ほっと一息

フリー管理栄養士の毎日を綴ります。

2009年03月29日

おもちゃ

子供の病院がらみの外出で帰宅時に寄ってしまったといざら〜す。
色々な玩具があるあるあるざら〜す!
かわねーぞ! と子供に言い聞かせていたにも関わらず、ボードゲームと地図のパズルとスポーツチャンバラを購入し5000円の出費。
私ってば…

ボードゲームっていうのかな?
何ていっていいのかわからないけど、ミニミニビリヤードやサッカーゲームなんかができるゲームで、全部で10種類の遊びができます。どれも面白くて子供と遊んでいます。990円はお買い得だったな、重かったけど。

ずっとDSばかりだった子供にもとても刺激的らしい。
が、しかし、相手をしなくてはいけないのがね。
時間があればいいけれど、仕事の片手間にという感じなんで時間のやりくりが辛い春休みでした。

しかしな〜
日本の玩具ってば、どっか教育じみているんだな。
そこいくとアメリカ産のものは、本気で遊ぶ感じで楽しませてくれる。それに子供も大人もがちっとはまる。
教育玩具って、大人はつい買うけど、子供が本気で熱中するようなことは少ない我が家。
でも、大人が金を出すから大人目線で教育玩具が売れるのでしょうね。よくよく考えるとさ、自分が子供でもいやだね、遊びながら勉強なんてさ。大人のもくろみにはめられるのは。
セコイな、教育玩具。
でも、親としては、特に不出来な子供の親としては同じ買うなら勉強に役立つモノをと欲張ってしまうのだ。
糖質オフビールを買うメタボ人の心理も似ているかな?
アルコールを摂取することには変わりない有害物質なのに無駄なあがきをするような?

遊びと勉強は切り離して考えよう。
メリハリをつけることの方が、子供には有益かも。
と、玩具を考え視点は広がった母です。

ページの先頭へ