2016年05月31日

お~い 我が家のハンドタオル どこへ行った・・・

毎朝。洗面で使うハンドタオルの話です。
洗面台の引き出しにはいつもハンドタオルを入れていて、顔を洗ったりした後でそれを使うのが我が家の習慣。
それなのにである、毎日、朝と帰ってから顔を洗ったときにしか使うことのないハンドタオルが一向に洗濯した様子が無くどんどんと数が減っている。
一度家人に聞いたことがあるが「私はそんな事知らん」で通されてしまった。
10枚入りで約500円くらいだから、どうのこうの無いが何枚もいったいどこに行ったのかが不思議でならない。
顔を洗った後は横にある籠の中に入れているからきっと家人が洗っていてくれているものだとばかり思っていた。しかし洗濯したりのあとがない。毎回新品を袋から出すのだが、初めは気にも留めていなかったが今はちょっとしたミステリー状態だ。捨てている?そうも思って家人にそのことを聞いたが「私は知らない」の一点張り。使うのが私か家人しかいないのに無くなるのは何故?
ゴミに捨てたら分別時に分るし、マジでGPSでも付けて後を追跡したい気分だ。
10枚入りが500円として30日で1500円。一日2枚で倍の60枚、3000円になる、今年に入って5か月で300枚、金額にして15000円の計算になる。
金額も金額なら枚数も枚数だ。これだけの枚数のハンドタオルいったいどこに消えたのだろうか。神隠しならぬタオル隠しだ。跡形もなく消えている我が家はどこかにそんなスポットがあるのかもしれない。
本当に、毎日2枚のタオルが無くなる。いや待てよ、家人も使うとしてならもっと多くのハンドタオルを使うことになるではないか。これは本当に我が家のミステリーだ。どこに消えたか考えるだけでも怖い話だ。
いや待てよそれよりもっと怖い話があるぞ。それはもしそのタオルが出てきたらの話だ。1枚も跡形もなく消えたタオルがいきなり出てきたと考えた時の方がミステリーより怖い話になってしまうではないか。

ページの先頭へ

2016年05月30日

最近の若い者はではなくて、いつの時代もルールは守ろう

いよいよ5月も終わろうとしている。早いもので5か月が経とうとしている。
昨日、一昨日と雨模様で近所のモールは人で混雑していた。
雨なら行楽地にはいかないで近所の大型ショッピングモールで過ごそうと、だれもが考えそうなことだがそのとおりにやはり混雑していた。
最近の大型ショッピングモールは一日居ても飽きないようになっている。
ショッピングは勿論、食堂や映画館、クリニック施設、カルチャー施設となかなかの充実ぶりです。
しかしこんな施設も時間を間違えて行けば、パーキングに入るだけで疲れてしまい、またまた出る時間が重なれば出るだけで30分ほどかかることもあります。
大体こんな大型施設の周りには大型のマンション群があって、どちらが先かは知りませんが、便利だと思ってマンションを購入したら自宅マンションに帰るために渋滞に巻き込まれると言う悲惨な目に合ったとか。専用道路があるわけではないので一般道を帰宅者とショッピングに行く人が同じ道路を利用するので信号が変わっても車が動かないとか、無断駐車で行き来できないとかの苦情が起こっているらしいです。
郊外の広大な土地に建つショッピングセンターならまだしも、市内にはそんな広大な土地はありません。元々あった大工場の跡地とか、それこそ埋立地の土地とか。
でも一番はやはり自動車で来られるお客さんの為のパーキング。
入り口の数と出口の数が合わないとそれこそ先ほど言っていたように迷路のようにぐるぐると周りに回って同じ所を何度も通ると言うようなこともしばしば。
目の前に出口があるのにそこに行くためには、もう一回りしないと出れない。そんなことが起こりうるのでした。
一方通行を逆行するとか、バックで侵入するとか、大阪人のマナーの悪さがこんなところにも表れていると思うと情けなくなりました。
身障者マークの所にも平気で停める馬鹿者は数知れず、それを注意しない係員。
マジで切れそうになることもあります。一度、指定車以外駐車禁止になっているところに明らかにマークも付けない車が入っていてそれを見ていた正義感❓溢れる車二台がその車を出れないように挟んで駐車して大喧嘩しているのを見たことがあります。どちらもどちらですがみんなが気持ちよく利用できるように規則は守らないといけません。でないと子供に示しが付きません。そんな親を見て育った子供はきっとそうするもんだと思い込むでしょう。また偽正義感の親を見て育った子は同じように示しが付きません。
子供は黙って親のすることを見るものです。

ページの先頭へ

2016年05月27日

これを機会により良い関係を築けたらいいのになぁ

昨日よりサミットが伊勢志摩にて行われている。
沖縄、北海道、そして伊勢志摩となかなか日本としては良い場所を選択していると言う方が多い。そして今日午後からアメリカの大統領が初めて広島を訪問される。ニュースでも言っていたがアメリカからの観光客が自分の国の大統領が誰一人として広島や長崎に訪れたことがない方が不思議だと。
アメリカ国内には依然として原爆投下が戦争を早くに終わらせる唯一の手段だったと言う人もいる。
戦争だから仕方がないと言ってしまえばそれまでだが、未だに世界のあちらこちらでこうした戦闘が行われていることに憂慮する。誰も死にたくて戦ってはいまい、出来れば話し合いで解決するに越したことはない。
戦後何十年もたっているのに保障だの謝罪だのという国が無いわけでも無いが、こればかりは過去に起こった事実を消すことはできない。しかしお互いにそこを乗り越えてこその未来志向があるはずだ。
歴史は繰り返すと言う言葉があるくらいだ。戦略として多くのアジアの国々に多大な迷惑をかけたことに違いはない。そんな関係からか日本をよろしく思わない国があっても仕方がない。歴史認識で思惑が一致する国同士が連携してどうのこうの言うのも仕方がない。
日本とアメリカは真っ向から対決した国だ。その国の代表が哀悼の意を示すことがこれからの本当の意味での平和な関係を築けると思う。
ここに来るまでにどれだけの多くの人の努力があったからこそ実現できたことだろう。日本人はアメリカに対して保障や謝罪を求めているわけではない。だからと言って周辺諸国が同じように保障や謝罪を求めるなとも言うつもりはない。
ただいつまでたっても同じことの繰り返しでは一向に前に進むことは出来ない。
より良い関係を築くための未来志向はこれからもお互いの国を発展させるのには良い機会だと思う。

ページの先頭へ

2016年05月26日

いよいよサミットが始まる

声が別人だと言われた。 風邪が原因だと思ったら案の定エアコン風邪だった。
一日中、エアコンが入った部屋で有難いことに仕事をさせてもらっていて文句を言えたものではないが、やはり急激な温度変化に身体がついてこれないみたいだ。歳なのかと嫌になってしまう。
喉の調子がおかしくてのど飴ばかり舐めているが、くしゃみは収まったが咳がまだ少し残っている。だから声が別人だと言われるのだろう。
目と鼻の中間あたりがモヤモヤとして掻き毟りたくなる。鼻をかんでもあまり出ない。それよりくしゃみと咳のしすぎで腹筋と背筋が滅茶苦茶痛い。
話は変わるが、今日からサミットが伊勢志摩で行われる。周りをリアス式の海岸で囲われた絶景な場所だ。
昔はよくゴルフコンペなどで利用した場所だ。その後で釣りにも絶好の場所だ。
伊勢神宮にも遷宮でご奉仕させてもらったし、日本人の心の核心だと思っている。
そこで今回行われるサミットは意義のあるものになってほしいと思っているが、昨日の何かのニュースでほぼ事前に事務方同士で決まっていてそれを最終的に調整して詰めるだけだとか。
そりゃたった二日で決めれるわけがないとは思っていたが、やはりどこの国にもこのような日本でいう官僚組織があるんだと思いました。
形式だけ各国の首脳が集まって執り行い世界の平和と秩序を云々、だれもが平和を望まない人はいないと思う。西側諸国が一致団結しても可笑しな話だ。
ただ今の世界経済は複雑で思惑の違いがいっそう浮き彫りになってきている。
こちらを立てれば、こちらが立たずではいけない。
本音と建前の世界が今日からサミットという形で始まる。
期待半分で見たいものだ。何かしらの良い結果が出たら儲けもの。

ページの先頭へ

2016年05月25日

風邪の初期かもしれない・・・

一昨日より、くしゃみと鼻水が止まらない。
電話の声すら私と思われていなくて、誰かほかの人かと思ったらしい。
診療中に下を向けば水洟が止まらず、両方の鼻にロールワッテを詰めながら診療していた。くしゃみは止まらず、喉の奥の方が切れたみたいで、うっすらと血が滲んでいた。
毎年、この時期のエアコンがフル稼働する時期にはこうした風邪をひくことが多い。女の子の一人も喉の変調を言っている。昔は一日寝たら治ったものだが、最近はそれも無理みたい。横になると咳き込むので昨夜はマッサージチェアーで寝た。体もあちらこちらが痛いがいったん咳き込みだすとそちらの方がつらくなる。汗をかいたら白衣は代えるが下着までは代えていなかった。それがいけなかった。汗が引くときの気化熱で身体が熱を奪われて冷え切ったのかもしれない。
早速、今日から着替えの下着を持ってきた。そしてもう一度今さっき着替えたらあと残り一枚になってしまった。昼休みに着替えるとなると本当はもう一枚欲しいものだ。
幸い近所のスーパーに昼休みに買いに行けるのであと何枚か買ってこようと思う。でもどうしてこうも汗をかくのか、きっと水分の摂りすぎだと思う。
しかし医者には十分な水分を摂ってくださいと言われている。ランドリーバックには何枚もの着替えをした下着が入っている。帰って白衣を洗う時に一緒に下着も洗うのだが、家人からはわたしの洗濯機には入れないでと言われている。
そういえば去年、知らない間に下着と玄関マットを一緒に洗われたことがある。
今年はそんなことはないと思うが、相手は何しろ認知症の人。
自分の思い通りにならないと後が厄介だ。寝静まってから洗濯機を回さないといけない。でも幸いにこの時期は一晩で乾くから助かる。
又こんな毎日が続くかと思ったら気が少し滅入る。

ページの先頭へ

2016年05月24日

今日は少しお堅い話ですが・・・

まだ5月半ばだと言うのに30度を超える暑さだ。
エアコンが入らずには居られない気温だ。昨日、今日と熱中症の注意喚起が起こっているが、分っていても避けられない自然というものは情け無用に起こってくる。
熊本も好天に恵まれてどんどん気温が上がる予報だ。梅雨の雨も嫌だが気温が上がりすぎるのもいかがなものか。
さていよいよサミットなるものが開催されようとしている。
三重県の伊勢で行われるのに、ここ大阪でも駅のコインロッカーやゴミ箱などは封鎖されたり撤去されたり物々しい警戒がなされている。
各国の首脳が集まるのだから仕方がないと言えば仕方がないのだが、国民生活に支障が出るのは良くない。交通規制やら物流の面でもある程度は想定内らしいが一般の庶民にとってはサミットなんかなんぼのもんじゃである。
それによって世界経済が議論されてもお互い各国には各国に事情がある。
それをある程度一つにまとめるなんて、おこがましいにもほどがある。
いま世界経済はサミット国だけで動いているわけではない。中国やロシアを抜きにして語ることはできない。
先進何か国かなんかは知らないが、周りの国ともうまくやっていくには片方の利益に沿うようなことはまとまる話ではない。
国益をお互い重視しながらそこを上手に舵を取れるか、損して得取れではないが個人レベルの話でもまとまらないのに、一国の代表が即決できる話ではない。
為替や地球温暖化や自国だけではできなお多くの問題の糸口を今回の話し合いですこしでも前進してもらいたいものだ。
何も期待をしていないわけではない。期待しすぎないように至って控えめに話しているつもりだ。小さなことは個人レベルで解決できようが、国としての大筋はこんな機会に話し合いをしなければ決められない。ここはひとつお手並み拝見としようか。我が国の未来へ希望を持てるように。

ページの先頭へ

2016年05月23日

悪戦苦闘していま~す・・・

この土日は天気も良く絶好の行楽日和だった。
なのに土曜日の昼から後輩の入院の見舞いや家の片づけで時間を使ってしまった。
最近の病院は近代化されていて、会計待ちも無くスムーズに行われるのには驚いた。銀行のATMのように機械で医療費の精算が行われるのは当たり前だし、次回の予約もPCの画面で行うようになっていた。
我々のようなPCに疎い世代はなかなか着いていくのに苦労せざるを得ない。
今どきは小学生ですらすらすらとスマホを操る時代、未だに説明書を見ながらでないと操作できないのは恥ずかしいものだ。
見た目はスマホだが、実は簡単スマホとか言う高齢者向けのやつだ。
字も大きく、操作も簡単、そう思って購入したがいや簡単ではない。
操作手順を書いてある手引きすらいまだに理解できない個所もある。
誰に聞くか、女の子に聞きたいがそうもいかない。ショップに行くのも面倒だ。
手引書の裏に書いてあるフリーダイヤルにかけてもいつも呼び出し中で先客がいる。ということは同じように分らない、理解できないお客がいると言うことだ。
便利になると言うことは操作が難しくなると言うことだ。
後半分のページでいちおう書かれていることの大半が理解できないといけない。
しかし今のところ「初めに」から「操作の名前」に入ったところ。
一応電話のかけ方、取り方、メールの送り方、取り方は最低限どうにかこうにかやれるところまでこぎ着けたがそれ以上はまだ無理だ。
覚えることが多すぎて思うように先に進めない。悪戦苦闘中だ。

ページの先頭へ

2016年05月20日

必要は発明の母、不必要も発明の父なのかもしれない

朝からすでにエアコンが入っていて体調を崩している方が多いとか。
やはり急激な温度変化についていけなくなっているのではと思う。昨日も午前診と午後診で白衣は着替えるようにしているが、でないと汗がびっしょりで気持ちが悪いからだ。尚且つ、患者さんも汗臭い白衣で診療されたら嫌だろうしと思ってここに三年前から午前と午後で着替えるようにしている。
しかしこうなると毎日もって帰って洗濯をするのだが荷物が一つ増えることになる。
鞄とセカンドバックと洗濯用の白衣を入れた紙袋。洗濯は自分でするので問題はない。冬場は乾きにくいから替えのを一つ用意していたが、この時期は一日あれば、いや一晩あれば乾くから心配はない。
もうかれこれの年数になるが日々の日課だから苦にはならない。それよりしない方が気になって仕方がない。
それにひんやりクールのシートが欠かせない時期になってきた。昼飯を食べに出るだけでも帰ってきたら汗だくになる季節、しばらくは下着のまま診療が始まるまでいるが、この汗取り用に使うひんやりシートは一瞬で汗が引く優れもの。
誰が考えたかは知らないが、やはり汗かきな人が考えたに違いない。
不便な時こそ発明は思いつくものだ。
そういえば誰かが言っていた、発明や特許は不自由にしているが故に思い付きが産まれるとか。

ページの先頭へ

2016年05月19日

還暦の手習いか・・・

遂に終焉を迎えてしまった。考えてみたらもうかれこれ7年。
そうなんです、ガラケーからスマホになんです。
最近何回かに一回は聞こえない、聞き取れない状態が続いていましたが遂にやってきました、毎回同じ状態が。そこで思い切って買い替えをすることにしたんです。
何の不自由もなく快適に使っていたのが急に聞こえなくなり、話せなくなって近所のショップへ持って行くと、この機種は修理できませんの宣告。
発売からすでに7年以上経っていて生産も中止なら修理も出来ませんとのこと。
電話とメールと位しか使うことが無かったが中に入っているデーターは無駄には出来ないので新機種を買おうと思ったが話を聞いていてちょっと不安になって知った。それを見ていた相手のショップの子はすかさず「簡単スマホ」もありますと言ってくれた。内容が内容だけに電話とメールくらいしかしないと伝えていたのでそう言ってくれた。
ここは格好をつけるところではない。格好なんかつけても仕方がない。
何だかんだ言っても最新版のスマホなんか使いこなせないのは分っている。
だから簡単スマホのこれにしますと即決してしまった。
昨夜、説明書を読もうと思ったが何だかその気になれずに、診療所に来てから目を通し出したが頭に入ってこない。何せ何世代も遅れているので専門用語や単語が入ってこない。そこから勉強しないといけない。患者さんの合間に本を読んで分るくらいならもっと早く替えていたと思う。

ページの先頭へ

2016年05月18日

さぁ 困ったなぁ

遂にやってしまった。今の私の携帯はガラケーでスマホではありません。
電話が9割、メールが1割、写真もそのほかの機能も全く使い方が分りません。
発信をしても相手の声が聞こえません、相手には聞こえているみたいですが。
そこでショップに持って行ったところ、私の携帯はすでに修理不可能、期限が切れていて取扱いしていないと言われた。そろそろと言うか、マジで代えないと話にならなくなってしまった。
調べて貰ったらもうこの携帯に代えてから7年が経っていた。その間一度充電器を無償で代えてくれたことがあったが、そのほかにある機能を使うことも無く、今までに至っていた。何の不自由も感じなかったが電話が通じないのは痛い。メールで済ませれるかもしれないがそれすら面倒。
そこで思い切ってスマホに代える決心をした。一から覚えないといけないのは面倒だが仕方がない。いろいろ思案していたらショップの女の子がシニア向けの簡単スマホがありますよとのこと。いやはや遂にシニア向けの話かと思った。
別に意地を張っているわけではない、頑なに意固地になっているわけでも無い。
(この地点で意固地なんだが)一つの事やモノに拘りがあるからなかなか踏ん切りがつかない。車然り、携帯然り、これといったら押し通すのが悪い癖。
便利なのは分る、だけども何でもすぐに新しいものに乗り換えるのが性に合わないだけだ。私の場合は一世代や二世代ではない。いきなり次元が変わったようなもの。これからしばらくなコレと格闘しないといけないと思うと気が重くなる。しかしこれに代える条件は一つ。使いやすいのは勿論だが何より大事なのは
「字が大きく表示されること」だ。いちいち老眼鏡を出して見ないといけないのは困る、そう言ったらショップの子は大丈夫ですよと言ってくれた。
誰かと同じものならいちいち使用書を見なくても済むから今まではそうしていた。しかし何世代も遅れているから聞きようもない。
今の卓上のパソコンも新しく代えてやっと少しだが使えるようになった。
今度は携帯で頭を悩まさないといけないかと思うと頭が痛い。
でもやるっきゃない、60の手習いだと笑われるかもしれないがやってみよう。頭がまだボケないうちに。、

ページの先頭へ

2016年05月17日

ちょっと雑談にお付き合いください・・・

月曜日から金曜日までだいたい昼食に行く店が決まっている。
月、水、金はビルの前の定食屋、火、木は近所のピザ屋か蕎麦屋。
他にもお店はあるが曜日によって行く店が決まっていたら今日は何処どこだから何曜日というように日にちが分る。
その中の蕎麦屋でもカレー丼と日替わり定食に決まっている。
定食屋にも同じようにミックスフライ定食、炒め物定食、そしてラーメン定食とこれまた決まったものしか食べていない。変わり者とよく言われるがあまりというか滅多にそのほかのものは頼んだことが無い。ほかにも美味しいものはあるんだろうが、今私が食べているのが一番美味しいと思うからそのほかのものは食べたことが無い。食べてもいないのにほかが美味しいかどうか分るのかという御叱りもあろうが直感でそこは分るように思うからだ。
だから毎回同じものを食べていたら、食べているから分ることもある。
ラーメン定食を食べた時に麺が変わったのを人より早く指摘して親父さんを驚かせたこともあったし、カレー丼のカレーの味が少し変わった時も即座に親父さんに言ったら感心された。その日はたまたまいつものカレー粉が無くて少しだけ市販のカレー粉を混ぜたらしい。そんな事誰も分らないだろうとその親父さん思っていたら指摘されて答えようがなかったと後で聞いた時に言っていた。
毎回同じものを食べているが故に分ることだと思う。決して私の舌が敏感であるわけではない。
ちょっと前になるがラグビーのワールドカップの時の五郎丸選手のルーティーンの話になって、毎回同じことをすることで気持ちが落ち着くとか、緊張しなくなるとかでスポーツ選手はよくこのルーティーンをやっていると解説者が言っていた。同じことを繰り返すことでいつもと違うと思うことに気づかされることもある。ラーメンの時も麺の太さだったり硬さだったり歯ざわりだったり。
カレー丼の時にも口の中に残った風味だったり、舌に残った香辛料だったり。
まぁどうでもいいことかもしれないが、毎日食べていることがこんな些細な違いを察知できる自分の舌に驚かされる。 
最近、久しぶりにホテルの中華を食べた時、全く食べなれていない高級食材に驚いた私の舌は、早く食べなれている安物の食材を欲していたのを思い出す。
昨日食べたモノが今朝まで口の中に風味として残っていたのでこんな他愛もないことをここに書かせてしまった。

ページの先頭へ

2016年05月16日

忙しい季節になってきた・・・

この土日は晴天に見舞われて行楽地には多くの人が出かけていて、道は渋滞の状態が長く続いていた。
その途中にある大型の園芸店にも多くのお客さんが訪れていて、ここにも車の長い列が出来ていた。都会に住んでいる人にはあまり園芸店は訪れるチャンスも無いが、郊外の一軒家に住んでいる人には家庭園芸や庭の草花の購入に多くのも客さんがやってきていた。
この時期紫陽花や薔薇の花がきれいに咲いていて市内より安く、中には半額程度のものもあって大いに賑わっていた。
今我が家も紫陽花の鉢植えには大きな花があちこちに咲いているし、薔薇も大ぶりの花をつけている。つつじはそろそろ花弁が散りだしたが色とりどりの花で道行く人が見上げていてくれる。ガレージの上にある庭のつつじは花弁がガレージの側溝に落ちてくるので排水に支障が出るからいちいち掃除をしないといけない。
4月は桜の花が散った後と5月はつつじの花の散った後、梅雨明けには百日紅の木の伸びた枝と花を選定しないといけないし、槇の新芽の選定も。そう考えたら今までは植木屋さんにお願いしていたことを、その植木屋さんが高齢になってなかなか来てもらえず、代わりの人はまだ見つかっていない。
その上この時期は自分の盆栽の葉摘みや枝の調整にも時間を取られる。
一年中いろいろな花が咲くのは見ていても綺麗でよいが世話をするとなるとこれはまた別の話。
今まで家人が根気よくしていたことが今は出来ない状態だから、こちらが代わりにしないといけない。
まだこの上にペットを飼いたいと言ったら即座に拒否された理由も分るような気がしてきた。

ページの先頭へ

2016年05月13日

即実行するのは良いのだが・・・

先日、夜に歩くようになって今まで歩いたことのないような道を入っていった時の事、こんなところに歯科医院があったとか、こんなお店があったとか、いろいろな発見があって面白かった。その中でもある歯科医院の駐車場についてですが大手のパーキングメーカーがそこの医院の駐車場を管理していて昼間は患者さんが車で来院されていてそのまま停めておけるが、夜はどこもロープやチェーンを張っていて入れなくしてあるところが多い中、そこは一般の人にも開放して駐車料金はいるが駅前の立地が良い場所だから利用客が多いと踏んだのか、よく利用されていた。
確かに診療時間外は全くの空の駐車場だから考えてみればこんな利用方法があったのかと思ってしまった。
無駄を無くすと言うか、有効利用でお客さんも助かるし医院側もきっと儲かる仕組みになっているように思えた。5台分しかないがそれでも満車になればそこそこ儲かる仕組みになっていた。
この話を連れにしたところ早速真剣に考えだした。そこも医院をやっていて歯科ではないが、患者さんの分が何台分か確保していた。確かに駅前だし診療が終わればチェーンをして帰っていたが同じように有料のパーキングにすればその分いくらかの収入になるようだ。
余計なことを言ってしまったと若干の反省もあったが、きっと余計なことを言ってくれたとそこの嫁さんに叱られると覚悟をしていたが、同じ叱られるのでもなんでもっと早く言ってくれなかったのかと逆に叱られた。
なかなか良いアイデアだとそこの嫁さんの方が乗り気で、早速業者に頼んだとか。
これで儲かったらちょっとはアイデア料を寄こせと釘を刺したら、逆にもし儲からなかったらあんたのせいにするからと脅された。
さてさていったいどんな結果が待っているのか、楽しみが又一つ増えたようだ。

ページの先頭へ

2016年05月12日

天災は忘れたころにやってくる・・・

今朝はうって変わっての晴天、気温も26度越らしい。
当医院は当然、エアコンは入っているがいつもは昼からだが、今日は午前中から入ることだろう。
毎日のように熊本の被災地の様子がテレビで映し出されるが、昨日に気になる記事を見かけた。それは予想だの予言だのの部類だから信じるか信じないかはあなた次第。(どこかで聞いたフレーズ)
それには近々、まだ大地震がやってくると言うものだ。
この時期にそんな不確かな情報を流す方もどうかと思うが、過敏になっているこの時期だからこそ、より一層注意を払わねばならない。
でもある程度聞き流してもらって結構だが、頭の隅っこには置いておいてほしい。
(1)阿蘇山の火口の水たまりの水が蒸発して消えた。
(2)周辺地域の地下熱が上昇している。
(3)鳥や獣の数が減ったように思う。
(4)モグラやミミズが沢山地上に出てきて死んでいた。
等々、いかにも根拠のない事と言われてしまえばそれまでだがまだある。
深海魚が網にかかった、その中には有名な竜宮の使いやメガマウスなど。
阪神淡路の時も東日本の時もあとで分かったことだが偶然と言えばそれまでだが、二度あることは三度あるである。
注意にこしたことはない。なけれな無いでよいではないか。
あれこれ結果だけで判断するのはよしとはしない。
その日時まで言われるのはいかにも眉唾ものだが、それがどんどん近づいているらしい。喉元過ぎればなんとやらではないが、注意を払い準備を怠らないようにするのに越したことはない。
もう一度非常用袋の確認くらいやっておこうではありませんか。
日本はどこで地震が起こっても不思議ではない国、明日は我が身ともう一度点検確認をしておこうではありませんか。

ページの先頭へ

2016年05月11日

総合病医院なんだから 何とかならないものか・・・

雨の朝3日目です。まだ梅雨入りはしていませんがじっとりした感じは梅雨そのものです。
昨日、患者さんを総合病院に送ってその返信を持ってこられて受付に置いて帰られました。こちらは診療中で直接患者さんとは会っていなかったけれど後で受付の子がその返信用の封書を持ってきました。抜歯依頼をしていたのでその返信とばかり思っていました。
封を切って中身を見て驚きました。そこにはこう書いてありました。
患者さんの希望で抜歯はしたくない、その上こんな大きな病院での受診も希望していません。内容的にはこんな内容でした。
当医院の患者さんで尚且つ代診の先生の患者さん、パニック障害と情緒不安定を常に持っておられて当医院に最初来られた時にも慣れるまで十分時間を取ってから診療に入りました。
特別とまでは行かなくても、患者さん自ら診察室に入ってもらうのが何よりで、待合室で体調を整えてからチェアーに座るまで数分、それからしばらく待って落ち着いてからの診察になります。
しかしおそらく総合病院ではそんな配慮はしてくれていなかったと思います。
だからきっと流れ作業で名前を呼ばれてチェアーで即、始まったものと思われます。
問診の時からきっと緊張されていて真面な受け答えが出来ていなかったから、きっと向こうはこちらの方に差し戻したんだと思います。
こうなるとこの患者さんはいったい何処で治療をしてもらえばいいのか、心療内科の併設したもっと大きな病院で受診してもらうのか、患者さんのたらいまわしは如何なものかと思いました。
今のシステム上一般の歯科医院では限界があってそれ以上の高度な診療は大学病院や歯科、心療内科、麻酔科などが併設した総合病しか受け入れ先がありません。いつも思うのですが弱者にはつくづく受診しにくい医療体制だと痛感しました。

ページの先頭へ

2016年05月10日

それをやるのは 今でしょ・・・

昨日、今日と朝から雨が降っている。明日も同じような天気だそうだ。
まだ梅雨ではないが停滞前線が本州に沿ってかかっているからこのような天気になっていると予報では言っていた。
熊本にも100ミリ以上の雨が降るとか。避難している方々の健康状態も心配だ。
先日テレビで高齢者が避難の際に入れ歯を外して寝ていてそのまま、それこそ着の身着のままの状態で避難されていたので入れ歯が無くて食事が美味しくいただけないと言う話をしていた。
考えてみたら、我々も患者さんに「寝るときには外してください」とか、「洗浄剤を入れたコップに入れ歯を入れておいてください」とか言うことが多いが、こんな災害の時に一番困ることは入れ歯なしでは食事できない人がいると言うことだ。
そして歯磨きが出来ずにいて口腔状態が悪く特に老人の「誤飲性肺炎」を引き起こす事が知られている。
県の歯科医師会やボランティアの医療団体が各避難所に詰めてはいるが、そこに入れない人がいかに多いか。その人たちはカウントされていないから実際は何人が被災しているのかさえ分からない状態だ。
阪神淡路の時にも東日本の時にもいつもこうして取り残されるのはこういった弱者だ。いくら経済大国だとか、GDP世界第3位だとか言ってもなかなか思うようにはいかない。
我々の住むこの日本は地震や台風や自然災害は避けていてもやってくる。だから少しでも地域や社会が助け合っていかなければならない。
多くのボランティアが被災地に入っているがまだまだ足らないのが実情だ。
これから梅雨の季節に入れば水害も起こるだろうし一刻も早い復旧が望まれる、
一人一人が出来ることをやらねば二次、三次の災害は待ってはくれない。

ページの先頭へ

2016年05月09日

郷に入れば郷に従え・・・

いよいよGWも終わりお疲れ気味での仕事が始まっています。
これから6月まで祝日はありません。均等に毎月1回か2回くらいあっても連休なんかはかえって体が疲れます。
どこに行っても人、人、人。移動するにしても車の大渋滞。普段は1時間で行けるところにも倍の時間がかかります。高速道路の渋滞も毎度に事だし、サービスエリアに入るための渋滞か、そこのトイレに行くための渋滞か分りません。
近場の行楽地は言うに及ばず、最近は大型ショッピングセンターにも集客を狙ってのイベントがいろいろあります。
ただ困ったことが一つ、大阪市内も他府県ナンバーの車が多くやってくるのでその車は「大阪ルール」なるものを知りません。
このルールを知らないと事故を起こしかねません。それな交差点に進入するときは大阪では黄色は注意ではなくて「GO」で、赤色は「注意してGO」なんです。
他府県ナンバーは黄色は絶対に止まるし、点滅で止まろうとしています。
そんなことは後ろからの追突事故に繋がるから前方に他府県ナンバー車がいれば十分注意して走らないといけません。
右側の追い越し車線からだけでなく、注意しとかないと左からの車線からも追い越してくる車があります。こんな危なっかしい車ばかりではありません。
今回の連休中にあちらこちらで交通違反の取り締まりをしていましたが、大阪では対向車がそれを教えてくれます。交差点で警官が立っていたり、ネズミ取りをやっていたら対向車がそれを教えてくれることもあります。
何度も助かっています。だからこちらもそれに答えて対向車には教えるようになりました。お互い様です。
こんなところにもお互いの助け合いの精神が溢れた街、大阪の良い所があります。ただそれを知らない他府県ナンバーの車は残念ながら何台か捕まっているのを見たりしました。郷に入れば郷に従えですね。

ページの先頭へ

2016年05月06日

GW中の出来事

今年のGWほどゆっくりした日々を過ごしたことはなかった。
ただ後輩の一本の電話で一変した事があった他は。
朝一に電話があってこう言ってきた。
「おはようございます」
「どうしたんや こんなに早く」
「ちょっと聞きたいことがあって」
「何?」
「朝から手が痺れてなかなかとれないんです」
「どの位続いてるの?」
「起きてからずっとです」
「どの辺?」
「指先から掌にかけて」
「足は?」
「少し」
「どちら側?」
「右側です」
「・・・」
「どうしたんでしょうか」
「即、救急車呼べ」
「・・・」
こんな会話でした。結果、病院に行くのが早くて何とか助かりましたが、
診断の結果は脳梗塞でした。電話の話し方もいつもと違っていたし、呂律が回らないほどではなかったが、何かいつもと違う感じがしたので迷わず病院に送ることが出来て一命を取り留めることが出来ました。
まさかとは思いましたが、身近な人がこうして病気のサインを出してくれたから助かったとは思いますが、一刻を争う時には自分がもしなったらこういう処置がとれるかどうか。
若干のマヒは残るのを覚悟してくださいと言われたみたいですが、本人はどこ吹く風のごとく、連休中の入院でゆっくりしては早速仕事に向かいました。
今度何かあったら間違いなく命の保証はできませんと言われて、少しは心配しているふりをしていましたが、果たしてどうなのか。
実はそいつと連休明けに一泊で人間ドックに入る約束をしていたところでした。
お互い高血圧だし、ドロドロ血の持ち主だし、そろそろ体には気を付けようと言っていたまさにこの時期。
やはり何かが無ければ思い切って検査を受けるきっかけにはならないと言うことです。

ページの先頭へ