ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年03月05日

先生って・・・?

子供の話の続き。

子供が学校で数人のお友達と鬼ごっこをしていて、ある特定のお友達2名に対して「入れない!」と言ってしまったらしい。かなり激しい口調で。
先生曰く「二回注意したので、私は見ていようと思います」
ということで、私は早速子供に確認してみたら、入れなかったお友達には、「ちび茶色い」といじめられたり、わざと鬼になって、自分ばかり鬼にするから嫌だと感じていた、だから入れなかった。私がちょっと、鬼にばかりされるのは、あなたの気の性ということはない?と聞いたら、「そういう風に言うから嫌なんだ」「どうせ僕が悪いっていうんでしょう」いうことだった。
なぜ、こんなにも卑屈な子に?
私の育て方が悪かったな・・・
と反省しつつも、なぜその気持ちを先生に言わなかったのかと話したら「先生もわかってくれない」ということだった。

あまり口を出したくないが、理由もなく、そういう行動をしたわけではないようだ、行動は悪かったが、どうせ自分が悪いと思ってかなり卑屈になっている、そういう気持ちも親としてはわからなくもない、とお話したところ、先生は…
「大勢の他のお友達もいて、そこで特定の子供に対してだけ、遊ばないということだと私はやはり注意してしまうと思います!」とお話くださった。
先生の行動そのものでなくて、やる原因もなく、やったわけではなく、そこに到達する理由があるようだと言ったつもりだったけど、若い先生だけにカチンときたか?

でもね、親としてはかなり卑屈になって自分が悪いと思っていることって、絶対ことの本質をわかってないじゃん、て思ってしまうんだよね。
怒られたことしか、残ってないでしょ。

原因も少しはくみ取ってくださった上で行動が悪いことを諭してくれたらな〜というのは、今どきの公務員教師にお願いするのは無理な話か。

私も、少し子供のことに首をつっこみすぎたな。

そういえば、成績表が近いよね。
今回のことが影響しないといいけれど…と、先生をまったく信頼していない自分がいます。

そもそも、昨日の夕方、明日は休むって学校に連絡していて、相手も「わかりました、○○先生に伝えます」って言ったのに、今朝になって担任教師からまだ投稿されてませんが、どうしましたか? なんて電話を頂いたりして。(しかも九時過ぎ)

悪いけど、学校の先生って、全然話ができないじゃん!
ぜんぜん、ダメじゃん。
来年は、ましな先生につけるのかな…
やはり私立がいいということ?

ダメじゃん、横浜。

ページの先頭へ