーの時間切れギリギリの半額のいわしを食べていたんだからこんなのを食べたらもうスーパーのはきっと食べなくなるんじゃないかと心配していた。
昼過ぎに来ていたという家族連れは竿をたたんで餌を海にまいたとたんに来たんだから、残念でならなかっただろう。
こんなことならこれからは閉園間際に来ようという何も知らないバカがその中に一人いた。
餌も触れない奴が一人出来て何が出来るんだろうか。

ページの先頭へ

2015年05月01日

毎回同じことの繰り返し

暑い、もうすでにエアコンが入っている。
このまま点けっぱなしでは絶対に体調を崩すのは目に見えている。
案の定昨日から足が痛い、それも足の甲が痛くなってしまうと言う初めての経験。
今日はGWの真っ只中だし、患者さんもまばらな状態だったので、思い切って午前診を休んで病院に行こうと思ったら、一人、どうしても診ないといけない患者さんがいた。
その方は中国に滞在されていて、たまに日本に帰国されるときに来院される患者さんだった。
確か今日の午後に中国に帰るとか言っていたと思う。ならばなおさら診てあげないといけない。朝から電話をして時間変更をお願いしようと思っていたが連絡がつかない。留守電にも入れたが予定の時間までに連絡が無い。と言うことは仕方が無い、病院に行けないということになる。
そんなこんなで結局は行けなかった。患者さんは時間通りに来られた。電話のことを言ったら昨日どこかで呑みに行って携帯を忘れたらしい。向こうも探していて未だ手元に届いていないみたいだ。
いくら連絡を取ろうとしても取れないはずだ。
こちらはちゃんと来られたからいいが、大事な携帯の方が心配だ。
無事に戻ってくることを祈るばかりだ。
確かこの方3度目くらいのはずだ。携帯を失くすのが。
前回も当医院に来たときに何度もここから自分の携帯に電話をされていたのを思い出した。
と言うことは又、同じことをする心配があると言うことだ。

ページの先頭へ