ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2019年10月17日

ありなのか・・・?

ネット社会なんであります。

ちょっと隙間時間に外仕事のお仕事をしようかなって、派遣会社に登録しました。
面談電話OKとあるじゃないですか。
派遣先が決まるまでは、ネットだけですべてが済んでしまうんですね。
驚きました。

どっかで、それでええんか?
とも思ったります。

また、あるところでは、ネットのスカイプ使って面談とかもあるみたいで。
いいんですね・・・

時代は進歩している。
今ではまだ珍しいテレワークなんかも、在宅OKの時代がやってくるんだな日本も。

20年ぐらい前にアメリカの老人福祉施設のような感じのところに見学に行った際に
在宅の栄養士さんがいらして、ファックスがきて注腸の依頼を受けるとおっしゃっていた。
そういう時代がきたら、日本の栄養士ももっとプロ意識が出て面白いだろうなって思っていたけど数十年過ぎても、在宅化ができているのは、保健指導業界だけ。

でも、もっと在宅ワークでできることなんかいくらでもある。
ただ、情報漏洩対策が問題なのかな。
でもね、でも、事務用品の発注だとか、見積書なんてのは在宅だって可能なわけで
事務部門はもっと在宅ワークに切り替えたっていいんじゃかなろうかって思います。
コールセンター業務だって在宅で十分可能だし。

もっともっと在宅が増えてもいいんじゃないかって思いますね。

ただ、その弊害は人とのつながりが薄くなるってことかな。

まぁもともと、栄養士は管理職として上にいくよう教育されているところもあるだろうから
個重視だろって私は思います。
他部署との連携ははからなくてはいけませんけれども、専門職の人ってつきつめたら他人と共存してうまくやっていくって、わりと努力しているんじゃないですかね。

いいじゃないの、在宅ワーカー増加っての。

ページの先頭へ

2019年10月13日

無事です

台風の風がすっごかった!
すごいの通り越して、こわかったです。

でも、過ぎてしまえば問題なし。
横浜の外れでは大きな問題もなく・・・あ・・・車見にいっていませんでした。
無事である事を祈って。

明日になると被害がわかってくるのでしょうか。。
いま以上に何もない事を祈ります。

ページの先頭へ

2019年10月11日

品性

言葉の選び方ひとつで、その人の品格がわかるような気がします。

みなりがそうでもないのに、はっする言葉がとても丸かったり、上品だったりすると
すごく安心といいましょうか、位が高いような。。。
素敵だなと思います。

『悪気はなかった』
という言葉、この言葉の裏には、気を抜いていたら本音が出ただけだと思うので
悪気はなかったが、本音です、と捉えた方がいいんだろうねって最近になって思います。
悪気はない分、罪深いといいましょうか、まさに無邪気=本音。
鋭利な刃物より威力があるように思います。

人を観察することはとても面白い。
私はとても人の目の表情を見ています。
だから、こわくて人の目が見られない。
がっかりされちゃうんじゃないか? と思うと目を見ることはできません。
こういうの、人見知りといいますか?

誰に対しても公平に接することができる人って素晴らしいなと思います。
私はそういう人になりたいなと思います。

ページの先頭へ

2019年10月09日

色にでにけり・・・

アマゾンの配達員さんが、どうみても800番台の方ではないかって思っちゃうんですよ。
殺気をまとっているんです。
角刈り、眉毛ほそい…というか、半分ないんじゃ?
今日見たら、左小指が先がね、先が行方不明みたいでした。
折り曲げていたのかな・・・(んなわけ、あるかい!)
ほそくて、身長も大きくないけど、まとっているオーラが800番台。
その方がいらっしゃると、私は自衛隊員のような対応をしてしまいますが…
今日は心理の本(分厚いやつ)を数冊買ったので重かったのです。
受け取った瞬間に、覚悟がなくて、おおお! と、私の上半身が腰砕けみたいになってしまったら、そっと手を添えて、いや、上半身を抱えられるようになってしまったんですが
「あらぁ、ごめんね、重いよね」って、あれ?
やだ、800番でしょ? 優しくしちゃダメ、私貧乏でお金とかないから・・・やめて、高額請求!! 
なんて頭によぎってしまいました。
本人は隠しているつもりでも、どうみたってあれ、かたぎじゃないオーラだから。
いや、でも、なかなか800番台の方とお話するなんてないから
今度、話かけてみようか?
いや、いや、高額請求こわいから、今までのように自衛隊員対応にしとこって思っている今です。

なーんて、800番台でなかったら、笑う。。
いや、でも、あれ、どうみても、そうよ。
オーラが殺気立ってるもん。

ページの先頭へ

2019年10月07日

SNS

SNSで知り合いが増えていく。
色々なグループに属せば、いろいろなつながりができる。
が、楽しみもあるものの、え!? というものも多い。
そのグループでは当たり前のことが、こちらからすれば異様であったりする。
なれない頃は、それでもそのグループに居続けたりして、よくわからない投稿に逆に新鮮味を覚え、楽しみの一つでもあった。
が、今はちょっと違う。
そういうグループは、そうそうに撤退、これに限るんであります。
必ずと言っていいほど、派閥争いのようなものがあり、うずにのみこまれていくのです。
抱えなくてもいいストレスを抱えることになるのであります。

SNSの方とはほどほどに距離を置き、ほどほどにと考えますと、おや? おかしいぞ?
と思ったら、そうそうに撤退、これに限るんであります。

だんだんと仮想現実化しつつある社会。
仮想であっても、ストレスを抱えるのは現実で、大切にしたいのはリアル。
となると、だんだんと君子危うきに近寄らず、なのですよね。

ページの先頭へ

2019年10月04日

大事に

仕事でミスをしてしまい、胃が痛くなりながら上司に報告。
「大丈夫ですよ、もっと大変なことかと思ってドキドキしました。
このくらいのことで良かったです」
と、上司。
ミスを見つけてしまった時にも、泣きそうだったが、今日のこの言葉にも涙が出そうだった。
こんな私も、大事にされてんなぁって、ありがたく、とても嬉しくなって
もう、ミスしないようにする!
と、思いました。
電話するまでドキドキ、電話終わったらホカホカ。
私も彼女のような上司になりたい…
彼女二十代だけどね、すごく尊敬できる子です。

ページの先頭へ

2019年10月04日

困ったこと

猫の調子が良くなったと思うと、また落ちる、そんな感じになっている。
今週末にはまた病院かな。
どこがどうって便秘、食が細くなっている。
どうしたものかなって考えていたら、ちび雄までもが熱発と
不調者ばかりになっております。
こういうのって、悪循環するものですよね。
ちび雄も、めまいに熱発……長い。
こういうのって、病院にいってもすっきりとはいかない。

私は仕事の合間に食事作り、あたふたと。
レミーも、なんだかだるそうだし。

2人とも早く治りますように

ページの先頭へ

2019年09月25日

眼球はうらぎらない

朝起きたら、眼球が流血していた。
結膜化出血というやつ、
一応、眼科に行きましたが、今回の事は問題がないようでした。
ただし、緑内障の検査を念のためにとうけるはめになり、ちょっと右目は怪しいらしいけども、一年に一度みていくということで、特に問題なし。

「見た目40代にみえるけども、眼球は正直に歳とるから」
と、眼科医に言われました。
これ、喜んでいいのか、嘆くべきか気持ちの落としどころがわからない。
まぁ、誉め言葉として頂きましょうかね。

50過ぎたら、一年に一回は眼科検診受けた方が良いらしいです。
人間ドック行く人は検査しているんだろうけれども、皆さんも一年に一度は眼科検診行った方がいいですよ。
緑内障は進行を抑えられますから。

ページの先頭へ

2019年09月24日

天国行ってね

駐車場に向かう道で、スズメさんが転がっておりました。
舗装道路の上に、亡骸でございます。
風に羽毛が乱され、しろい中綿部分の羽毛も見えかくれします。
台風の後ですからね、きっと全力で生き抜いたんだろうね、と考えますとうるっと。
しかし、アスファルトの上です。午後13時過ぎでございます。
まだまだ人々は行きかい、そのうち踏みつぶされてしまうやもしれず、私はどうしたものかと悩みました。
うちはマンションです、埋めてあげたいけど庭がありません。
が、このまま すずめさんを放置したら、一生気になって仕方ない。
ので、帰りに出そうと思っていた、牛乳パックをつかって、くさっぱらへ異動作戦です。
牛乳パックに乗せるのに、なかなか乗らなくてあたふたしましたが、ころっとのせてくさっぱらへ。
できるだけ、草の生い茂った根本へ、ころっと。
ほんとは埋めてあげたいけど、ごめんねって、なむなむ。

駐車場に向かう道なので、毎日なむなむやっています。
ちゃんと、天国行けたらいいな。行けるよね、きっと全力で生きていた子だもんね。

思うに、全力で生きないのって、人間位ですかね。

ページの先頭へ

2019年09月17日

偽善です

知人が「知り合いの子が不登校になった、親の問題だと思う」なんて話をしてくる。
なぜ、いじめられちゃったのか、その子に発達障害はないのか、気になりながらも、
ほうほうと話を聞いていた。
そのご両親が悪い、と知人は話始まる。
いやいや、それ、誰も悪くないですよ。
子どもに発達障害あれば、親は結構お手上げ状態があるから、とついに詳しく話を聞こうかって
聞き出したら、まったく欲しい情報が無かった。
でも、その人は
「今度、親と子にあって話してくる」
って?
悪いけども、あなたが言って何を話し、何を伝えてくると言うのか?
せめて、児相と相談するように、専門家と相談するように位しか、私は言えない
あと、親を責めるようなことはしないでねとだけ。

会ってきてからの報告が
「ダイヤも磨かなきゃ光らないよね、あれじゃもったいない」
って、一体何しに行ったわけ? そんなのわかってたことでは?

その後もやり取りは続いて、その子が不登校になり何かで受診した際に
「医師から知能の高い人と合わせてはどうか、お子さんは知能が高い、学校の子達とは合わない」
と言われたそうですって報告。

なんだそれ (-_-;)

で、色々とつきつめて聞いてみると
「私もそこまでわからない、他人の家の事だから詳しく知らない」
って、おいおい、それってさぁ・・・

私、ちび雄が発達障害グレーだっただけに、色々熱くなってしまう、から良い事も言えないが
毒は皿までくいつくしてあげて、途中で手を離すなら、関わらない方が良いと思う、と私。

結局そうだ、そういう人がやることは大抵そうだ。
最後まで関わってくれるのは、それを職業としている人だ。
いやいやであろうと、なんだろうと、付き合ってくれる。

なんかね、そういうのが、私はほんとにがっかりするんだ。
ちらーっとのぞいて、かきまわしてみて、よくわかんないって投げる人、それが一番嫌い。

ページの先頭へ