ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2008年02月27日

連れが・・・

先週から今週にかけて、ひどく精神的に疲れています。
と、いいますのも、連れがリストラか!?
という事態にさらされました。
その後、連れの様子がおかしいので……
精神科受診→鬱のため一ヶ月の休養の診断書→リストラでなく病欠に
という運びでした。

精神科に私は同行しませんでした。
夫に対して、微塵の愛情も残っていないことを改めて思い知りました。

夫から会社と話をして一ヶ月病欠受理という報告を受け、
「よかったわね〜、クビにならなくて」と笑い飛ばしてしまいました。
「まぁ、一ヶ月ゆっくり忘れて休んでください。でも二ヶ月は勘弁してください。
容赦なく出て行きます」
と、これまた高笑いしてしまいました。
なぜ笑うのか、夫には不明で疑問だったようです。
実は私も何故笑い飛ばしたのか、わかりません。
でも、辛いときほど笑っていたいと思うのは子供が居るからかもしれません。
夫を傷つけたかもしれませんが、ガハハと笑えた自分を私は褒めてやりたい。

さて…
これからのひと月、とても長いです。
率直に申し上げて何の役にも立たない男手があっても邪魔なだけです。
でも、言えません。
とてもストレスが溜まります。
ここにこうして書くことが、私のストレスのハケグチになったらいいなと書いています。

夫の鬱は、自殺願望がないことが まだ救いです。
しかし物忘れがひどく、時間の感覚も鈍く、反応も鈍い。
相対してしまうと、ひどく疲れるので静観中です。

鬱は伝染します。(医学上の根拠はまったくありません。)
行き場の無い怒りとか、色々な負の気持ちがチリ、埃となって少しづつ溜まっていきます。
私も鬱々としてきます。

まったく、困ったものです。
夫のご両親からも電話でチクリチクリと私が悪いようなことを言われ、私も辛くなっています。

私は仕事して、家事、育児しています。
夫の世話まで手が回るかい!
まったく離婚届たたきつけてやるぜ! 
いやいや、回復して養育費、慰謝料が取れるようになってからだ、待て待て……
と葛藤が起きている夜です。

ページの先頭へ

2008年02月27日

なぜだろう?

約一月前くらいでしょうか?
精神科のダイエットプログラムというものに興味をもち、
管理栄養士として体験させて頂けないかと申し出たら体よく断られました。
大御所製薬会社のだしているダイエットプログラムのビデオに基づき行っているとか。

精神科からのダイエットアプローチって、とても成果が出そうな気がします。
だから、体験したかった…
やっぱり、管理栄養士としてと明かしたのがまずかったのでしょうか?

イヤと言われるとますます興味がわいてしまいます。
どんな風にしているのかな〜

どなたかご存知ないでしょか?
精神面だけをフォローしていくのでしょうか?
知りたいな〜

まだまだ知らないこと、たくさん、たくさん、ありますね。
もっともっと勉強しなきゃ。

今日は、個人事業主の勉強会があり参加してみました。
税金とかも、無知だったな〜
やはり、勉強、勉強。

ページの先頭へ