ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2007年10月10日

哀れ大明神!

『ママ、お願いです。起きてくださいっー!』
と、神のお告げで朝五時起床。
いかがいたした?
『チンチンが、痛いーーーっ! 歩けない!!』
見せてごらんよ。
ほーっ! 通常の倍くらいに赤く腫れたチンチン。
こりゃー気の毒です。
汚い手で触ってバイキンが増えちゃったんだね。
子供の手ってとても汚い。
ミミズ、その他の虫、花、犬、何でも触ってみたいのさ〜

『ママ、治してください』
「ママは治せません」→母、きっぱり!!
いつもの小児科受診を大明神様、頑なに拒否。

母は知っておりますぞ!
キミはそこの女医が大好きだよね〜
チンチン腫れましたなんて言いたくないよね〜
気の毒だから、近所の小児科へ連行。

クラビット目薬を頂く。
『軟膏よりも患部に浸透しますので、こう上に向けて2−3滴たらしてください』
男性の医師でしたが、ご丁寧に実習つきのご指導でした。
大明神、恥ずかしくて おパンツ上げたら母の後ろに隠れてました。
ちょいと母も恥ずかしい。

今晩から1日2回、チンチンに目薬です。

ページの先頭へ