ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2006年10月20日

栄養士の抱える問題、今昔。

昨日、栄養士関係の掲示板を見ていたら、こんなことが書いてあった。

「老健の栄養士です。栄養ケアマネジメントを看護部に拒否されました。看護部長から、入所者の体重が1キロ増えることで、どれだけ看護婦の負担があると思うの? と言われて。給食委員会に議題にしますが、皆さんのところではいかがですか?」

私が勤務して5年目に、そっくり同じことを看護師長から言われたことがあった。勤務五年目というと、今から10年前(いやもっと前かな?)のことだ。
もっとも、当時は栄養ケアマネージメントなんつう制度もなく、入院時食事療養費ではなく基準給食と呼び、書類も手書きがほとんどだった頃の話だ。

意欲に燃えていた26歳位の私は、高齢者病棟の刻み食に見直しをかけた。結果、高齢者患者の体重が増加して自分的には、満足していた。
ところが、高齢者病棟の看護師からクレームが起きていると看護師長から言われてしまった。
上記のように体重が増える度にどれだけ看護師に負担がかかると思うか考えて欲しいと。
老健ではなく一般病院(399床のうち、199が高齢者入所だった)での話。

蒼い私は、そんなの変な話だと、その問題を給食委員会にかけてしまった。事務長、病院長が看護師長の発言に「医療従事者ににあるまじき発言!」として、激怒して栄養科の面目は保たれたが、看護師長は、その一年後に退職されてしまった。
そして、私は「事務長や病院長にひいきされている」と言われていたらしい。(あとあと聞いた話だけど)

今の私なら、もう少し師長さんと話あうべきだったなと反省できる。若い私は怒り、結局は人の権力でねじふせてしまった。看護師長に少しでも理解してもらって、それが無理なら給食委員会にともっていくべきだった。

看護師長の気持ちも理解はできる。
しかし、何が医療従事者にとって優先か。
医療従事者の中でも影の薄い栄養士、しかし、医療従事者の一員だ。栄養ケアも大事な任務であることを他部署の人間にも考えてもらい、そして協力をあおぐことは大切。

綺麗ごとだけで通じる世間は少ないけれど、人の命に関わることは、やはり優先であって欲しい。
この問題でも、高齢入院患者の栄養状態はしっかりと改善した方がいい。
じょく瘡は、栄養状態の改善で違いが出る。免疫力の向上にもなりえる。
そこを、まずは数人でもデーターを取って、それをまとめて看護師に見せることも、手段としてはあったはずだ。

それにしても、今も昔も抱えている現状は変わらないのかなと、寂しい気持ちも。

他部門との摩擦、栄養科内の問題。
栄養士は好きだけど、役職嫌い、不向きの私には、もう病院には戻りたくないと思っていたけど、なんだか今ならもう少しくらい、うまくやれるんじゃないか?と思わなくもない。もっとも、年寄りの冷や水になるから、絶対に就職はありえないと思うけど。
病院が一瞬だけ、懐かしく思えた。

ページの先頭へ