ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2007年10月28日

私はバカです。

あえて書くまでもありませんが、私はバカで低脳です。
だから、たくさん勉強しなくては! と思っております。

今日、ちょいと悲しい目にあいました。
栄養士会の研修でグループに分かれ症例検討するはめになりました。
グループには若手(私も若手の内に入れて)3人、お姉さま方3人。
若手3人発言権無し。
40代後半という対象者にEメールでの支援はどうか、と私が言えば
『40代後半でメールなんてしないわよ!』
……。
そうかな、40代後半でしないかな?? 私の周囲は皆するけど。
何か言うと否定されるので若手3人無言。
でも心で疑問??? 

こういう研修って、腕自慢じゃないように思います。
もっと若手の話も受け入れて欲しいな〜

んでもって、制度の概要は重要ですが、もっと大事な行動変容に向けての手技や手法を研修して欲しい。今は、何をどこで学んだらいいのかはわからないと栄養士会の方に言ってみたら
『それは自分で勉強してください。栄養士会では無理です!』きっぱり! 切捨てられました。

そうなんですか。
確かに行動変容へ向ける手法の研修って技を教えてってなもんです。
でも、新たに始まる制度に向けての研修ならば、手技のところを研鑽する研修会があってもいいのでは?

って、こんなこと言う私がバカなんです。
バカなりに自分で勉強するようにします。
でもね〜、バカって一番素人に近いんですよ。
もしかしたら、私のようなバカが勉強することで、
一般の方の健康を予防できるかもしれません。
優秀な方は、中々低いところには降りてこられませんでしょ。

どうも世の中のニーズと世を動かす優秀な方々との間には
ギャップがあるのではないかと思うのでした。

いえいえ、バカの1人ごとです。

今日は、おバカと言われ続けたような心地の1日でした。
トホホ

ページの先頭へ