ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2006年10月11日

これは誰のお弁当?

たらこのおにぎり、鶏肉団子のケチャップ煮、茹キャベツ、ほんのり甘い卵焼き。
息子の大好きなメニューばかりのお弁当。
息子は四歳にして、冷凍食品、加工食品が苦手。
手抜きしようものなら、ブーイング。
ラップで握ったオニギリと、直に手で握ったオニギリ
の食べ分けが出来てしまう。面倒だ、ものすごく!
「今日はイイね」「今日の美味しくなかった」
など、母は毎日評価されるのだ! 

名より実取る息子である。
お弁当に「アンパンまんおにぎり」「ピカチュー卵焼」など
幼児らしい小細工をすると、止めてくれと絶叫する、大粒の涙をこぼして。
この弁当を見て、幼児ものとは誰も思うまい。
しかし、このタイプが息子には受けがいい。
一々面倒な息子だったりする。
ちなみに彼はA型。

ページの先頭へ

2006年10月11日

Mの人。

知人に「Mの人」がいる。
とてもいい人だ、MのPの話以外。
商品を勧めるわけではない。
ただ、私の職業を知りながら栄養についてMのセミナーで学んだことを切々と訴える。
毎回素晴しい教授が素晴しい講演をぶつらしい。

私は商品を否定しない。食品としてなら美味しい。
しかし、しかしだ……、傷に塗りこむ? やけどに塗りこむ? 白血病やガンに効く? 
アトピーに効く?アデノイドにも?
腹立たしい! 効くって法律触れますよ。
しかも、弱いものにつけ込む商法ではないか!
食品としたら美味しい、認める。
しかし、傷に塗るとか、ガンとか、アデノイドとか、効くわけ無いっつーの!
とは言いすぎか?
病は気からで効く人も居るのかな?

あくまでもMという会社が行うセミナーである。
大学教授はMから何らかの報酬を受け取り、講演を行うはずである。
MのPやら商品やらを売るという販売促進につながらない行為を一企業がやるとは思えない。(中にはそういう善良企業もあるでしょうが)

Mの人から、その話が出るたびにムカムカ、イライラしてしまう。私は笑っているはずだ、多分。
しかし、どうしようもなくイライラする!

ビタミンCは毎日500mgから2000mg摂れとか、今日も言ってました。
国立健康・栄養研究所HPのアドレス送りました。
80mg/dayで代謝されず排出とあります。
また、過剰症リスクは少ないものの、0ではありません。
腎臓疾患患者が多量に摂取すると腎臓結石になるんではなかったか?

Pって濃縮するんだから、製造工程でVCないでしょ? 
と突っ込んだら、ゴソゴソと出してきましたよ。VCのサプリ(みたいなの)。
除夜の鐘が鳴り響きます。
ゴーン、ゴーン、ゴーン…煩悩108つ。

信じるものは救われるのか!?
私は汚れきった、煩悩だらけの人間か?
Mの人の栄養話を否定したいです、どうしても。
しかし、それをすれば人間関係が壊れます。
できません。

まぁ、いい。
有資格者と話をするならともかく、Mの人と議論しても半宗教化しているので、話にならない。
「MはWHOと関係している」そうだ。HP観たって書いてない。私の見落とし?
仮に関係していたから何だ?
そんな企業いくらでもあるんじゃないのか?

Mで検索かけるとM信者が結構居る事実判明。
人柄は申し分ないのですが、栄養話を私にしないでくだされば、
何の問題もなく心許せますものを…。
惜しい、惜しいです。
基本は好きです、Mの人だけど。

ページの先頭へ