ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年02月18日

ショックなニュース

今朝、たまたま観ていたニュース番組にて
〜病院内で老人が窒息死→原因は給食で出た食べ物、看護師は老人なので老人食としてお粥を出すように指示しており、管理栄養士がこれを間違えた、警察は業務上過失致死を〜というニュース。

このニュース、普通の方はどう捉えるんだろう?
私は、ものすごく不思議なニュースというか、管理栄養士がニュースに、と驚いています。
というのも、組織上栄養部の上には必ず院長があるはずです。施設責任者が問われる問題では? 
そして、そして、看護師がオーダーしたものを管理栄養士が間違った、正確には現場(調理担当者)が間違い、それを管理栄養士が防ぎきれなかった、ということなんでしょうけれど…
同業者をかばうわけではないのですが、食事を喉に詰まらせた時点で看護師も医師もいるわけですよね。
いくらでも死亡を食い止められたんではないかな〜とものすごく他人事に無責任に書いてしまいます。

医師、看護師、管理栄養士、とどこかで間違いが防げていれば…病院で窒息死なんてことは…

私も病院時代は、ミスをやってしまったことがあります。でも、看護師さんがミスに気が付き助けてくれました。看護師長に厳重注意を受けたりしたこともありましたが、やはり病院でのミスは許されないぞと思ったものです。

現場は委託に任せることが多くなって、しっかり管理ができる栄養士さん、がんばってくださいね。
NSTもケアマネジメントも大事ですが、食事提供も。

と、ものすごく無責任に言っています。
実際の現場って、もっと泥臭くていろいろ大変ですよね。でも、負けるな、現場栄養士!

ページの先頭へ