ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2007年01月26日

息苦しさ

仕事をしている時だけ、楽に呼吸できます。
子供のために新規依頼のあった仕事を一つ見送りました。
泊まり出張のある仕事なので、今はまだ無理のようです。
仕方ないと言い聞かせても、子供や諸々の些細な
出来事に神経をすり減らす日常生活を愛おしいと思えません。

「ママ、お泊りのお仕事したらダメかな?」
と子供に聞いたら
「ママはお仕事していると笑ってくれるし、優しいからお仕事していいよ。
寂しくても我慢するよ」
って、への字口で涙ながらに言われてもねぇ。
何よりも仕事を愛していながら、それに全力投球できないことが辛いです。
しかし、それを感じ取っている息子を思うと、もっと辛い。
ですから、自分を殺して我慢、忍耐です。
母は辛いもの、男性に生まれたかったです。

あと何年待てばいいのかな。
その頃の私、もう体がヨボヨボになっていそうな気がする。
焦りと、身動きとれない状況と。

それでも、請けられる仕事があるだけ良しとすべきなのかな。
贅沢すぎるのかな。

ちっちぇー世界で、チマチマと…。
まったく息苦しいったらっもうっ!
豪快に生きたい、強くなりたいものです。

少林寺の方は、初級と言われる型をやっと
教えて頂きました。
あとは、体に浸透させることが課題。
楽しい、楽しいけれど体力がどこまで持つか…

ページの先頭へ