ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年03月04日

子どもの喧嘩にどこまで親は介入すべき?

ある子どもの家に息子が遊びに行く約束をしていました。
ところが、遊びに行くという立場の息子が「おまえはくるな!」と数人のお友達に言い放ち、お友達の家に遊びに行けなかったというお友達が数人いたらしいのです。
「うちの子は他のお友達と遊ぶのも楽しみにしていたので…。息子さんは普段から言葉使いが荒くて、他にもたくさん嫌な思いをしている子供がいるようですよ。親の前ではかなり態度が違うみたいで、うちの子なんか、息子さんに何かされてもお母さんに言ったら殺すと言われてびっくりしています」
とお知らせ頂いて驚きました。
いえ、うちの息子がすべて悪いのです。
ですが、それってさ、親が入ると余計にややこしくなるのでは?
それに、誰しも親の前と子ども同士の顔って違うのでは?
7歳です。殺すという言葉の意味もわからず簡単に使ってしまいます。それはもちろん注意しますし、悪いことです。
が…基本、子供ってやったりやられたりではないの?
親に嘘もつくものでは?
私は親になんて、嘘ばっかり言っていたな。怒られるし。
怪我させた、かなりの心のダメージを受けたという場合は別として、基本は子供の世界に介入したくない私。
だって、子供なんて今日「遊ばない」と言っていても明日は「遊んだ、楽しかった」と言っていることが多いじゃない。

子どもの自力で解決できないことだけ、親が介入すればいいんじゃないの?

なんかへーんな感じ。
そういえば、みんな女みたいなよわっちいこばっかじゃん。母親と子供が密着しすぎているように感じるな。そういうの、子供がちっとも育たないのでは?

と、思いつつも、すいませんと頭を下げてしまう私。
子どもにとっては、「俺ばっかり悪いわけじゃないのに」と不満もあるらしい。

で、今回のお友達の件では、お友達はけろりと翌日には息子と、また遊ぶといっていたらしい。
ごめんね、心配させてなんてそのお母様は言ってくださったが、そのお母様はかつて先生だったというから、驚くわ。

大丈夫か、日本。

と、言っている私が感覚ずれているのかな?
ずれていてもかまわない。
やはり、変な子育てだと思う。

私は田舎でのんびり、子供を遊ばせて子育てしたいよ。
学校から帰ったらカバン放り投げて公園に行き真っ暗になるまで遊んでいるような、そんな子供にしたいのに公園は1人で行かせないように通達が出ている。

大丈夫か、いいのか、こんな社会で!?

ページの先頭へ